酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5936 鳥越きりしたん殉教記念碑(台東区浅草橋5-20-5・カトリック浅草教会裏)

『浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑』の説明


この地に鳥越川が流れ、隅田川にそそいでいた。


この今は暗渠となっている鳥越川のほとりで江戸時代の初期 1613年 8月 16日、小伝馬町の牢獄に捕らえられていた者と共に 8名のキリシタンが、幕府の禁教令にめげず信仰を守り通して斬首された。


同じく翌 17日には 14名、9月 19日にはさらに 5名がこの鳥越川のほとり、甚内橋より東の地にて処刑された。


これらの、幕府の迫害にも屈せず、神への純正なこころを貫き通した人々の殉教をいつまでも忘れぬよう、この地に、この記念碑を建立した。


2001年 1月 カトリック浅草教会


〔鳥越で殉教した 28名〕


ミカエル笹田、ヨアキム破竹庵、アントニオ世兵衛、ヨハネ門前、トマス神田喜兵衛、レオ大工、ルカ神田、ビンセンシオ田辺、( 以上 8月 16日)


マルコ喜左衛門、トマス喜右衛門、ヨアキム源内、シモン彦左衛門、アントニオ半三郎、ヤコブ栄蔵、レオ作内、ヨハネ保四郎、マルコ権助、ミカエル弥蔵、マティア新五郎、ダミヤン茂助、ヤコブ弥四郎、ヨアキム源左衛門 ( 以上 8月 17日 )


伝道師ヨハネ末木、伝道師グレゴリオ、大名の小姓パウロ、同じくグレゴリオ、牢内洗礼の某 ( 以上 9月 19日 )


ほかに小伝馬町牢で獄死したアポリナールがいる。以上
(案内板より)