酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6414 ウェストン碑(上高地)

● ウェストン碑
英人牧師ウォルター・ウェストンは、明治 21年 ( 1888年 ) から同 28年 ( 95年 ) までの日本滞在中に槍ヶ岳や穂高の山々を数多く歩き、我が国に近代的な登山意識をもたらし、日本山岳会結成のきっかけを作りました。


また、その間の紀行文「日本アルプスの登山と探検 ( 明治 29年 )」により、中部山岳を世界に紹介するなど、その業績は高く評価されています。


ここにあるレリーフは、日本山岳会が昭和 12年にウェストンの喜寿 ( 77才 ) を祝って作ったもので、昭和 40年にかけなおされています。
(案内板より)


● ウォルター・ウェストン
ウォルター・ウェストン(Walter Weston, 1861年12月25日-1940年3月27日)は、イギリス人宣教師であり、日本に3度長期滞在した。日本各地の山に登り『日本アルプスの登山と探検』などを著し、日本アルプスなどの山及び当時の日本の風習を世界中に紹介した登山家でもあり、訪日の前後にはマッターホルンなどのアルプス山脈の山に登頂していた。


来歴
・1861年(万延元年)12月25日 - イギリスのダービー市に生まれる。父親の名はジョン・ウェストン。母親の名はエンマ・バットランドであり、その六男。


・1876年(明治9年) - 1880年(明治13年)まで、ダービー・スクールで教育を受け、ケンブリッジ大学クレア・カレッジで学ぶ。


・1883年(明治16年) - BA(en:Bachelor of Arts)を取得。


・1885年 - 聖公会の執事に按手される[1]。


・1886年 - 聖公会の司祭に按手される[1]。


・1887年(明治20年) - MA(Master of Arts)を取得。ケンブリッジ大学のリドレー・ホール神学校で、イングランド国教会の聖職について学んだ。


・1888年(明治21年) - 1894年(明治27年)に、宣教師として日本を訪れ(神戸に滞在)、慶應義塾の教師となり、能海寛などに影響を与えた。イギリス時代から持っていた趣味として飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈を巡った。また、富士山にも登頂した。


・1893年(明治26年) - 前穂高岳に登頂。このときの案内役で地元猟師の上條嘉門次との友情関係は、多く語り継がれている。またこの年の5月11日に、前宮ルートより恵那山に登頂した。


・1896年(明治29年) - 山旅で見た情景と感慨を『MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS』(日本アルプスの登山と探検)としてイギリスで出版した。


・1902年(明治35年)4月 - エミリー・フランシスと結婚[2]。 6月に夫人と共に2度目の来日し、1905年3月まで横浜市に滞在、聖アンデレ教会に司祭として奉職[1][3]。


・1910年(明治43年)1月 - 日本山岳会の名誉会員となる[4]。


・1911年(明治44年) - 1915年(大正4年)に、再び横浜市に滞在、聖アンデレ教会にて奉職[1][3]。


・1940年(昭和15年)3月27日 - 死去。


ウェストンは、園芸雑誌に載っていた写真を見て、日本山岳誌の著者から写真を数枚譲って貰えるよう要請。譲り受けた内、志村烏嶺が官有林見廻り役丸山常吉の長男丸山広太郎・同姓の丸山吉十・強力(ごうりき)の清水市太郎を伴って1905年(明治38年)8月20日に白馬岳に登ったときに撮影した写真を、英国山岳会誌『アルパイン・ジャーナル』に寄せ、第23巻1906年5月号に掲載された。これが、日本の山岳写真が初めてヨーロッパに紹介されたものだという。[5][6]


“Japanese Alps” という表現は、1881年(明治14年)初版刊行の『日本旅行記』(チェンバレンら編集)[7]に「信州と飛騨の境にある山脈 は『ジャパニーズアルプス』と呼ぶのにふさわしい」と記述があるのが最初であるとされる。


死後
死後、日本の山を世界中に紹介したことなどを称えて、日本の各地でウェストンの記念碑、レリーフなどが設置され、山開きの時期にウェストン祭が開催されるようになった。一部の地域ではウェストン公園が整備されている。


ウェストン祭
上高地ウェストン祭 - 長野県松本市の上高地では、「上高地を“再発見”したウォルター・ウェストン」を記念して、毎年「上高地ウェストン祭」が催されている[8]。


青森ウェストン祭 - 青森県三戸郡新郷村では、1902年(明治35年)の青森を襲った飢餓の際、救援活動を行ったことに感謝して「青森ウェストン祭」が催されている[9]。


海のウェストン祭 - 新潟県糸魚川市では、ウェストンが「親不知が日本アルプスの起点である。」として訪れていることを機縁とし、例年地元有志による「海のウェストン祭」が催されている[10]。


ミセス・ウエストン祭 - 長野県長野市(旧戸隠村)の戸隠キャンプ場で毎年8月第1土曜日に、戸隠山と高妻山に初めて登頂した外国人女性であるエミリー・ウエストンを偲ぶ祭典として「ミセス・ウエストン祭」が催されている[11]。


