酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6854 大石造酒蔵源守仲墓(京都四条大宮町37番地・光縁寺)

大石 造酒蔵(おおいし みきぞう、生年不詳 - 慶応2年2月5日(1866年3月21日))は、日本の武士。幕末の一橋家家臣。新選組隊士・大石鍬次郎の実弟。大石捨次郎の実子で、実名は源守仲(みなもと もりなか?)。


文久2年(1862年)8月、父捨次郎の隠居により家督を相続。


大石家の家督を継いでいたためか一般に「鍬次郎の兄」とされることも多いが、過去帳や佐藤彦五郎日記(日野市発行)によると弟が正しい。


壬生光縁寺、松原忠司ら12名の合同墓碑と、山南敬介ら5名の合同墓碑とに挟まれて墓碑が立っている。施主は兄・鍬次郎。


新選組隊士・今井祐次郎に斬殺された話が伝わるが、近藤・土方書簡によると病死。ただし佐藤彦五郎日記の慶応二年四月の記録によると「相果候」とある。


大石家家督について近藤らが奔走した形跡があるが鍬次郎は相続せず、慶応2年12月に妹婿の荘之助が相続した。


諸資料による最期
『壬生浪士始末記』(西村兼文)や『新選組始末記』(子母澤寛)に掲載されている話として、慶応2年2月、祇園石段下で今井祐三郎(祐次郎)と斬り合い、殺された。兄を殺された鍬次郎は今井を恨みに思い、それを察した土方が「私闘を禁ずる」法度をもって鍬次郎に注意を促すが、執念深い鍬次郎は今井を付け狙う。そこで近藤に意を含められた土方が「自分は近藤から大切な預かり物をしたが大変な物なので大石にも共同責任を負ってほしい、その預かり物とは今井の命であり、今井に万一があれば土方・大石両名は切腹せねばならぬ」と釘を刺したので、ようやく鍬次郎も諦めた。これを伝え聞いた今井は近藤・土方への恩義を強く感じ、鳥羽・伏見の戦いで奮戦して果てるまで活躍したという。


しかし、これは造酒蔵を「兄」として描かれたものであり、実際は造酒蔵が鍬次郎の弟であることから、現在では事実ではないと考えられている。ちなみにこの話では、造酒蔵が今井と切り結んでいる丁度その頃、鍬次郎も勢州藩士・安西某なる武士を斬り殺し、お互いに屯所の前で鉢合わせをした、というドラマチックな描き方をされている。


関連項目
・幕末の人物一覧


参考文献
・一橋家 日記(茨城県立歴史館蔵) - 家督関係。
(wikiより)