酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6469 井伊直幸墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)

井伊 直幸(いい なおひで)は、江戸時代中期の大名。近江彦根藩第12代藩主。江戸幕府の大老。諱は初め直英(なおひで)、後に直幸。


経歴
享保14年(1729年)7月21日、井伊直惟の次男として生まれる。彦根藩第8代藩主であった父・直惟が亡くなった時は、まだ5歳と幼少であったため、家督は叔父の直定に譲られた。直定に嫡子ができず、直幸の兄・直禔がその養子となったが、宝暦4年(1754年)に直禔が急逝し、幕命により直定が再び藩主となった。


直定は病気療養のため隠居を望んでおり、藩主の地位に未練はなく、就任早々他家から養子を取ることを模索しはじめた。直英はこれに焦り、取り乱したが、なすすべもなく家臣に諌められて神妙に待つしかなかった。幕府は井伊家の血筋を重視して他家からの養子を許さなかったため、直英は直定の養子となり、宝暦5年(1755年)に直定の再隠居に伴い、晴れて藩主となった。


宝暦9年(1759年)12月12日、将軍徳川家重の右大臣転任にともない、陸奥会津藩主・松平容頌とともに朝廷への使者を命じられる。なお、この人選は幕閣に工作し、松平朝矩への内定を覆して実現したものであった。しかし宝暦10年(1760年)2月、養父・直定の病気を理由に使者を辞退、松平頼恭と交代する。同年4月25日、朝廷への使者の務めを終えた松平容頌は左少将に任官、直幸は官職で序列を追い越されて、焦りを抱くようになる。同年9月6日、徳川家治の将軍宣下にともない、朝廷への使者を命じられる。その結果、同年12月6日、左少将に任官し、松平容頌と同格となる。同年、直英から直幸に改名した。


さらに、直幸は官位の上昇を目論む。宝暦13年(1763年)9月6日、徳川家基の山王社へのお宮参りに際し、井伊邸でもてなし、翌日、従四位上に昇進する。明和2年(1765年)、徳川家康の150回忌に際し、日光東照宮へ将軍の名代として参詣する。その際、幕府へ官位の昇進を願うものの、却下される。ただし、同年10月15日、翌年の家基の元服に際しての加冠役を命じられて、左中将に任官する。なお、同日、松平容頌は理髪役を命じられて、同じく左中将に任官している。


安永7年(1778年)2月23日、50歳に達したことやそれまでの功績を考慮されて、正四位上に昇進する。天明4年(1784年)11月28日には大老に任命された。大老在任中は実子の直富が藩政を執っていた。天明の大飢饉においても直幸の計らいで、領内各所に施粥場が設けられて藩の蔵から米が配られ、彦根藩では一人の餓死者も出さなかったといわれている。


幕政では田沼意次と共に執政していたが、田沼に賄賂を積んで大老の座を手に入れたという噂もあった。天明6年(1786年)に将軍・家治が死去すると、若年寄で同族の井伊直朗や大奥と共謀して次の権力の座を狙ったが政争に敗れ、天明7年(1787年)に大老職を辞する。


文芸にも造詣が深く、絵画や書を残している。


寛政元年(1789年)2月26日に死去した。享年61。世田谷の豪徳寺に葬られた。跡を六男の直中が継いだ。


官位
・1754年(宝暦4年):従四位下侍従玄蕃頭
・1755年(宝暦5年):掃部頭
・1760年(宝暦10年):少将
・1763年(宝暦13年):従四位上
・1765年(明和2年):中将
・1778年(安永7年):正四位上
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7428.html

6466 井伊直禔継室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7429.html
6467 井伊直禔墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7430.html
6468 井伊直幸正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7432.html
6470 井伊直孝長女亀姫墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7433.html

6471 井伊直孝墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7434.html
6472 井伊直幸世子直富墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7435.html

6473 六代目・井伊直恒墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7436.html
6476 八代目・直定世子直賢墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7437.html
6477 井伊直惟正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7438.html
6478 井伊直通正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7439.html
6479 井伊直亮正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7440.html
6480 井伊直中正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7443.html

6481 井伊直憲継室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7444.html
6482 井伊直憲正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7445.html

6483 井伊直憲墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7442.html
6484 井伊直弼正室墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7441.html

6485 井伊直弼墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7450.html
6487 井伊直孝四男直時墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7451.html

6488 井伊直亮世子直元墓(世田谷区豪徳寺2-24-7・豪徳寺)