酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6570 浜口庫之助墓(鎌倉市十二所512・鎌倉霊園)

浜口 庫之助(はまぐち くらのすけ、1917年7月22日 - 1990年12月2日)は、日本のソングライター。兵庫県神戸市出身。愛称はハマクラ。府立四中卒業、早稲田大学中退。青山学院大学商学部卒業。パーカッショニストの浜口茂外也は子。元女優の渚まゆみは妻。


経歴
1917年、兵庫県神戸市に生まれる。浜口の父は建設会社を経営する実業家で、家庭環境は非常に裕福だった。家族の多くが音楽好きで兄弟はチェロ、ギター、ウクレレなどを嗜んだ。浜口自身も自然に音楽に親しんで育ち、5歳の時には楽譜を読めるようになった[1]。


小学2年の時に一家は東京へ引っ越した。府立四中(現・東京都立戸山高等学校)に進学した浜口は旧制第一高等学校(現・東京大学教養学部前期課程)入学を目指し勉学に励んだが受験に失敗し、1935年、早稲田大学高等予科(現・早稲田大学高等学院)に入学するが翌年に中退。


1936年、新宿にあった帝都ダンスホールのバンドボーイとなり、ギタリストとして活動した。当時の浜口は昼と夜に2つのバンドを掛け持ちしながらアメリカへ渡ってジャズの修行をすることを夢見ていた。この夢は翌1937年になって実現しかけたが、日中戦争の開戦が近いという情報を入手した友人に渡航中止を勧められて断念した[2]。


渡航を断念した浜口は神戸製鋼所に就職したが社会人として働くには学歴が必要だと悟り退社。1939年に青山学院高等商学部(現・青山学院大学商学部)に入学した。当時の浜口はギター講師やスタジオ・ミュージシャンをして生活費を稼ぐ傍ら、大学内で慶應義塾大学や立教大学など他大学の学生と一緒に「DooDooフライヤン」という名のバンドを組んで活動した[3]。


1942年9月に青山学院高等商学部を繰り上げ卒業した浜口はジャワ島で農園を委託経営する会社に就職し、同島のマランへ赴任した。浜口は終戦まで同地に勤務し、商社の仕事の他に軍の依頼で現地の住民に歌を通して日本語教育を行う仕事も任された。


太平洋戦争終結後捕虜となり、1946年5月に引き揚げ[4]。東京でバンドを組み、進駐軍を相手に演奏を行った。


その後灰田勝彦の誘いを受けて灰田がメンバーを務めるハワイアンバンドのメンバーとなったり、自らも「スウィング・サーフライダーズ」や「アフロクバーノ」を結成して音楽活動を続ける[5]。


1950年結婚、一男一女をもうける。長男はスタジオミュージシャンで、ラテンパーカッショニストとして日本屈指の存在である浜口茂外也。


「浜口庫之助とアフロ・クバーノ」としては1953年から1955年まで3年連続でNHK紅白歌合戦に出場した。(第4回・第5回・第6回を参照)


1957年、新宿コマ劇場で公演を行った海外の舞踊団が「郷土の芸術をお見せできるのは光栄なこと」と挨拶したのを見た浜口は、外国の音楽を演奏するのではなく日本の曲を創作することこそが重要だと認識するようになり、バンドを解散、歌手活動を停止し、作詞家・作曲家へ転向。


1959年、「黄色いさくらんぼ」、「僕は泣いちっち」がヒットし、作詞家・作曲家として頭角を現すようになる。翌1960年に作詞した「有難や節」のヒット以降は社会情勢や大衆心理をとらえた作品作りを意識することで数々のヒット曲を生み出すようになった[6]。


1960年代には数々のヒット曲を出し、ヒットメーカーと呼ばれるようになる。


1963年、妻、邦子と死別。


1965年、「愛して愛して愛しちゃったのよ」を歌った和田弘とマヒナスターズ、ビリーバンバン、西郷輝彦、にしきのあきらなど自らの弟子をスターに育て上げるなど人材育成にも才能を発揮。


1966年、「星のフラメンコ」「バラが咲いた」で日本レコード大賞(第8回)・作曲賞を受賞。以降、1972年石原裕次郎の「恋の町札幌」に至るまでヒット曲を世に送り続けた。


