酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5840 土方雄久墓(台東区谷中・谷中霊園)

土方 雄久(ひじかた かつひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。越中布市藩主、のち能登石崎藩主、下総田子藩初代藩主。土方信治(のぶはる)の長男。
主として織田信雄に仕え、その1字を拝領して[5]初め雄良(かつよし)、のち雄久と名乗った。


一説によれば前田利長・前田利政は雄久の従兄弟にあたるとされ[2]、実際に弟の太田長知(ながとも、但馬守)が利長に仕えている。


生涯
土方氏は源頼親に始まる大和源氏(宇野氏)の流れを汲む家柄であり[6]、父の代から織田氏の家臣[7]であり、雄久は織田信長とその次男の信雄に仕えた。天正4年(1576年)の三瀬の変では日置大膳亮らと共に田丸城での長野具藤ら北畠一門粛清に関わった。天正9年の第二次天正伊賀の乱で功を挙げ、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは信雄の命令で家老の岡田重孝を殺害した。これらの功績から、信雄より尾張国犬山に4万5,000石の所領を与えられた。天正18年(1590年)、小田原征伐にも従軍し、夜襲を行ってきた北条氏房の軍と戦い撃退している[8]。小田原征伐後、信雄が改易された後は、豊臣秀吉の家臣として仕え、1万石の所領を与えられた(後に2万4,000石まで加増)。


慶長3年(1598年)、秀吉が死去した後は豊臣秀頼に仕えたが、慶長4年(1599年)に家康の暗殺を企てたとして改易され、大野治長と共にその身柄を常陸国の佐竹義宣に預けられた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い前の会津征伐で治長と共にその罪を許されて家康に仕え、従兄弟の前田利長を東軍へ勧誘する使者を務めた功により、同年越中国布市(富山市布市)に1万石の所領を与えられた(布市藩)。のち越中の所領は能登国石崎(七尾市)ほか同国内散在所領1万石(実高1万3,000石)に替地され、下総国田子に5,000石が加増され、陣屋は田子に移された[9]。晩年は徳川秀忠の伽衆となり、秀忠は外桜田の雄久邸にたびたび御成を行った。


慶長13年(1608年)、56歳で死去した。過多な喫煙による咽頭の病気が原因と伝える。法号は功運院建忠(『大日本史料』土方雄久卒伝)。長男の雄氏は既に伊勢菰野藩1万3,000石を得ていたため、雄久の遺領は秀忠の近習だった次男の雄重が継承した。三重県三重郡菰野町見性寺に位牌がある。


備考・脚注
・肖像写真:旧版『菰野町史』(現在は行方不明)
1. 武家家伝_土方氏 内系図より。


2. a b 『土方家譜』による。この系図においては、父・信治が俊治の婿養子、信治の実の姉または妹が太田吉定の妻となっているほか、俊治のもう一人の娘が前田利家の妻となり、その間に生まれた利長や利政が雄久の従兄弟としている(これは利家の妻であるまつ(芳春院)が篠原氏ではなく土方氏の出身とする説である)。尚、実弟の太田長知が継いだのは太田吉定の家系であるとみられる。


3. 『寛政重修諸家譜』より。前野長兵衛は前野長康らと同族、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)の家臣で、1561年の織田・松平(松平元康)との戦い(三河梅坪合戦)にて戦死したというが『武功夜話』によるものに過ぎない。


4. 『寛政重修諸家譜』より。


5. 『朝日日本歴史人物事典』「土方雄久」の項(小和田哲男執筆) および 『世界大百科事典』「土方氏」の項(いずれもコトバンク所収)より。但し、信雄は初め北畠具豊・信意を名乗っていたため、その頃の初名は不明である。


6. 「源家隈部系図」(太田亮『姓氏家系代辞典』所収)、『藩翰譜』、『寛政重修諸家譜』等による。源親治の末裔を称し、父・信治の代までその「治」の字を受け継いで使用していることも1つ根拠になっていると言える。


7. 『信長公記』には「土方彦三郎」なる人物が弘治2年(1556年)の長良川の戦いでの斎藤道三への織田の援軍に加わったが、合戦に間に合わず、その後相手方の斎藤義龍(道三の子)の軍勢が攻めてきた際(大良河原での戦い)に戦死したとする記述があり、これが「伊勢こ野土方家譜」に見られる土方信治と同一人物とみられている。武家家伝_土方氏 内系図によれば、信治は通称は彦三郎、別名に久治(ひさはる)を名乗ったとしており、「信」の字は信長より一字を拝領したものとみられる。


8. 『寛永諸家系図伝』より。


9. これをもって能登石崎藩の成立とする説(『大日本史料』慶長13年11月13日条 土方雄久卒伝)と、下総田子藩の成立とする説がある。
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6765.html

5839 土方雄永墓(台東区谷中・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6769.html
5841 土方雄高墓(台東区谷中・谷中霊園)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6770.html

5842 土方雄氏墓(台東区谷中・谷中霊園)