恵那山ウェストン祭 - 岐阜県中津川市の恵那山ウェストン公園では、1893年(明治26年)5月11日に恵那山に登り全世界へ紹介したことを記念して、毎年5月11に中津川市観光協会により「恵那山ウェストン祭」が催されている[12]。


宮崎ウェストン祭 - 宮崎県西臼杵郡高千穂町では、1890年(明治23年)に韓国岳と高千穂峰登頂の際に訪問したことを記念して五ヶ所高原にて毎年「宮崎ウェストン祭」が催されている[13]。


ウェストンのレリーフ
・1937年(昭和12年)8月26日 - 上高地の清水屋ホテルの北東近くに、ウェストンのレリーフが設置された[14]。


・1963年(昭和38年)7月19日 - 新潟県糸魚川市親不知コミュニティーロード(市道天険親不知線)にウェストンの全身像が設置された[15]。


・1965年(昭和40年)8月26日 - 長野県飯田市の天竜峡時又に、1891年と1893年に「天竜舟下り」を行いこれを紹介したことを称えて、ウェストンの記念碑が設置された[16]。


・1989年(平成元年)に、山梨県南アルプスのアルペンプラザ広河原の前に、1904年(明治37年)に北岳に登頂し世界中に紹介したことを称え、ウェストンのレリーフが設置された[17]。


・2001年(平成13年)に、岐阜県中津川市に恵那山ウェストン公園が整備され、ウェストンの銅像が設置された[18]。


著書
・『MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS』 1896年 『日本アルプスの登山と探検』 青木枝朗訳  岩波文庫、1997年 ISBN 4003347412
・『日本アルプス 登山と探検』 岡村精一訳 平凡社ライブラリー、1995年
・『The Playground of the Far East』1918年 『極東の遊歩場』 岡村精一訳 山と渓谷社 (1970年 新版1984年 ISBN 9784635318068)
・『日本アルプス再訪』 水野勉訳 平凡社ライブラリー 1996年  ISBN 4582761615
・『A Wayfarer in Unfamiliar Japan』1925年 『ウェストンの明治見聞記  知られざる日本を旅して』 長岡祥三訳、新人物往来社 1987年 ISBN 440401418X
・『Japan』1926年(日本)
・『ウォルター・ウェストン未刊行著作集』全2巻、三井嘉雄訳、郷土出版社 1999年
・『日本アルプス登攀日記』 三井嘉雄訳、平凡社東洋文庫、1995年 


参照
・『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』第5版 1974年(昭和49年) 編者 大町山岳博物館 発行所 信濃路 発売元 社団法人農村漁村文化協会 P37 - 42 日本アルプスの父 高橋秀男
・金子民雄ヒマラヤ学誌第9号


脚注
1. a b c d Weston, Walter (1860–1940) (Oxford DNB)
2. 夫人はロッククライマーでもあり、夫婦で富士山や戸隠山などに登った。 『知らざれるW・ウェストン』 田畑真一(著)、2001年9月、ISBN 4-784099042、p.284
3. a b 信州山小屋ネット 信濃毎日新聞社
4. 日本山岳会の歩み 社団法人日本山岳会、2011年2月9日閲覧。
5. 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』第5版 1974年(昭和49年) 編者 大町山岳博物館 発行所 信濃路 発売元 社団法人農村漁村文化協会 P1
6. 富山県 立山博物館の平成10年度 春季特別企画展によれば(2008年6月20日閲覧)、1906年2月号?
7. 『男の隠れ家』 2010年9月号 “日本アルプス”を愛した男、W・ウェストン 田畑真一 p.17(『世界山岳百科事典』 岩間正夫編)
8. 上高地ウェストン祭 信州とっておき情報、2011年2月23日閲覧。
9. 第16回青森ウェストン祭が開催されました  新郷村HP、2011年2月23日閲覧。
10. 海のウェストン祭・白鳥山山開き  にいがた観光ナビ、2011年2月23日閲覧。
11. ミセス・ウエストン祭 長野県公式観光ウェブサイト、2011年2月23日閲覧。
12. 5/11(火)第9回 恵那山ウエストン祭 中津川観光なび!、2011年2月23日閲覧。
13. 宮崎ウェストン祭 高千穂観光ポータル、2011年2月23日閲覧。
14. ウェストン碑、上高地公式Website 、2011年2月23日閲覧。
15. 天下の険 親不知・子不知、糸魚川市HP、2011年2月23日閲覧。
16. 天竜峡、飯田市地域情報 、2011年2月23日閲覧。
17. アルペンプラザ広河原 南アルプスNET、2011年2月23日閲覧。
18. 恵那山ウェストン公園 中津川観光なび!、2011年2月23日閲覧。


関連項目
・日本アルプス
・アルピニズム
・登山家
・日本山岳会
・日英関係
(wikiより)