酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6982 北条時頼公墓所(鎌倉市山ノ内189・明月院)

宝篋印塔・五輪塔等の部材を組み合わせた石塔で石積みの壇上に安置されている。


このあたり一帯は時頼公が寂した最明寺の故地である。


父は時氏 ( ときうじ )、母は安達景盛 ( かげもり ) の娘で賢母と言われ 徒然草 ( 第184段 ) にも登場する


松下禅尼の次男として、安貞元年 ( 1227 ) 生誕。


祖父三代執権、泰時の善政の後を受け継ぎ 寛元四年 ( 1246 ) 十九才で五代執権職につく。


ますます北条政権を確固たるものに築き一族の全盛期を迎える一方では禅宗に深く帰依した。


建長五年 ( 1252 ) 中国の高僧、大覚禅師 ( 蘭渓道隆 = らんけいどうりゅう ) を開山に迎え、わが国最初の禅の専門道場、建長寺を創建。


康元元年 ( 1256 ) には、この地、最明寺において、建長寺開山大覚禅師を戒師とし三十才の時出家。


僧名は覚了房道祟と号し執権職の長時にゆづる。


弘長三年 ( 1263 ) 十一月二十三日、三十七才の生涯を終える。
(案内板より)


● 北条時頼
北条 時頼(ほうじょう ときより)は、鎌倉時代中期の鎌倉幕府第5代執権(在職:1246年 - 1256年)である。北条時氏の次男で、4代執権北条経時の弟。北条時輔、第8代執権北条時宗、北条宗政、北条宗頼らの父。通称は五郎、五郎兵衛尉、武衛、左近大夫将監、左親衛、相州、また出家後は最明寺殿、最明寺入道とも呼ばれた[1]。


経歴
執権になるまで
若くして実父時氏と死別したため、祖父・北条泰時に養育される[1]。幼い頃から聡明で、祖父・泰時にもその才能を高く評価されていた。1241年11月、12歳の時、三浦一族と小山一族が乱闘を起こし、兄・経時は三浦氏を擁護したが、時頼はどちらに荷担することもなく静観し、経時は祖父・泰時から行動の軽率さ、不公平を叱責され、逆に静観した時頼は思慮深さを称賛されて、泰時から褒美を貰ったというエピソードが『吾妻鏡』に収録されている[1]。しかし、『吾妻鏡』の成立年代を鑑み、この逸話は時頼が経時の系譜から結果として執権を強奪してしまったことを正当化する為に作られた挿話の可能性があることが指摘されている[3][4]。奥富敬之はこのエピソードを後世のでっち上げと断定している[4]。一方で高橋慎一朗は、このエピソードで時頼が経時と違って静観という態度をとったことに、次男と言う立場から兄に遠慮して積極的な行動を取らない時頼の立場や性格が伺えると指摘する[4]。また、泰時から褒美として村を一つ拝領したことは事実だが、これも三浦と小山の諍いに対して適切な行動をしたことに対する褒美ではなく、日頃の恪勤に対する泰時のねぎらいからの褒美であった[4]。


嘉禎3年(1237年)4月22日[1][2]、11歳にして元服、征夷大将軍・九条頼経(藤原頼経)の偏諱(「頼」の1字)を賜り[2]、五郎時頼を名乗る[1]。同年、泰時の意向によって鶴岡八幡宮放生会で流鏑馬を担当[1]。その後、左近将監、従五位上と昇進、この頃から、兄・経時が病気となり、重篤になってゆく。1245年、時頼は鶴岡八幡宮の大鳥居の検分を行っている[5]。病状芳しくない経時の代理として、時頼が本来執権が担当するべき大事な仕事を代行したと考えられる[5]。1246年になると経時の病状はさらに悪化し、その結果、一門、重臣達による、『神秘の御沙汰』と呼ばれる秘密会議が行われ、結果時頼は兄経時から執権職を譲られる[6]。なお、奥富敬之は時頼が重篤の経時を無理矢理引退に追い込んで時頼が権力を掌握したという推論をしているが、高橋慎一朗は当時の時頼にそこまでの政治力はなく自分に執権の座が回ってくるように手配できたかは疑わしいと懐疑的な見解を述べている[7]。経時には二人息子がいたが、執権は時頼に譲られることとなった。高橋慎一朗は、まだ息子二人が幼いことを憂慮した経時が、自分の意向で弟時頼へ執権を譲ったと推測している[8]。その後経時は出家、程なく病死した。


執権時代
執権へ就任した時頼だが、この当時、幕府の政治の中枢にある評定衆のメンバーの大半(三浦泰村、毛利季光など)が、時頼を支持していなかった[9]。それから1ヵ月後、前将軍・藤原頼経を始めとする反北条勢力が勢い付き、寛元4年(1246年)5月には頼経の側近で北条氏の一族であった名越光時(北条義時の孫)が頼経を擁して軍事行動を準備するという非常事態が発生したが、これを時頼は鎮圧するとともに反得宗勢力を一掃し、7月には頼経を京都に強制送還した(宮騒動)。これによって執権としての地位を磐石なものとしたのである。


