酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6771 浜田青陵墓(京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30・法然院)

濱田 耕作(はまだ こうさく、もしくは浜田 青陵(はまだ せいりょう)、1881年2月22日 - 1938年7月25日)は、日本の考古学者。京都大学名誉教授(京都帝国大学総長)。


「青陵」は号。「日本近代考古学の父」と呼ばれる。息子の浜田敦は京大教授・日本語学者。


略歴
岸和田藩の上級藩士である濱田家の長男として大阪府岸和田市に生まれた。大阪府立北野中学校(現大阪府立北野高等学校)に入学するが、放校処分となり、その後東京府に渡り旧制早稲田中学校(現早稲田中・高等学校)に転校する。さらに、第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)を経て東京帝国大学で美術史を専攻し、卒業後、ヨーロッパに留学して考古学の研究を続ける。帰国後は京都帝国大学考古学研究室の初代教授に就任。『通論考古学』で「考古学は過去人類の物質的遺物(に拠り人類の過去)を研究する学」と定義した。この書物は考古学の教科書として長く親しまれ、日本考古学の水準を高め、普及にも役立った。


梅原末治、末永雅雄、小林行雄らを見出し、考古学における京都学派を形成する。従来の日本の考古学の手法にヨーロッパの考古学研究方法を取り入れ、更には中国及び朝鮮半島を含むアジアの遺跡を調査するなどして、日本の考古学研究の発展に多大なる貢献を果たした。


1937年には京都帝国大学の総長に就任した。1938年春以降、病気になり、京都帝国大学病院に入院中、たまたま清野事件(清野謙次医学部教授が古寺から古文書などを盗んで逮捕・起訴され、京大を免職となった事件)が起こった。責任を感じた青陵は7月上旬に辞意を表明、重態の身であるにもかかわらずただちに退院して官邸に帰ったが、萎縮腎から尿毒症を併発し死亡した。京大では総長在任中の死を悼み初めての大学葬を営んだ。


死後は京都市左京区の法然院墓地に埋葬されている。また彼の名をとって、優秀な考古学・歴史・美術などの研究に功績を残した人物に授与される浜田青陵賞が、1988年に岸和田市と朝日新聞社の共催により設けられた。


年譜
・1881年2月22日、大阪府岸和田市に生まれる。
・1894年、大阪府立第一尋常中学校に入学。
・1898年、退校処分を受けて早稲田中学に編入。
・1899年、第三高等学校に入学。
・1902年、東京帝国大学文科大学史学科に入学。
・1905年、大学を卒業後、大学院に進む。美術雑誌「国華」の編集に携わる。
・1909年、野村琴寿と結婚。京都帝国大学文科大学講師に就任。
・1913年、京都帝国大学文科大学助教授に就任。ヨーロッパに留学。
・1916年、京都帝国大学文科大学、考古学講座の担任となる。
・1917年、京都帝国大学文科大学教授に就任。
・1925年、島村孝三郎、原田淑人その他とともに東亜考古学を創立。
・1931年、帝国学士院会員に推挙される。
・1937年、京都帝国大学総長に就任。
・1938年7月25日、逝去。墓所は京都鹿谷法然院。


代表的な著作
・考古学通論(1916年)W・M・F・ピートリー(1853~1942)の『考古学の方法と目的』(Methods and aims in archaeology 1904)を参考として自らの創意を加えて著した。
・希臘紀行(1918年)
・南欧游記(1919年)
・通論考古学(1922年)NDLJP:964457のち雄山閣から復刻
・百済観音(1926年)平凡社東洋文庫で新版
・橋と塔(1926年)
・ミハエリス氏美術考古学発見史(翻訳、1927年)雄山閣で復刻
・博物館(1929年)
・考古游記(1929年)NDLJP:1918629
・東亜文明の黎明(1930年)NDLJP:1918596
・天正遣欧使節記(1931年)
・慶州の金冠塚(1932年)
・新羅古瓦の研究(共著、1934年)
・考古学研究(1938年)
・日本美術史研究(1940年)
・考古学入門(「博物館」改題、1941年)
・東洋美術史研究(1942年)
・東亜考古学研究(1943年)
・青陵随筆(1947年)
・濱田耕作著作集(全7巻、同朋舎出版、1987年〜1993年)


評伝
・藤岡謙二郎 『浜田青陵とその時代』 (学生社、1979年)


回想
・『東方学回想 Ⅳ 先学を語る〈2〉』(刀水書房、2000年)、関係者の座談会での回想を収録。


関連項目
・営城子壁画墓
・古代ギリシア・ローマ美術
・紅山文化
・小牧實繁
・西方古典文化
・浜田耕作先生著作集刊行委員会
・法然院
・アドルフ ミハエリス
・ローマ考古学


外部リンク
・作家別作品リスト:浜田 青陵(青空文庫)
(wikiより)


 浜田青陵