酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6975 開高 健墓(鎌倉市山ノ内409・円覚寺塔頭松嶺院)

開高 健(かいこう たけし、かいこう けん[1]、1930年12月30日 - 1989年12月9日)は、日本の小説家。


生涯
大阪市天王寺区で父・正義、母・文子との間に長男として生まれる。7歳の時に住吉区北田辺(現・東住吉区)へ転居。1943年4月に旧制天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)へ入学、5月に国民学校教頭であった父が死去する。


第二次世界大戦後に旧制大阪高等学校文科甲類(英語)に入学するが、学制改革により翌年大阪市立大学法文学部法学科(現・法学部)を再受験し入学し直した。当時の文学論の仲間に高原慶一郎がいた。大学在学中、谷沢永一主宰の同人誌『えんぴつ』に参加。


1952年1月、同人仲間だった詩人牧羊子(壽屋勤務)と結婚。同年7月13日に、長女開高道子が誕生。1953年2月、大学在学中に洋書輸入商の北尾書店に入社。1953年12月1日に大阪市立大学卒業。


1954年2月22日、すでに壽屋社員であった羊子が育児のため退社するのに伴い、後任者として壽屋宣伝部に中途採用され、PR誌『洋酒天国』の編集やウイスキーのキャッチコピー(トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名)を手がける。この時代に『裸の王様』で芥川賞を受賞する。 遅筆で知られ、受賞後第一作となる「文學界」から依頼された原稿を、締め切り間近になっても上げることができなかった。開高は先に「群像(講談社)」に提出していた原稿を持ち帰り「文學界」に提出してその場を凌いだ。しかし、講談社の怒りを買って絶縁状を叩き付けられ、16年もの間講談社から干されてしまう[2]。これを機に壽屋を退職し、執筆業に専念する。


1960年、中国訪問日本文学代表団(野間宏団長)の一員として大江健三郎らとともに中国を訪れ、毛沢東、周恩来らと会見。随筆『地球はグラスのふちを回る』では当時の大江とのエピソードが記されている。


1964年、朝日新聞社臨時特派員として戦時下のベトナムへ。サイゴンのマジェスティック・ホテルを拠点にベトナム共和国軍(南ベトナム軍)に従軍して最前線に出た際、反政府ゲリラの機銃掃射に遭うも生還。総勢200名のうち生き残ったのは17名であった。『輝ける闇』『夏の闇』『花終わる闇(未完)』の3部作はこの戦争での凄烈な体験をもとに書かれている。


帰国後は小田実らのベ平連に加入して反戦運動をおこなったが、ベ平連内の反米左派勢力に強く反発し脱退、過激化する左派とは距離を置くようになる。その後は保守系の立場をとり、後に谷沢永一や向井敏などの右派系文化人を世に出した。


熱心な釣師としても知られ、日本はもちろんブラジルのアマゾン川など世界中に釣行し、様々な魚を釣り上げ、『オーパ!』、『フィッシュ・オン』など釣りをテーマにした作品も多い。現在では浸透している「キャッチ・アンド・リリース(釣った魚を河に戻す)」という思想を広めたのも開高だと言われている。また食通でもあり、食と酒に関するエッセイも多数ある。


開高健という名前について「一切名詞が入っていない珍しい名前で気に入っている」と週刊プレイボーイの人気連載「風に訊け」で綴っている。また、同連載で開高健を「かいた、かけん=書いた?書けん!」と変読みした読者からの投稿を非常に気に入り、度々サインの際に引用していた。開高自身が「かいこうけん」を名乗っていたことから、かいこうけんも正しい。


1989年、食道癌の手術後、『珠玉』を脱稿するも再入院、食道腫瘍に肺炎を併発し死去。58歳没。墓所は鎌倉・円覚寺塔中、松嶺院にある。死後、開高の業績を記念して、1992年から2001年までTBSブリタニカ(現阪急コミュニケーションズ)が開高健賞を、2003年から集英社がノンフィクションを対象に開高健ノンフィクション賞を創設した。


また、後半生の16年間を過ごした神奈川県茅ヶ崎市に開高健記念館が開設されている。


受賞歴
・1958年 -『裸の王様』で芥川賞。
・1968年 -『輝ける闇』で毎日出版文化賞。
・1979年 -『玉、砕ける』で川端康成文学賞。
・1981年 - 菊池寛賞。
・1987年 -『耳の物語』で日本文学大賞。


著作
小説
(短編※は初出年。長編は刊行年)
・『あかでみあ めらんこりあ』私家版 1951 のち角川文庫 
・「パニック」※1957
・「巨人と玩具」※1957
・「裸の王様」※1957-(翌年に第三十八回芥川賞受賞)
・「流亡記」※1959
・『裸の王様』文藝春秋新社 1958、「パニック・裸の王様」新潮文庫 
・『屋根裏の独白』中央公論社 1959
・『日本三文オペラ』文藝春秋新社 1959 のち角川文庫、新潮文庫 
・『パニック』パトリア書店 1959
・『ロビンソンの末裔』中央公論社 1960 のち角川文庫、新潮文庫  
・『片隅の迷路』毎日新聞社 1962 のち角川文庫、創元推理文庫(徳島ラジオ商殺しがモデル)
・『見た揺れた笑われた』筑摩書房、1964 のち角川文庫 
・『輝ける闇』新潮社 1968 のち文庫(毎日出版文化賞受賞) 
・『青い月曜日』文藝春秋 1969 のち文庫 
・『七つの短い小説』新潮社 1969 
・『夏の闇』新潮社 1972 のち文庫 
・『新しい天体』潮出版社 1974 のち新潮文庫、光文社文庫 
・『歩く影たち』新潮社 1979 のち文庫 
・『渚から来るもの』角川書店 1980 のち文庫 
・『ロマネ・コンティ・一九三五年』文藝春秋 1980 のち文庫。短篇小説全6篇
 ・「ロマネ・コンティ・一九三五年」※1978
 ・「玉、砕ける」※1978、(翌年に第六回川端康成文学賞受賞)
・『破れた繭 耳の物語1』新潮社 1986 のち文庫
・『夜と陽炎 耳の物語2』新潮社 1986 のち文庫
・『珠玉』文藝春秋 1990 のち文庫 
・『花終る闇』新潮社 1990 のち文庫 
・『二重壁・なまけもの 初期作品集』講談社文芸文庫 2004


詳しい事は、「開高 健ウィキペディア」をご覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E9%AB%98%E5%81%A5
(wikiより)


 開高 健