酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5769 初代・村田正雄墓(谷中5-2-11・興禅寺)

初代 村田 正雄(しょだい むらた まさお、天保暦 明治4年2月4日 / グレゴリオ暦 1871年3月25日 - 1925年6月7日[1])は、日本の俳優である。本名は村田 又彦(むらた またひこ)、俳号は村田 芳泉(むらた ほうせん)。


人物・来歴
グレゴリオ暦 1871年3月25日(天保暦 明治4年2月4日)、東京府東京市(現在の東京都)に「村田又彦」として生まれる[1]。


横浜貿易商組合立横浜商業学校(現在の横浜市立大学商学部)を卒業する[1]。1895年(明治28年)ごろの24歳のとき、横浜・港座で『色と慾二股桜』に出演して初舞台を踏む[1][2]。舞踊については森間藤蔵を師とし、義太夫については鶴沢友次郎に学んでいる[2]。


1901年(明治34年)、高堂国典が村田の門下となる。1902年(明治35年)、福井茂兵衛の京都・南座での改良演劇に参加する。のちに伊井蓉峰を主宰とする「伊井容峰一座」の組織に尽力[2]、同劇団では脇役に徹し、重厚な役柄を演じた[1]。


満39歳を迎える1910年(明治43年)前後、東京の吉沢商店の目黒撮影所が製作する映画に出演、多くに主演した[3]。同社は1912年(大正元年)に他の3社と合併して日活となり、1913年(大正2年)10月に日活向島撮影所を開所すると、村田は藤沢浅二郎とともに『八重欅』に出演した[4]。1917年(大正6年)には、山川吉太郎が経営する山川興行部で主演、同年、山川が小林喜三郎とともに設立した天然色活動写真(天活)の大阪撮影所製作の映画に主演した[3]。この年、村田の一座に女形の明石緑郎が入門している[5]。


1925年(大正14年)6月7日、死去した[1]。満54歳没。最後の舞台は『金色夜叉』であった[2]。村田の没後、甥に当たる村田高一が名跡を継ぎ、「二代目村田正雄」を襲名した[1]。第二次世界大戦後、特撮等で知られるのは二代目である。


おもなフィルモグラフィ
サイレント初期はクレジットが存在せず、不明な作品がある[6]。すべて出演[3]。


吉沢商店
1910年
・『女天下』 : 監督・脚本不明、共演福島清、興行島越電気館
・『サーベル』 : 監督・脚本不明、共演福島清・木村栄・藤井六輔、興行浅草・電気館
・『お目出度』 : 監督・脚本不明、共演都築操・藤井六輔、興行島越電気館


1911年
・『天風組』 : 監督・脚本不明、原作田口掬汀、共演佐藤歳三・藤沢浅二郎・本郷座合同一座、興行浅草・電気館
・『天の網』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助、興行浅草・三友館
・『仁術』 : 監督・脚本不明、興行浅草・三友館
・『生仏』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助、興行浅草・電気館
・『三すくみ』 : 監督・脚本不明、共演関根達発、興行浅草・オペラ館
・『桂小五郎』 : 監督・脚本不明、興行浅草・電気館
・『借り児』 : 監督不明、原作・脚本吉沢商店考案部、共演木下吉之助、興行浅草・電気館


日活向島撮影所
1913年
・『八重欅』 : 監督・脚本不明、共演藤沢浅二郎、興行浅草・オペラ館


山川興行部
1917年
・『春の辰巳』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・原田好太郎・桜井武夫・東猛夫、興行浅草・日本館
・『曙の歌』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・原田好太郎・桜井武夫・東猛夫・志賀靖郎、興行大阪・楽天地
・『文明の復讐』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・原田好太郎・桜井武夫・東猛夫・志賀靖郎、興行大阪・楽天地
・『かげひなた』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・国松一・原田好太郎・桜井武夫・村田高一・東猛夫・宍戸熊介・志賀靖郎、興行大阪・楽天地


天活大阪撮影所
1917年
・『美人の涙』 : 監督・脚本不明、興行浅草・日本座
・『若き女の半生』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・国松一・原田好太郎・桜井武夫、興行大阪・楽天地
・『毒草』 : 監督・脚本川口吉太郎、原作菊池幽芳、脚本、共演東猛夫・村田高一・熊谷武雄・桜井武夫・志賀靖郎・国松一、興行浅草・大勝館
・『離縁になるまで』 : 監督・脚本不明、共演原田好太郎・桜井武夫・国松一・花園薫・熊谷武雄、興行大阪・楽天地
・『封じ文』 : 監督・脚本不明、興行浅草・大勝館
・『あを嵐』 : 監督・脚本不明、原作有松暁衣、共演熊谷武雄、興行浅草・大勝館
・『絵物語』 : 監督・脚本不明、共演熊谷武雄・花園薫・国松一・村田高一・原田好太郎、興行大阪・楽天地



1. a b c d e f g 村田正雄〈初代〉、『講談社 日本人名大辞典』、講談社、コトバンク、2010年1月5日閲覧。
2. a b c d 村田正雄、『美術人名辞典』、思文閣、コトバンク、2010年1月5日閲覧。
3. a b c 村田正雄、日本映画データベース、2010年1月5日閲覧。
4. 八重欅、日本映画データベース、2010年1月5日閲覧。
5. 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年、「明石緑郎」の項。
6. 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎、中公文庫、1975年11月25日 ISBN 4122002850、p.274-279.


外部リンク
・村田正雄 - 日本映画データベース (1940年以降は村田正雄 (2代目)の出演作品)
参考


・Masao Murata - インターネット・ムービー・データベース(英語) (初代に関する情報なし。2代目と村田正雄 (映画監督)を混同した情報のみ)
・村田正雄 - キネマ旬報映画データベース (個人情報は初代のもの、作品情報は2代目と映画監督を混同したもの)
・村田正雄 - allcinema ONLINE (2代目の情報のみ)
(wikiより)


戒名 : 「芳泉院顕外精致居士」。