1973年に女優の渚まゆみと再婚。一女を儲けた。


晩年の1987年には、島倉千代子に楽曲提供した「人生いろいろ」(作詞:中山大三郎)が大ヒット、翌1988年には日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。また島倉は1987年末の第38回NHK紅白歌合戦を「卒業宣言」して出場辞退したが、当時病気療養中の浜口に対して、島倉は「私が歌う姿を見て元気になって欲しい」と思い直し、1988年暮れの第39回NHK紅白歌合戦に2年ぶり31回目の紅白復帰を決意し、「人生いろいろ」を歌唱した。


大衆のために歌を作るという浜口の思いは強く、1990年には文化庁から叙勲(勲四等)の打診があった際には「勲章のため曲を作っているのではない」という思いから辞退した。


1990年12月2日、喉頭ガンの為、癌研究会附属病院にて逝去。73歳没。クリスチャンであったため、葬儀は東京都千代田区飯田橋の富士見町教会で営まれた。


主な作品
歌謡曲・フォーク・ポップス
作詞・作曲
・僕は泣いちっち(歌:守屋浩)(1959年)
・銀座の子守唄(歌:和田浩治(1960年)、守屋浩(1971年))
・コロッケの唄(歌:五月みどり)(1962年, 2003年)
・夜空の笛(歌:守屋浩)(1962年)
・涙くんさよなら(歌:坂本九、ジャニーズ、和田弘とマヒナスターズ、ジョニー・ティロットソンの競作)(1965年)
・愛して愛して愛しちゃったのよ(歌:田代美代子・和田弘とマヒナスターズ)(1965年)
・星娘(歌:西郷輝彦)(1965年)
・星のフラメンコ(歌:西郷輝彦)(1966年)
・バラが咲いた(歌:マイク真木)(1966年)
・笑えピエロ(歌:植木等)(1966年)
・夕陽が泣いている(歌:ザ・スパイダース)(1966年)
・風が泣いている(歌:ザ・スパイダース)(1967年)
・夜霧よ今夜も有難う(歌:石原裕次郎(1967年)、吉田拓郎(1977年))
・粋な別れ(歌:石原裕次郎)(1967年)
・愛の渚(歌:水原弘)(1967年)
・スイッチョ小唄(歌水原弘) (1967年)
・エンピツが一本(歌:坂本九)(1967年)
・花と小父さん(歌:伊東きよ子(1967年)、植木等(1967年)、畠田理恵(1989年)、里見浩太朗・熊田胡々(2012年))
・夜の虫(歌:浜口庫之助(1967年)、渚まゆみ(1974年)、みのもんた(2006年))
・港町 涙町 別れ町(歌:石原裕次郎)(1969年)
・みんな夢の中(歌:高田恭子)(1969年)
・涙と幸せ(歌:江利チエミ(1969年)、浜口真弓+庫之助(1983年))
・へんな女(歌:水原弘)(1970年)
・花の手拍子(歌:英亜里)(1970年)
・もう恋なのか(歌:にしきのあきら)(1970年)
・こんど生まれてくる時は 水原弘(1971年)
・ああこの恋は 水原弘(1971年)
・空に太陽がある限り(歌:にしきのあきら)(1971年)
・熱い涙(歌:にしきのあきら)(1971年)
・恋の町札幌(歌:石原裕次郎(1972年)、石原裕次郎・川中美幸(1995年)、里見浩太朗・熊田胡々(2012年))
・我愛你(歌:方怡珍)(1973年)
・奪われたいの(歌:渚まゆみ)(1973年)
・祭りの夜は恋の夜 歌 水原弘(1973年)
・青空 歌 水原弘(1973年)
・わたし半人前(歌:渚まゆみ)(1974年)
・クロスオーバー・ラブ(歌:石原裕次郎)(1978年)
・大人になれば(歌:大場久美子)(1978年)
・恋の雪まつり(歌:三浦雄一郎)(1980年)
・夕暮れ、恋人(歌:和田アキ子)(1981年)
・キャベツ畑の子供たち(歌:間下このみと子供たち)(1984年)
・ロマン札幌(歌:渚まゆみ)(1985年)
・恋する蝶々(歌:五月みどり)(1988年)
・愛しただけよ(歌:柏原芳恵)(1988年)
・海の声 森の声(歌:堺正章)(1991年)