翌年、宝治元年(1247年)には安達氏と協力して、有力御家人であった三浦泰村一族を鎌倉に滅ぼした(宝治合戦)。続いて千葉秀胤に対しても追討の幕命を下し、上総国で滅ぼした。これにより、幕府内において反北条氏傾向の御家人は排除され、北条氏の独裁政治が強まる事になった。一方で六波羅探題北条重時を空位になっていた連署に迎え、後に重時の娘・葛西殿と結婚、時宗、宗政を儲けている。


建長4年(1252年)には第5代将軍藤原頼嗣を京都に追放して、新たな将軍として後嵯峨天皇の皇子である宗尊親王を擁立した。これが、親王将軍の始まりである。


しかし時頼は、独裁色が強くなるあまりに御家人から不満が現れるのを恐れて、建長元年(1249年)には評定衆の下に引付衆を設置して訴訟や政治の公正や迅速化を図ったり、京都大番役の奉仕期間を半年から3か月に短縮したりするなどの融和政策も採用している。さらに、庶民に対しても救済政策を採って積極的に庶民を保護している。家柄が低く、血統だけでは自らの権力を保障する正統性を欠く北条氏は、撫民・善政を強調し標榜することでしか、支配の正統性を得ることができなかったのである。


晩年と最期
康元元年(1256年)3月11日、連署の北条重時が辞任して出家した[10]。このため3月30日に重時の異母弟・北条政村を新しい連署に任命した[10]。7月、時頼は内々のうちに出家の準備を始めた[11]。8月11日には庶長子・時輔が元服した[11][12]。9月15日、当時流行していた麻疹にかかり、9月25日に時頼は回復したが、娘も同じ病気にかかって10月13日に早世した[13]。


11月3日、時頼は赤痢にかかった[13]。11月22日に小康状態となったため、時頼は執権職を初め、武蔵国務・侍所別当・鎌倉小町の邸宅を義兄の北条長時に譲った[13]。この時、嫡子の時宗はまだ6歳という幼児であったため、「眼代」(代理人)として長時に譲ったとされている[14]。11月23日の寅刻(午前4時頃)、時頼は最明寺で出家し、覚了房道崇と号した[15](最明寺入道ともいわれる)。


ただし引退・出家したとはいえ、幕府の実権は依然として時頼の手にあった[15]。このため、出家引退の目的は嫡子・時宗への権力移譲と後継者指名を明確にするためで、朝廷と同じ院政という状況を作り上げる事だったとされている[15]。時頼の出家と同時に結城朝広・結城時光・結城朝村・三浦光盛・三浦盛時・三浦時連・二階堂行泰・二階堂行綱・二階堂行忠らが後を追って出家したが、これは幕府の許可しないうちに行なわれたため、出仕停止の処分を受けた[16]。11月30日、時頼は逆修の法要を行なって死後の冥福を祈り、出家としての立場を明確にした[17]。


康元2年(1257年)1月1日、幕府恒例の儀式は全て時頼が取り仕切り、将軍の宗尊親王も御行始として時頼屋敷に出かけた[14]。これは時頼が依然として最高権力者の地位にあった事を示している[17]。2月26日には時宗の元服が行なわれた[17][18]。この2年後には時宗の同母弟・宗政も元服し[19]、さらにその2年後には時宗・宗政・時輔・宗頼の順に子息の序列を定めた[14][20]。これは正室と側室の子供の位置づけを明確にし、後継者争いを未然に防ぐ目的があった[21]。


このように引退したにも関わらず、時頼が政治の実権を握ったことは、その後の北条氏における得宗専制政治の先駆けとなった。時頼と重時は引退したとはいえ、それは名目上の事でしかなく、幕府の序列は相変わらず1、2位であった。つまり時頼の時代に私的な得宗への権力集中が行なわれて執権・連署は形骸化したのである[22]。


弘長3年(1263年)11月8日に『吾妻鏡』に時頼の病気の悪化を示唆する記事がある。このため、これ以前から重病であったと推測される[23]。このため、時頼の回復のための様々な祈祷が行なわれ、等身大の千手観音菩薩像が供養された[23]。11月13日、時頼の病状は深刻になり、様々な祈祷を総動員して病気治癒が祈られた[24]。しかし11月19日には危篤となり、時頼は心静かに臨終を迎えるため翌日最明寺北亭に移り、看病のために傍に控える7人の家臣以外には見舞いに駆けつける事を禁止した[24]。


11月22日戌刻(午後8時頃)、時頼は最明寺北亭で死去した[24]。享年37[24]。『吾妻鏡』には臨終に際に、袈裟を纏い座禅を組み、阿弥陀如来像の前で息を引き取ったとされる。


詳しい事は、「北条時頼ウィキペディア」をご覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%99%82%E9%A0%BC


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3651.html

3391 平 貞胤供養碑(千葉県成田市台方10)


⇧⇩ 北条時頼公墓所