酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6814 徳川重好墓(台東区谷中・谷中霊園)

徳川 重好(とくがわ しげよし)は、徳川御三卿の一つ清水徳川家の初代当主。


生涯
延享2年(1745年)2月15日、第9代将軍徳川家重の次男として生まれる。幼名は萬二郎。当初は松平姓を称した。


将軍となった兄の徳川家治は宝暦10年(1760年)から明和7年(1770年)までに清水屋敷を11回、家治正室の五十宮も2回訪問しており、兄弟の仲は良好であったとみられる。


しかし、家治治世の後半になると、一橋治済の待遇上昇とともに地位が逆転していった。安永8年(1777年)に将軍世子の家基が死去すると、治斉の長子の豊千代(徳川家斉)が天明元年(1781年)に家治の養子となった。そして天明6年(1786年)に家治が死去すると、家治の最近親(家治の弟)の重好を差し置いて、家斉(家治の従弟の子)が将軍に就任した[1]。


天明8年(1788年)5月、御庭番高橋恒成は清水徳川家に関して、「御取締り宜しからず候由」と報告書を記している。具体的には、家臣の長尾幸兵衛が清水家の財政を私物化していると指摘している。また『よしの冊子』では、長尾は3万両を田沼意次に献金し、重好を将軍職に就けようと目論んだと示唆している。


寛政7年(1795年)7月8日に死去した。享年51(満50歳没)。重好の死により、家重の血筋は断絶した。


重好死後の清水家
重好には嗣子がなかったため、領地・家屋敷は一時的に幕府に収公されている。収公は第8代将軍徳川吉宗の意向に背くものであったため、同年7月、一橋徳川家当主の治済は老中松平信明らに強く抗議している。治済は七男の亀之助(後の松平義居)による相続を考えていたようである。その後の清水家は、第11代将軍徳川家斉が五男の敦之助を当主に立てて寛政10年(1798年)に再興されている。


経歴
※日付=旧暦
・1745年(延享2年)2月15日 - 誕生。松平萬二郎を称する。

・1753年(宝暦8年) - 賄料3万石を賜る。

・1758年(宝暦8年)12月1日 - 清水門内に屋敷を与えられる。

・1759年(宝暦9年)9月29日 - 元服して重好と名乗り、徳川姓を称することが許される。従三位左近衛権中将兼宮内卿に叙任。

・1762年(宝暦12年)5月15日 - 武蔵国・上総国・下総国・甲斐国・大和国・播磨国・和泉国内に10万石を賜う。

・12月14日 - 伏見宮貞建親王の娘・田鶴宮貞子女王と結婚する。1781年(天明元年)12月5日 - 参議に補任。

・1792年(寛政4年)閏2月3日 - 権中納言に転任。

・1795年(寛政7年)7月8日 - 薨去。享年51(満50歳没)。法名は峻徳院殿対空遊心大居士


脚注
1. 渡邉直子「『徳川実紀』に見る三卿の位置」2007年3月(『駒澤史学68』)
(wikiより)


関連情報
https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7830.html

6815 徳川田鶴宮貞子墓(台東区谷中・谷中霊園)


https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7831.html
6816 徳川敦之助墓(台東区谷中・谷中霊園)


https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7832.html

6817 徳川斉明墓(台東区谷中・谷中霊園)


https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7833.html
6818 徳川篤守墓(台東区谷中・谷中霊園)