酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

ビルボード東京

くぅーーーーーっ


また「アル・マッケイオールスターズ(アース・ウインド&ファイアー)」、「レイ・パーカーJr.&レイディオ」、「テンプテーションズ」が来ますやん


レイパーカーJr.は何時も通りのセットリストだろうし、でもテンプテーションズは行ってみたいかも?



The Temptations - Get Ready



My Girl










Pops Hit- 148.



・ステイ・ウィズ・ミー
EIGHTH WONDER - Stay With Me



・スルー・ザ・ファイア
Chaka Khan Through The Fire



・恋はナイト・アンド・デイ
Arabesque - Time To Say Goobye



・ウォールズ・カム・タンブリング・ダウン
The Style Council - Walls Come Tumbling Down!



・ジーズ・ドリームス
Heart - These Dreams


good night.........












4316 山本佐久、三郎墓(京都府左京区鹿ケ谷若王子山町・同志社墓地)

山本三郎は戊辰戦争で戦死した。


● 山本佐久
山本 佐久(やまもと さく、文化6年(1809年) - 明治29年(1896年)5月20日)は、幕末から明治時代にかけての会津藩出身の女性。


経歴
会津藩砲術指南役、山本左兵衛の長女として誕生した。左兵衛には跡継ぎとなる男子がいなかったことから、文政9年(1826年)、婿養子に同じ会津藩士で、目付の家柄である永岡家の四男・繁之助(後の権八)を迎えた。権八との間には6人の子供が産まれるが、次男・長女・次女は早くして亡くなったため、健康に育ったのは、長男・覚馬、三女・八重、三男・三郎だけだった。


戊辰戦争が勃発すると、三郎は鳥羽・伏見の戦いで戦死し、覚馬は京都で消息不明となり、後に山本家にもこの事が伝えられた。会津戦争時は、八重や家族と共に籠城戦を戦い抜いた[1]。


会津藩降伏後は、消息が判明した覚馬を頼り、八重と孫のみね(覚馬の子)と共に京都へ移り住んだ[2]。八重が嫁いだ新島襄が同志社女学校を設立すると、5年間にわたり寮の舎監を務めて襄と八重を支えた。


明治9年(1876年)12月3日、京都第二公会を設立する際に、孫のみねと共に新島襄から洗礼を受けた[3]。


明治29年(1896年)、死去。享年87[4]。


人物
・気丈でとても聡明な女性で、覚馬は後年、「自分は母の聡明さには及ばない」と語っていた。
・教育にも熱心で、「自己を磨き、立派な行いをするよう努めれば、必ず社会に認められる日がくる」といつも子供らに言い聞かせていたという。
・自分が良いと思った事は、新しいことも積極的に取り入れる進取の気性に富んでいた。当時、疱瘡は死の病と恐れられ、その疱瘡が会津城下で流行したときは、疱瘡の予防には種痘が効果的だということを知ると自ら進んでこれを受け八重や三郎にも種痘を受けさせたという。
・近所の子と喧嘩ばかりしていた幼少期の覚馬に対し、「決して自分から仕掛けないこと。しかし、相手から挑まれたなら相手が飽きるまで対抗して、単に自らを守るだけでなく、進んで勝ちにいけ」という訓戒を垂れていたという[5]。


登場作品
・八重の桜 - 2013年、NHK大河ドラマ、演:風吹ジュン


脚注
1. 家族で籠城戦に参加したのは八重、覚馬の妻・山本うら、その子みねで、権八は会津戦争の一ノ堰の戦いで戦死した。
2. うらは京都へ行くのを拒み、みねを託して会津に留まった
3. 『日本キリスト教歴史大事典』1446頁
4. 85、86とする説もある
5. 青山霞村『山本覚馬』、安藤優一郎『山本覚馬』


参考文献
・好川之範『幕末のジャンヌ・ダルク 新島八重』新人物往来社、2012年
・『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4744.html
4314 山本久栄墓(京都府左京区鹿ケ谷若王子山町・同志社墓地)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4745.html
4315 山本権八墓(京都府左京区鹿ケ谷若王子山町・同志社墓地)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4747.html

4317 山本覚馬墓(京都府左京区鹿ケ谷若王子山町・同志社墓地)