酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5828 稲山嘉寛墓(台東区谷中・谷中霊園)

稲山 嘉寛(いなやま よしひろ、1904年(明治37年)1月2日 – 1987年(昭和62年)10月9日)は、日本の実業家、財界人。第5代経済団体連合会(経団連)会長(1980年 – 1986年)。


来歴・人物
東京市京橋区銀座(現東京都中央区銀座)に、「稲山銀行」頭取・稲山伝太郎の二男として生まれる。銀行を始めたのは祖父稲山久仙で千葉県の農家の二男として生まれ幕末、11歳の時江戸へ出て働くうちに見込まれ、稲山家の養子になり勤倹貯蓄のすえ、小なりとはいえ銀行をつくった。


入学試験・入社試験には苦労し続け、泰明小を経て、中学受験では東京府立一中、府立四中、開成中、麻布中に落ち、神田の錦城中に入学する。その後も府立一中の転入試験を二度受け、二度目の受験時には制服制帽も買い揃えていたが失敗。高校入試も水戸高等学校に落ち、翌年仙台の第二高等学校に入る。大学は当時新設学科のため無試験だった[1]東京帝国大学経済学部商業学科に入学することができたが、就職活動でまた一苦労する。大蔵省、鉄道省、日本銀行、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)、三井銀行(現・三井住友銀行)その他に立て続けに落ち続け、ようやく商工省より高等文官試験パスを条件に内定を獲得、見事高文に合格し、1927年官営八幡製鐵所に入所する。


入所後販売畑を歩み、1946年日本製鐵(日鉄)営業部長、1950年日鉄分割によって発足した八幡製鐵常務兼営業部長、1960年副社長を務めた後、1962年社長に就任する。社長就任後は日鉄時代の上司である富士製鐵社長の永野重雄とともに、旧日鉄の復活を目指し、公正取引委員会他の反対を乗り越えながら、1970年八幡・富士合併による新日本製鐵(新日鉄、現・新日鐵住金)誕生を実現させた。稲山が合併推進に尽力したのは、1960年代後半から鉄鋼業界の過当競争が激しくなり、価格安定のためには1位・2位メーカーが合併して需給調節をするしかないという結論に至ったからであった。このように、つねに「競争より協調を目指すべき」という信念が経済人稲山の行動原理として貫かれており、「ミスター・カルテル」の異名を取るに至った。


稲山は新日鉄の初代社長(1970年~1973年)、会長(1973年~1981年)を務めたのち、1980年土光敏夫の後継として第5代経団連会長に就任する。1980年代より欧州・米国との間で貿易摩擦問題が発生したが、稲山は国際協調を重視し「我慢の哲学」を押し出して自動車・VTR等の輸出自主規制を指導した。また「増税なき財政再建」を目指すべく「行革推進5人委員会」のメンバーとなり、土光臨調をバックアップした。1982年勲一等旭日大綬章受章。


銀行頭取の御曹司だけあり、若い頃から小唄・常盤津節をたしなむなど洒脱であったが、私生活は質素であり、死去まで約40年近く世田谷の新日鉄社宅に住み続けた。


1987年10月9日、肺癌のため逝去。享年83。


韓国への技術供与
浦項総合製鉄(現在:ポスコ)の当時の社長の朴泰俊(現在は名誉会長)は  「物を盗むのは泥棒で悪いことだが、心を盗むのは良いことで戦略的なこと」と誇り、 新日本製鉄の会長だった稲山を「いろいろと助けてくれた。 心が開かれた方だった。 」とし、103 万トンの1次高炉が成功した後に会いにいった当時、日本の最新流行歌を多く知っていたので稲山会長が自分の車に同乗させると、歌ってみろと言われて歌ってみると、『よくやった』と大喜びされるほど親しかった」とエピソードを明かし、「親しくなってこそ全てを持ってこられる。 こうした戦略がなければ技術は導入できない。 このように人間の心を盗んでこそ技術まで、願うものを持ってこれる」と語っている。[2]。 朴曰く稲山会長は全全面支援を約束したが、製鉄所の現場は世界最高の技術をなぜ他人に譲らなければいけないのかと、上からの命令にも抵抗したが 、製鉄所のアイデンティティーといえる規定集(製鉄技術マニュアル集)、図面設計、機械の性格を日本の先進製鉄所からほとんどすべて導入することができた[3]。


稲山の死後に技術流失はさらに加速し、企業がポスコによって経営難に追い込まれるなど日本の製鉄業界に負の遺産を後世に残した[4][5]。


家族 親族
・唯一男 孝英 – 妻はヤナセ取締役名誉会長梁瀬次郎の娘
・その他の親戚 赤城宗徳(政治家)、鹿島守之助(実業家)など


系譜
・稲山氏
                        
               中曽根康弘  
                  ┃   
                  ┣━━━┳美智子
                  ┃   ┃
         小林儀一郎━━━蔦子   ┃  
                      ┗美恵子 
                 ┏渥美昭夫  ┃
                 ┃      ┃
          渥美育郎━━━╋渥美謙二  ┃
                 ┃      ┃
                 ┗渥美健夫  ┃
                   ┃  ┏渥美直紀
                   ┣━━┫
                   ┃  ┗渥美雅也
                 ┏伊都子
                 ┃
          鹿島守之助  ┃石川六郎
             ┃   ┃ ┃
             ┃   ┣よし子
    鹿島精一     ┣━━━┫
      ┃      ┃   ┃平泉渉
      ┃      ┃   ┃ ┃
      ┣━━━━━卯女   ┣三枝子
      ┃          ┃
      ┃          ┃
鹿島岩蔵━━いと         ┗鹿島昭一
                   ┃
                   ┃
                  ┏公子
    梁瀬長太郎━梁瀬次郎━━━━┫
                  ┗弘子
                   ┃
                   ┃
                 ┏稲山孝英
    稲山伝太郎━稲山嘉寛━━━┫
                 ┗稲山繁孝
                   ┃
                   ┃
         ┏赤城正武━━━━博子
         ┃
         ┗赤城宗徳


参考文献
・早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 99-102頁


脚注
1. 田原総一朗『電通』(朝日新聞社[朝日文庫]、1984年)pp.53「彼(稲山)は、法科に入りたかったのたが自信がなくて、新設されたばかりで無試験だった商科に入学しているのである。」
2.  [1]ポスコ名誉会長「日本の流行歌を歌って新日鉄の技術移転受けた」(1) 2010年10月25日
3.  [2]ポスコ名誉会長「日本の流行歌を歌って新日鉄の技術移転受けた」(2) 2010年10月25日1
4. http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HNH_Q5A930C1000000/
5. http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/30/posco-charged_n_8224324.html


関連項目
・大地の子(山崎豊子の小説で、稲村嘉三のモデルにされたと思われる人物)


外部リンク
・稲山嘉寛 新日本製鉄社長、経団連第5代会長 略歴
・稲山嘉寛氏と鉄鋼協定
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1146.html

1058 稲山伝太郎墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3123.html
2936 稲山久成墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)


 稲山嘉寛