作詞[編集]
・有難や節(歌:守屋浩)(1960年)


作曲[編集]
・黄色いさくらんぼ(歌:スリー・キャッツ(1959年)、ゴールデンハーフ(1970年))
・若い突風(歌:和田浩治)(1960年)
・恋の山手線(歌:小林旭)(1964年)
・恍惚のブルース(歌:青江三奈)(1966年)
・ブルーブルース(歌:青江三奈)(1966年)
・眠られぬ夜のブルース(歌:青江三奈)(1967年)
・みんなあげましょう(歌:由美かおる)(1967年)
・愛のさざなみ(歌:島倉千代子)(1968年)
・旭川ブルース(歌:中坪健)(1968年)
・銭ゲバ大行進(歌:唐十郎)(1970年) - 映画『銭ゲバ』主題歌
・泣くときゃひとり 歌 水原弘(1970年)
・しのび逢う恋(歌:ちあきなおみ)(1971年)
・ちいさな恋(歌:天地真理)(1972年)
・ねことめだか(歌:宮内良)(1979年) - テレビ番組『おかあさんといっしょ』で放送
・夢という名の女(歌:森進一)(1980年)
・人生いろいろ(歌:島倉千代子)(1987年)


採譜・補作
・アキラの会津磐梯山(曲) (歌:小林旭)(1960年)
・ケメ子の歌(詞・曲) (歌:ザ・ダーツ、ザ・ジャイアンツの競作)(1968年)


CM曲
・小さな瞳 (ロッテ・チョコレート)
・愛する瞳、大学フレッシュ (参天製薬)(歌:浜口庫之助)
・私のカローラ (トヨタ・カローラ) 〜ボサノヴァ調、歌詞の一部はフランス語
・いとしのカローラ (トヨタ・カローラ)
・ヤクルト・ジョア(「ヤクルト・ジョアのうた」「ジョアのうた」とも) (ヤクルト本社) (歌:小柳ルミ子。後年、剛力彩芽も歌う)
・二度と言うな (タケダ・フローミン) (歌:浜口庫之助・天地総子)
・誰かさんといっしょに (ヤマギワ) (歌:浜口庫之助・渚まゆみ)
・サンカラー薔薇 (三洋電機カラーテレビ)(歌:浜口庫之助)
・プッチンプリン (江崎グリコ)(歌:浜口庫之助、林寛子)
・水割りソング (サントリー) 〜「黄色いさくらんぼ」の替え歌(ただし英語)を自らの歌唱でカバー。これを1997年、KONISHIKIがカバー。
・明治屋ガーバー・ベビーフード(明治屋)(歌:浜口庫之助)
・バンソーの唄(万創)(歌:浜口庫之助・東映児童合唱団)


NHK紅白歌合戦出場歴
・第4回(1953年12月31日、日本劇場)『国境の南』
・第5回(1954年12月31日、日比谷公会堂)『セントルイス・ブルース・マンボ』
・第6回(1955年12月31日、産経ホール)『インディアン・ラブコール』


著書・参考文献
・浜口庫之助 『ハマクラの音楽いろいろ』 朝日新聞出版、1991年。ISBN 4-02-256403-2。
・新版 『ハマクラの音楽いろいろ』 立東舎文庫、2016年6月


脚注
1. 浜口1991、10-11頁。
2. 浜口1991、12-14頁。
3. 浜口1991、15-16頁。
4. 浜口1991、16-17頁。
5. 浜口1991、16-23頁。
6. 浜口1991、27-35頁。


関連項目
・犬丸一郎 - 帝国ホテル社長。「スウィング・サーフライダーズ」のベースを担当。
・斎藤ノヴ - 弟子。
・藤原審爾 - 小説家。青山学院大学時代の友人。
・吉田拓郎 - アルバム『ぷらいべえと』にて「夜霧よ今夜も有難う」をカバー。
・ソングライター
(wikiより)