酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6458 子爵・野村 靖墓(世田谷区若林4-35-1・松陰神社)

野村 靖(のむら やすし、天保13年8月6日(1842年9月10日) - 明治42年(1909年)1月24日)は日本の武士、政治家。子爵。名は和作、靖之助。号を欲庵、香夢庵主。入江九一の弟で伊藤博文の最初の妻すみ子は妹に当たる。官位は正二位。山口県萩市萩往還公園に天野清三郎と並んだ銅像が立っている。


生涯
天保13年(1842年)、長州藩の下級武士(足軽)入江嘉伝次の次男として生まれる。兄九一が入江氏を継承したため、野村氏を継承した。吉田松陰の松下村塾に入門して尊王攘夷に傾倒、老中・間部詮勝の暗殺計画が露見して兄と共に投獄されるが、文久2年(1862年)にはイギリス公使館の焼き討ちに参加。第二次長州征討でも活躍している。


明治維新後は宮内大丞、外務大書記となり、岩倉使節団の一員として渡欧。神奈川県令・駅逓総監・逓信次官を歴任し、明治20年(1887年)に子爵に叙せられる。明治31年(1888年)に枢密顧問官、明治34年(1891年)に駐仏公使を歴任した。


明治37年(1894年)には第2次伊藤内閣の内務大臣に就任し、翌38年(1895年)に東京府を廃止して東京15区を「東京都」として独立させて政府の支配を強化し、他の地域を多摩県として再編成させる「東京都制および多摩県設置法案」を提出したが、帝国議会(第9議会)や東京市民の反感を買って廃案となり、責任を取って辞任した。しかし翌39年(1896年)には第2次松方内閣の逓信大臣に就任している。


晩年は皇室の養育掛長をつとめ、明治42年(1909年)、68歳で死去した。遺言により吉田松陰の墓域内に埋葬された。


親族
・長男:野村益三(貴族院議員)


登場作品
・花燃ゆ - 2015年NHK大河ドラマ、演:大野拓朗


外部リンク
・野村靖 | 近代日本人の肖像
・国立国会図書館 憲政資料室 野村靖関係文書
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4820.html
4383 松陰神社(山口県萩市椿東1537)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5005.html
4540 吉田松陰墓(護国山・山口県萩市椿東243‐31)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5068.html
4598 入江九一墓(萩市北古萩町・長寿寺)



 奥様のお墓です。