酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5847 藤田正方墓(台東区谷中・谷中霊園)

藤田 正方(ふじた まさかた、1846年(弘化3年)9月12日 -1886年(明治19年)9月9日)は明治期の医師。旧丸岡藩医[1]。


1880年(明治13年)東京薬科大学の前身である「私立東京薬舗学校」を創設し校長に就任したが、数年後コレラに冒され40歳で急逝した [2]。

来歴
1846年(弘化3年)越前国丸岡谷町(現在の福井県北部)で旧丸岡藩藩医藤田正中の長男として生まれた。祖父の藤田天洋も丸岡藩藩主の侍医を務めた人物であった。


幼年時代に漢学を修めた後、1863年(文久2年)黒川良安の門に入り蘭学修行に励んだ。


1868年(明治元年)9月[要検証 – ノート]医学校に入学、イギリス人医師ウィリアム・ウィリス、オランダ人医師アントニウス・ボードウィン、ドイツ人医師テオドール・ホフマンらに師事し西洋医薬学を学んだ後、1872年(明治5年)1月[要検証 – ノート]神田松永町で医院を開業した[2]。

医学校を卒業後は後身校の大学東校、第一大学区医学校で後身の指導にもあたった。その後薬舗開業試験受験者の予備教育を開始、この経験をもとに「私立東京薬舗学校」を開設した[2]。

脚注
1. “東京薬科大学:大学沿革”. 東京薬科大学. 2009年10月31日閲覧。
2. a b c 「東京薬科大学九十年」 東京薬科大学九十年編集委員会編 (1970年)p19
(wikiより)