酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6803 清見寺(清水区興津清見寺町418-1・清見寺)

● 国指定史跡 朝鮮通信使遺跡(興津清見寺境内)
江戸時代における平和的な日朝交流の象徴であった朝鮮通信使は、豊臣秀吉による文禄・慶長の役の後、断絶していた李氏朝鮮との国交を回復するために徳川幕府が提案した外交政策のひとつです。


清見寺は、徳川将軍の代替わりのたびに派遣された使節(朝鮮通信使)の休憩場所として何度も利用され、慶長12年(1607)に派遣された江戸時代最初の朝鮮通信使(当時の名称は回答兼刷還使)は、江戸からの帰路に清見寺で宿泊しました。


書画や漢詩に優れた朝鮮通信使と地域の人々との文化交流の場となった清見寺には、朝鮮通信使が書いた漢詩や、それを木に彫り写した扁額が多数遺されています。


清見寺は、当時の遺構が良好に残っていることから、鞆福禅寺境内(広島県福山市)、牛窓本蓮寺境内(岡山県瀬戸内市)とともに平成6年10月11日に、国の史跡に指定されました。
(案内板より)


● 清見寺
清見寺(せいけんじ)は、静岡市清水区にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は巨鼇山(こごうさん)、正式には『巨鼇山 清見興国禅寺』(こごうさん せいけんこうこくぜんじ)と称する。


歴史
寺伝では奈良時代の創建と伝える。鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄した。また、その頃、徳川家康は今川氏に人質としてあったが、当寺の住職太原雪斎に師事し、当寺で勉強していた。


江戸時代には徳川氏の庇護を受けたほか、東海道の目の前にあることから、朝鮮通信使や琉球使の接待がここで行われた。広島県福山市鞆町にある福禅寺、岡山県瀬戸内市牛窓町にある本蓮寺と共に朝鮮通信使遺跡として国の史跡に指定[1]されている。また庭園も国の名勝に指定[2]されている。


また、駿河湾を望む風光明媚な高台にあり、室町時代には雪舟が、明治時代には夏目漱石や高山樗牛、島崎藤村が訪れている。


なお、寺の境内を東海道本線の線路が横切っている。その経緯については興津駅の歴史を参照。


年表
・白雉年間(650年 - 654年) 清見関の側に天台宗の寺院として創建される


・弘長2年(1262年) 関聖が臨済宗寺院として再興し、師の円爾(弁円)を勧請中興に招く。
・康永元年(1342年) 十刹制度に組み込まれる
・この頃、戦乱に巻き込まれて焼失
・天文9年(1540年)頃 太原雪斎が復興
・天文19年(1549年)頃 松平家康が滞在
・明治20年 坂上真浄が住職に就任


伽藍
・山門 - 慶安4年(1651年)
・玄関 - 元和2年(1616年)
・方丈 - 家康手習の間がある
・鐘楼


文化財
重要文化財(国指定)
・宋版石林先生尚書伝 自巻第一至第四 紹興二十九年仲夏刊記


史跡(国指定)
・朝鮮通信使遺跡興津清見寺境内[1]


名勝(国指定)
・清見寺庭園[2]


その他
・梵鐘 - 正和3年(1314年)、高山樗牛が詩を作成
・徳川家康愛用品
・五百羅漢 -石造、天明年間(1781年 - 1789年)、作者不詳
・琉球王弟の尚宏・具志頭王子朝盛の墓 - 慶長15年(1610年)、江戸へ上る途中の8月21日に、駿府にて病死し、この寺に祀られる。参考文献:森威史「慶長十五年琉球国尚寧王の駿府登城」『博友』第7号 沖縄県立博物館友の会機関誌。1993年3月。
・咸臨丸碑 - 幕府軍と新政府軍の争いの際の幕府軍の戦没者を祀るため、清水の次郎長、榎本武揚が建立


所在地
静岡市清水区興津清見寺町418-1


交通アクセス
JR東海道本線興津駅から徒歩約15分
しずてつジャストライン三保山の手線清見寺前停留所(JR清水駅前停留所から10分弱)から徒歩1分
静清バイパス清見寺I.Cより車で3分


脚注
1. a b 朝鮮通信使遺跡 鞆福禅寺境内 牛窓本蓮寺境内 興津清見寺境内 - 文化遺産オンライン(文化庁)
2. a b 清見寺庭園 - 文化遺産オンライン(文化庁)


関連項目
・中部の史跡一覧
・富士三保清見寺図
・清見関
・清見潟
・清見
・十刹


外部リンク
・清見寺
(wikiより)


 画像の下に東海道本線の線路が横切っています。