酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6830 大田南岳墓(文京区白山4-34-7・本念寺)

大田南岳 ( おおた なんがく )
明治・大正期の俳人、画家


生年明治6年10月2日(1873年)
没年大正6(1917)年7月13日


出生地東京・牛込


本名 ; 大田 享


別名号 : 杏花園

経歴 : 蜀山人大田南畝の裔で、俳諧、絵画、篆刻、釣、大弓、義太夫など多くの趣味をこなした。


青年時代下条桂谷に画技を修め、のち尾崎紅葉、星野麦人とも親交があった。


性格は瓢逸で、功利の外に超然としたその一生には奇行逸話が多い。


晩年胃を病み、療養のため四谷から千葉の市川に移り、釣魚三昧に暮らした。


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/401.html

387 大田南畝墓(文京区白山4-34-7・本念寺)











6829 森田家墓(谷中1-5-35・仏心寺)

佃源田中屋故事碑文


天正年間 佃源田中屋初代源右衛門 摂津国佃村より江戸佃島に移住せられ折り森田氏より佃煮製法の助言を得


佃源四百年の礎と為す


現今第六代源右衛門字田中昭二郎儀旧辞を以て只管事業に専念し中興と為す


此処に碑文を記し是の故事を検証す
(碑文より)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/608.html

577 森孫右衛門供養塔(中央区築地3・築地本願寺)