酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6563 平塚武二墓(鎌倉市十二所512・鎌倉霊園)

平塚 武二(ひらつか たけじ、1904年7月24日 - 1971年3月1日)は、日本の児童文学作家。


神奈川県横浜市生まれ。青山学院高等部卒。鈴木三重吉に師事し、1942年、童話集『風と花びら』を上梓。


戦後も活動を続け、古典や神話、歴史に取材した作品に優れたものがあり、『馬ぬすびと』『ものがたり日本れきし』で知られる。


創作
・『風と花びら』帝国教育会出版部, 1942 のち岩波少年文庫
・『海のふるさと』泰光堂, 1943
・『歌とをどり』東榮社, 1944
・『太陽よりも月よりも』大日本雄辯會講談社, 1947 のちフォア文庫
・『にじが出た』国民図書刊行会, 1948
・『ミスターサルトビ』季節社, 1948
・『太郎と影』桜井書店, 1948
・『からすカンザブロウ』講談社, 1950
・『中を見よう』新潮社, 1950
・『なかよしなかよしスプーンくん』三十書房, 1952
・『パパはのっぽでボクはちび』コスモポリタン社, 1953 のち岩波少年文庫
・『ガタガタ学校と花風先生』泰光堂, 1954
・『世界の国王物語』実業之日本社, 1954
・『ものしりねこちゃん』実業之日本社, 1955
・『星の子』講談社, 1958
・『金の川の王さま』講談社, 1958
・『おかっぱさん』麦書房, 1958
・『かにとこいし』麦書房, 1959
・『ものがたり日本れきし』1-10 偕成社, 1961
・『のぎくのなかのじぞうさま』実業之日本社, 1963
・『ながれぼし』実業之日本社, 1965
・『いろはのいそっぷ』実業之日本社, 1965 のちフォア文庫
・『日本の国づくり 聖徳太子物語』(物語日本史 1)学習研究社, 1967
・『馬ぬすびと』福音館書店, 1968 のちポプラ社文庫
・『タケヤブ村のトラヒゲ先生』国土社, 1969
・『玉虫厨子の物語』学習研究社, 1969 のち偕成社文庫
・『姫の日記 わたしの更級』童心社, 1970
・『よみのくに』(にほんのしんわ 1) ひかりのくに, 1971
・『平塚武二童話全集』1-6 童心社, 1972
・『ヨコハマのサギ山』あかね書房, 1973


参考
・コトバンク
(wikiより)