酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5914 林 鶯渓墓(新宿区市谷山伏町16)

林 鶯渓(はやし おうけい) は、江戸時代末期の儒学者、旗本。鶯渓は号で実名は林 晃(- あきら)。林復斎の長男。養子に整形外科学者の林 曄(- はじめ)がいる。


生涯
父の復斎は林大学頭家当主林述斎の六男であり、鶯渓が生れた当時は分家である第二林家の林琴山の家督を継いでいた[1]。父や佐藤一斎、安積艮斎に儒学を学ぶ。幼い頃に痀瘻病によって背中が曲がってしまう障碍に見舞われたため、父・復斎はこれを嘆いたとき、佐藤一斎は「禍福は糾える縄の如し」の故事を引用してこれを慰めた。後に鶯渓が立身した時、復斎は一斎に深く感謝したという。


天保14年(1843年)、初めて将軍徳川家慶に拝謁を許される。弘化4年(1847年)、幕府の儒者見習となる。ところが、嘉永6年(1853年)、復斎の甥で大学頭家の当主であった林壮軒が死去、急遽復斎が家督を継承することとなり、弟の学斎とともに大学頭家に戻る。このため、鶯渓が第二林家の家督を継承して幕府儒者に任ぜられた。鶯渓が父の没後に大学頭家を継承しなかったのはこのことによる。安政6年(1859年)、西丸留守居となり、学職を兼ねる。父の没後は弟を良く補佐した。


明治元年(1868年)に職を免ぜられて、2年後に静岡に移住するが間もなく東京に戻り、門人の教育に専念した。幼い頃から学問を好み、書物を熟読しては要点をまとめた抄書を山のように作成し、成人してからは人に教えることに熱心で少しの時間も惜しみ1ヶ月休みなしで講義を行うこともあったが、公正で温厚な性格から門人からは慕われていたと言う。


脚注
1. 第二林家は林羅山の子林読耕斎(靖)を祖とし、林春東(勝澄)-林葛廬(春東の養子、信如)-林菊渓(信亮)-林観山(信方)-琴山(信隆)に継承され、文化7年(1810年)の琴山の死によって大学頭家からの養子である復斎が家督を継いだ。


参考文献
・石山洋 他編『江戸文人辞典』東京堂出版、1996年
・市古貞次 他編『国書人名辞典』第4巻 岩波書店、1995年
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2863.html

2583 佐藤一斎之碑(台東区谷中7-5-24・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6532.html

5681 林 述斎墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6850.html

5908 林氏墓地(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6851.html

5909 林 羅山墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6852.html

5910 林 復斎墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6853.html
5911 林 壮軒墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6854.html

5912 林 鳳池墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6855.html

5913 林 龍潭墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6857.html
5915 林 学斎墓(新宿区市谷山伏町16)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6860.html
5916 林 錦峯墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6861.html

5917 林 鳳潭墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6862.html
5918 林 鳳谷墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6863.html

5919 林 榴岡墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6864.html
5920 林 鳳岡墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6865.html

5921 林 鵞峰墓(新宿区市谷山伏町16)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6866.html
5922 林 檉宇墓(新宿区市谷山伏町16)