酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6171 野田豁通墓(台東区谷中・谷中霊園)

野田 豁通(のだ ひろみち、天保15年7月24日(1844年9月6日) - 1913年1月6日)は、日本の武士(熊本藩士)、陸軍軍人、陸軍経理組織の創設者[1]。最終階級は陸軍監督総監(のちの陸軍主計総監)。旧姓石光。


概要
熊本藩士石光文平の三男。藩産物方頭取石光真民の末弟[1]。箱館戦争軍監、青森県初代知事、日清戦争の野戦監督長官、男爵、貴族院議員[1]。清浦奎吾、後藤新平、斎藤実、柴五郎などを育てた[1]。


経歴
熊本藩士石光家に生れ、15歳で同藩勘定方の野田淳平の養子となる。


横井小楠を慕って京都に出奔し、勤皇党に投じ、小楠が仆れた後は同郷の先輩大田黒惟信を頼って江戸に出て倒幕運動に参画した。戊辰戦争では征討大総督軍の一員として奥羽に転戦し、箱館戦争では軍監として活躍する。


軍事参謀試補、軍監、胆沢県少参事、弘前県参事と歴任。弘前県の県庁を青森に移し、青森県と改称、同県大参事。勧農寮大属。


明治5年(1872年)11月、陸軍兵学寮八等出仕、翌年8月、陸軍会計軍吏となり、以後、陸軍の経理関係の役職を担う。第5局第2課長を経て、会計軍吏正として西南戦争に出征。戦地で食料、軍夫の調達に当たった。その後、第5局第8課長、会計局計算課長、会計局次長、会計局第1課長などを歴任。


1885年、ドイツ留学[1]。帰国後は、軍の経理組織と規則を確立し、軍の経理学校を創設。会計局次長、監督長、会計局長と昇進し、初代陸軍経理局長、主計総監。日清戦争では、大本営野戦監督長官として出征した。


1897年4月、監督総監に進級し、1901年4月15日、予備役に編入された[2]。1906年4月1日に後備役となる[3]。1911年4月1日に退役した[4]。


1895年8月、男爵の爵位を授爵し華族となり、1904年から1913年まで貴族院議員を務めた。


栄典
・1889年(明治22年)11月29日 - 大日本帝国憲法発布記念章[5]
・1895年(明治28年)
 ・5月23日 - 勲二等瑞宝章[6]
 ・8月20日 - 男爵、功三級金鵄勲章、旭日重光章[7]
 ・11月18日 - 明治二十七八年従軍記章[8]
・1901年(明治34年)12月27日 - 勲一等瑞宝章[9][10]
・1906年(明治39年)4月1日 - 旭日大綬章[11]


家族・親族
・妻
敏(養父・野田淳平の娘)
戊辰戦争後の明治2年(1869年)、熊本に帰省して敏と結婚した。このとき豁通は28歳、敏はまだ14歳だった。しかし、2ヵ月後には無断で上京。驚いた養父が上京し、毎日毎夜帰郷を懇願するも、豁通は話の進みつつあった弘前県大参事の職を受け、避けるように赴任してしまい、残された養父は失意の中で切腹したという。
住子(元新橋の芸妓)
甥の石光真清によれば「野田は、結婚について、まことに軽い考え方を持ち、新橋から相乗りの人力車で芸妓を伴い、そのまま妻にしてしまった人である」という[12]。


・息子
野田亀喜(男爵、貴族院議員)
娘婿
西義一(陸軍大将)
山室宗文(実業家)


・孫
中村公彦(映画美術監督、豁通・敏の間の子・淳造の末子)


・甥
石光真清(軍人)
石光真臣(軍人)
下村孝太郎(化学者、同志社第6代社長、大阪舎密工業(現大阪ガス)社長)


・姪孫
橋本龍伍(大蔵官僚、衆議院議員、文部大臣、厚生大臣等)


人物
野田は人材の育成を心がけた人物であり、戊辰戦争時の敵藩の子弟も区別せず面倒をみていた。柴五郎、斎藤実は野田の庇護の下、それぞれ陸海軍に進んだのである。柴はその遺書の中で感謝の言葉を繰り返している[13]。


参考文献
・石光真清著、石光真人編 『城下の人-石光真清の手記(一)』 中央公論社〈中公文庫〉、1978年、ISBN 4-12-200550-7。
・石光真人編著 『ある明治人の記録-会津人柴五郎の遺書』 中央公論社〈中公新書〉、1971年、 ISBN 978-4121002525。


脚注
1. a b c d e 日本会議熊本
2. 『官報』第5332号、明治34年4月16日。
3. 『官報』第6916号、明治39年7月19日。
4. 『官報』第8339号、明治44年4月13日。
5. 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
6. 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
7. 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
8. 『官報』第3824号、1896年4月1日、付録「辞令」。
9. 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
10. 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
11. 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
12. 石光真清『城下の人 石光真清の手記 一』210頁
13. 『ある明治人の記録』


外部リンク
・野田豁通履歴及其文書 (弘化元~明治9年)
・野田豁通の墓
(wikiより)


 野田豁通