酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

2924 河鰭斉墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)

河鰭斉 (かわばた - ひとし) / 河蛯斎

天保 13年 ~ 大正 5年 9月 29日 ( 1842 - 1916 )


鶴田藩権大参事 ( 鶴田藩は浜田藩の飛び地 )。


父、河鰭景岡。


明治元年 ( 1868 ) 12月王政復古に伴い明治 2年 ( 1869 ) 2月 27日津山藩主・松平慶倫、鶴田藩主・松平武聰、古川藩主、挙母藩らが封土を奉還。


同年 6月各藩主は藩知事となる。


10月鶴田藩主は尾関秀、伊藤祐命を大参事に生田精、野島恒、河鰭斉を権大参事にし、以下小参事、大属等を新任した。


従四位勲四等。75歳没。


妻美知子 ( 1819 - 1899 ) は、浜田藩家老・松倉正供の娘で、慶応元年 ( 1865 ) に嫁す。


戒名 :「信淨院慈斉全勇居士」。美知子は、「信敬院智光元道大姉」。


関連情報

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3112.html

2925 河鰭監物墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。

2923 包丁塚と村田周魚の句碑(墨田区向島1-4-5・牛島神社)

組物 牛島神社境内にある。


明治以降は食事もだんだんに洋風化して、牛肉を食することが一般化し、やがて食肉業者が供養のために、牛に関わりのあるこの神社に奉納した。


寝そべった牛像の基壇の前面の黒い石板には「慰霊 庖丁塚」と大きく描かれ、牛の後ろには次のような句が刻まれている。


   人の世の奉仕に生きる牛黙す 


碑裏に「昭和 37年 6月 27日建之」とあり、顧問大野伴睦ほか建立に尽力した面々の名前がならんでいる。


村田周魚は、本名泰助。


明治 22年下谷車坂町に生れ、川柳に志して 50有余年、その間川柳きやり吟社を興し、遠く海外にまでその道の発展に尽くした。


碑の横に石灯籠が建っている。


昭和 37年 6月 27日の建立。4面にすべて記載がある。


どうやら三竹会が呼びかけて建てたものらしい。次の彫り込みがある。


前面/牛慰霊庖丁塚建碑趣意・三竹會創立満八十周年記念・初代會長故御子柴竹次郎氏 
    五十年祭・三竹會長御子柴晧資翁米寿祝賀。


右面/東京食肉卸協同組合・芝浦枝肉取引員組合・芝浦臓器協同組合


左面/東京料理飲食業協同組合連合會・日本全調理師連盟・全國調理師紹介所連盟・大鉄庖潤協會


裏面/大泉食肉庖交會・三竹牛鳥料理研究會・三光牛鳥調理師會

(石碑文より)


● 村田周魚 
村田周魚 むらた - しゅうぎょ 
(1889 - 1967) 大正 - 昭和時代の川柳作家。


明治 22年 11月 17日生まれ。


警視庁衛生部につとめ、のち薬学誌を編集。


大正 2年、井上剣花坊 ( けんかぼう ) の柳樽寺 ( りゅうそんじ ) 川柳会同人となる。


9年きやり吟社をおこし「川柳きやり」を創刊、戦時下でも社報の形で発行をつづけた。


昭和 42年 4月 11日死去。77歳。東京出身。


東京薬学校 ( 現東京薬大 ) 卒。


本名は泰助。著作に「川柳雑話」など。










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。

2922 殲蒙古仇碑記(墨田区向島1-4-5・牛島神社)

明治 18年に仮名垣魯文、肝付兼武などが建てたもので、北條時宗の功績を記している。


篆額は毛利元徳。


肝付の撰文を内閣大書記官だった金井之恭 ( 金洞 ) が書し、廣羣鶴が鐫をとっている。


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6653.html

5751 仮名垣魯文墓(谷中4・永久寺)