酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6035 石本新六墓(谷中7-14-8・天王寺)

石本 新六(いしもと しんろく、1854年2月17日(嘉永7年1月20日) - 1912年(明治45年)4月2日)は、日本陸軍の軍人。陸士旧1期。栄典は勲一等功二級。最終階級は陸軍中将。男爵。


経歴
姫路藩士・石本勝左衛門為延の六男として生まれる。1869年、開成所姫路藩貢進生として上京し、大学南校で学ぶ。陸軍幼年学校を経て陸軍士官学校に入学。西南戦争に従軍し、1877年7月、工兵少尉に任官。1878年12月、陸士(旧1期)を卒業した。


後、フランスに留学し、1881年8月、フォンテンブロー砲工校を卒業し翌年に帰国。欧州差遣(イタリア)、参謀本部第3局第2課員、参謀本部第2局員、陸軍省軍務局工兵事務課長、工兵課長、築城本部長、兼陸軍砲工学校長を経て、1898年3月、陸軍少将に進級した。


陸軍総務長官を経て、日露戦争時は陸軍次官(法務局長兼任)として寺内正毅陸軍大臣を支えた。1904年10月、陸軍中将に昇進。1911年8月、第2次西園寺公望内閣において薩長出身者以外では初めての陸軍大臣に就任する。陸軍師団増設問題が懸案となり、2個師団増設要求をするが閣議で拒否され、在任中に死去した。後任の陸相には上原勇作が就任。
1907年9月、男爵の爵位を授爵し華族となった。


年譜
・1877年(明治10年)7月5日 - 少尉
・1880年(明治13年)5月7日 - 工兵中尉
・1883年(明治16年)2月28日 - 工兵大尉
・1888年(明治21年)2月17日 - 工兵少佐
・1891年(明治24年)11月7日 - 工兵中佐
・1892年(明治25年)7月1日 - 軍務局工兵事務課長
・1894年(明治27年)1月10日 - 免兼海軍大学校教官[1]
・1895年(明治28年)
 ・1月29日 - 工兵大佐
 ・7月29日 - 高等官三等、兼任臨時台湾橙標建設部事務官[2]
・1896年(明治29年)
 ・5月9日 - 軍務局工兵課長
 ・11月20日 - 東京市区改正委員[3]
・1897年(明治30年)
 ・9月15日 - 築城本部長
 ・10月23日 - 兼陸軍砲工学校校長[4]
・1898年(明治31年)
 ・3月3日 - 陸軍少将
 ・3月10日 - 免土木会委員[5]
・1899年(明治32年)6月15日 - 築城本部長
・1902年(明治35年)4月17日 - 陸軍省総務長官兼理事兼法務局長
・1903年(明治36年)
 ・7月24日 - 高等官一等[6]
 ・12月5日 - 陸軍次官兼法務局長
・1904年(明治37年)
 ・2月27日 - 兼俘虜情報局長官
 ・7月9日 - 兼臨時陸軍検疫本部長[7]
 ・10月13日 - 陸軍中将
・1905年(明治38年)12月28日 - 免法務局長
・1907年(明治40年)9月21日 - 男爵叙爵
・1909年(明治42年)
 ・9月12日 - 人事局長事務取扱
 ・11月30日 - 免人事局長事務取扱
・1911年(明治44年)
 ・8月30日 - 陸軍大臣
 ・9月29日 - 免鉄道会議議員[8]


栄典
・1889年(明治22年)11月29日 - 大日本帝国憲法発布記念章[9]
・1895年(明治28年)
 ・10月21日 - 旭日小綬章・功四級金鵄勲章[10]
 ・11月18日 - 明治二十七八年従軍記章[11]
・1898年(明治31年)11月24日 - 勲三等瑞宝章[12]
・1905年(明治38年)5月30日 - 勲二等瑞宝章[13]
・1906年(明治39年)4月1日 - 勲一等旭日大綬章・ 功二級金鵄勲章・明治三十七八年従軍記章[14]
・1907年(明治40年)9月21日 - 男爵 [15]
・勲三等瑞宝章


外国勲章佩用允許
・1887年(明治20年)5月18日 - イタリア王冠勲章(英語版)カヴァリエーレ[16]
・1904年(明治37年)12月2日 - 大清帝国二等第二双竜宝星[17]
・1905年(明治38年)8月8日 - 勲一等太極章(韓国語版)[18]
・1909年(明治42年)11月30日 - 1等聖アンナ勲章(英語版)[19]
・レジオンドヌール勲章シュヴァリエ


墓所
・天王寺 (台東区)


親族
・妻 石本えつ 安達松太郎(陸軍教授)の妹
・嗣子 石本恵吉(実業家)
・二男 石本憲治(南満州鉄道理事)
・三男 石本寅三(陸軍中将)
・四男 石本巳四雄(東京帝国大学教授・理学博士)
・五男 石本五雄(陸軍少将)
・娘婿 瀧川政次郎(法学博士)
・兄 石本綱(陸軍中佐)
・妻の甥 安達十六(陸軍少将)・安達十九(陸軍中将)・安達二十三(陸軍中将)


脚注
1. 『官報』 1894年1月11日 敍任及辭令
2. 『官報』 1895年7月31日 敍任及辭令
3. 『官報』 1896年11月21日 敍任及辭令
4. 『官報』 1897年10月26日 敍任及辭令
5. 『官報』 1898年3月11日 敍任及辭令
6. 『官報』 1903年7月25日 敍任及辭令
7. 『官報』 1904年7月11日 辭令
8. 『官報』 1911年9月30日 辭令
9. 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
10. 『官報』第3695号「叙任及辞令」1895年10月22日。
11. 『官報』第4029号・付録「辞令」1896年12月2日。
12. 『官報』第4625号「叙任及辞令」1898年11月29日。
13. 『官報』第6627号「叙任及辞令」1905年8月2日。
14. 『官報』第7072号・号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
15. 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
16. 『官報』 1887年5月19日 敍任及辭令。
17. 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
18. 『官報』 明治38年8月11日。
19. 『官報』明治42年12月4日。


参考文献
・秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
・福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
・外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
・『陸軍現役将校列次名簿』(明治36年7月1日調) 13頁
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/386.html

372 安井息軒墓(文京区千駄木5・養源寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1823.html
1672 長岡外史墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1824.html
1673 樺山資雄墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2129.html

1946 上原勇作墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2748.html
2486 石本五雄墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7006.html

6037 石本惠吉墓(谷中7-14-8・天王寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/7013.html
6045 石本 綱墓(谷中7-14-8・天王寺)


 石本新六


⇧⇩ 奥様のお墓です。