酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6839 アルベール・シャルル・デュ・ブスケ墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)

アルベール・シャルル・デュ・ブスケ(Albert Charles Du Bousquet、1837年3月25日 - 1882年6月18日)は、フランスの軍人、後に明治政府のお雇い外国人。


経歴
1837年3月25日、ベルギーに生まれる。1855年フランスに戻りサンシール士官学校に入学、卒業後少尉に任官された。アロー戦争に従軍、1860年英仏連合軍の北京占領にも参加した。第31歩兵連隊の歩兵中尉だった1866年、十四代将軍徳川家茂の要請でナポレオン三世が派遣した、シャルル・シャノワーヌ大尉を隊長とする第一次遣日フランス軍事顧問団に選ばれた[1]。ジュール・ブリュネとは異なり、箱館戦争には参加しなかった。


幕府崩壊により軍事顧問団は解雇されたが、デュ・ブスケは帰国せず、フランス公使館の通訳として日本に残った。1870年(明治3年)兵部省兵式顧問に採用され御雇い外国人となった。1870年(明治3年)2月、大蔵少輔 伊藤博文、大蔵官僚 渋沢栄一から製糸業の専門家を紹介するように富岡製糸場の機械購入・技師招聘の相談を受け製糸技師ポール・ブリューナを推薦した。ブリュナはリヨンの絹業会で仕事をした後、横浜で日本から輸入する絹を検品する検査官の職にあった。1871年(明治4年)には翻訳官として元老院の前身である左院に雇用された[2]。以後元老院の国憲按起草の資料などを含め、100以上の法律、軍事などのフランス資料を翻訳したほか、条約改正交渉に関して助言・建議した。当時の資料ではジブスケと呼ばれている。


1876年(明治9年)日本女性田中はなと結婚、6子をもうけた。日本政府との契約が満期完了した後も、フランス領事として日本に留まり、1882年6月18日に東京で死亡した。墓地は青山霊園、墓碑には「治部輔」と刻まれている。デュ・ブスケの棺には4人が付き添ったが、そのうちの一人はアーネスト・サトウであった。


脚注
1. デュ・ブスケは歩兵教育を担当した。幕府陸軍では、軍服のズボンを彼の名前をとって、「ジブスケ袴」と呼んだ。
2. この時の月給は600円であったが、これは右大臣の岩倉具視と同額である。


参考文献
・朝日日本歴史人物事典
・萩原延壽著『遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈14〉離日』(朝日新聞社、2001年)。ISBN 978-4022573261
・梅渓昇著『明治前期政治史の研究』(未来社、1963年)。ASIN B000JAJ7WI
・梅渓昇著『お雇い外国人 明治日本の脇役たち』(日経新書、1965年)。ISBN 978-4061598072(講談社、2007年再版)
・梅渓昇著『お雇い外国人〈11〉政治・法制』(鹿島出版会、1971年)。ASIN B000J9HGSG
・梅渓昇著『お雇い外国人の研究 上・下巻』(青史出版、2010年)。ISBN 978-4921145408、ISBN 978-4921145422
・篠原宏著『陸軍創設史―フランス軍事顧問団の影』(リブロポート出版、1983年)。ISBN 978-4845701018


外部リンク
・歴史散歩 - ひ孫にあたる方のページ
・西洋万国陸軍建置ノ原則及仏国陸軍建置並編成 / 仏・ジブスケ - 早稲田大学図書館所蔵大隈重信関係資料。原文のPDFイメージあり。
(wikiより)