酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5711 三木武吉墓(台東区・谷中霊園)

三木 武吉(みき ぶきち、1884年(明治17年)8月15日 - 1956年(昭和31年)7月4日)は、日本の政治家。鳩山一郎の盟友で、自由民主党結党による保守合同を成し遂げた最大の功労者。「ヤジ将軍」「策士」「政界の大狸」などの異名を取った。


生涯
政治家になるまで
香川県高松市磨屋町に、骨董商・三木古門の長男として生まれる。名前が似ている三木武夫とは縁戚関係にはない。


高松中学(現、香川県立高松高等学校)2年の時、うどん食い逃げ事件の首謀者として退校処分となり、京都の同志社中学(現、同志社高等学校)に転じたが、乱闘事件を起こし放校される。星亨を頼り上京、星の法律事務所に書生として住み込むという日、1901年(明治34年)6月21日に星が暗殺されてしまう。


東京専門学校(現早稲田大学)に入学。学友には大山郁夫、永井柳太郎、橋戸頑鉄(信)らがいる。新宿で女遊びに明け暮れる一方、野球や法律の勉強に懸命に取り組んだ。創部当初の早稲田大学野球部にも入部してはいたものの、その腕前は非常に拙いものであったという[1]。ただ早大野球部の公式文書である部史に名前はなく、また稲門倶楽部員でもない。後に三木夫人となり、早稲田小町と呼ばれて学生から人気だった天野かね子とのなれそめもこの頃である。1904年(明治37年)、東京専門学校を卒業。早稲田大学図書館に短期採用され、写字生として働いた[2]。


翌年の1905年(明治38年)に日本銀行に入行、門司支店に配属となるが、ポーツマス条約に反対する政府弾劾演説会に飛び入り参加し、桂太郎内閣退陣を要求する演説をして服務規定違反を問われ免職となる。1907年(明治40年)、高等文官試験(司法科)に合格、東京地方裁判所司法官補に任じられるが、宮仕えは性格にあわず、7ヵ月後、弁護士となる。同年、天野かね子と結婚。


憲政会所属の政党政治家として
1913年(大正2年)、牛込区議会議員に当選。次いで衆議院議員総選挙に立候補するが、落選。1916年(大正5年)、憲政会に入党し、翌年の1917年の衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選する。


衆議院議員に当選した三木は頭角をあらわし、特に舌鋒鋭く政府を批判し、「ヤジ将軍」の名をほしいままにした。1920年(大正9年)6月29日から開会された第43議会では、原敬内閣の高橋是清大蔵大臣が海軍予算を説明中、「陸海軍共に難きを忍んで長期の計画と致し、陸軍は十年、海軍は八年の…」と言いかけるや「ダルマは九年!」と飛ばしたヤジは余りにも有名である(詳しくはエピソード参照)。また、普通選挙をめぐり床次竹二郎内務大臣と論戦を展開し、濱口雄幸の目にとまる。以後、三木は濱口に親炙することとなる。


1920年(大正9年)、帝国議会のシベリア出兵に関する調査団の一員として、1ヶ月間シベリアを視察した。この視察後、三木は、加藤高明憲政会総裁や濱口から高い評価を得ることとなる。詳しくはエピソードを参照。


1922年(大正11年)6月には、東京市会議員にも立候補し当選。東京市政浄化を主張して市政革新同盟を結成し、立憲政友会系の新交会と対決する。後に同志となる鳩山一郎は、新交会でこの時点では東京市政をめぐり政敵であった。1923年1月、当選2回、39歳の若さで憲政会幹事長に抜擢され、同年5月の総選挙で憲政会を指揮、憲政会は第一党となり、6月護憲三派(憲政会、政友会、革新倶楽部)による第一次加藤高明内閣が成立した。


三木は、かねてから親炙していた濱口が大蔵大臣に就任したことにより、濱口蔵相のもと大蔵参与官に任命される。1927年(昭和2年)には濱口を代表とする立憲民政党に参加する一方で、欧州視察に出発。こうして三木の戦前における政治生活は絶頂を迎えるが、好事魔多しの喩え通り、1928年(昭和3年)の京成電車疑獄事件に連座し、有罪判決を受け一時政界を去ることになった。


政界復帰、公職追放
1939年(昭和14年)、報知新聞社社長に就任。1942年(昭和17年)、衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)に非推薦で出馬し当選、政界に復帰。この選挙では鳩山一郎も非推薦で当選している。戦前、鳩山は政友会、三木は民政党の幹部であり、お互いに敵同士であったが、戦時中はともに軍部に抵抗する自由主義政党人として、鳩山と三木は将来の「鳩山首相、三木衆院議長」を誓い合う。同年8月には買収合併の形で報知新聞社を読売新聞に譲渡した。


終戦後、三木は日本自由党の創立に参画。1946年(昭和21年)4月、衆議院議員総選挙で自由党は第一党となり、鳩山内閣成立が現実味を帯びたものとなるが、鳩山は組閣直前に公職追放となり、内閣成立は一歩手前で頓挫。鳩山に代わって吉田茂が自由党総裁となり、吉田内閣を組閣した。


吉田は戦前、政党が軍部に恭順したことに嫌悪感を持っていたため、河野一郎幹事長や総務会長の三木ら自由党幹部に相談せず人事を決める。自由党執行部は激昂し、吉田総裁を除名すべしとの極論も出るが、三木は吉田首班を認めない場合、社会党に政権が行く可能性ありとして党内世論の沈静化に努めた。


第1次吉田内閣成立の2日後、1946年(昭和21年)5月24日に三木も公職追放を受ける。


吉田内閣打倒、鳩山内閣誕生へ
1951年(昭和26年)6月24日に公職追放令が解除されると、三木は鳩山、河野らと共に吉田打倒に動き出した。自由党に復帰するが、すでに自由党は吉田直系の「吉田学校」で固まっており、「鳩山復帰後は総裁を譲るという約束」は事実上反故にされ、鳩山、三木、河野らは新党結成を目指した。


しかし、鳩山が脳溢血で倒れ、新党結成は頓挫、三木は自由党内での反吉田闘争に路線を変更する。三木は「寝業師」としてあらん限りの智謀を傾け反吉田闘争の先頭に立つ。これに対して吉田は政治顧問、松野鶴平の助言で1952年(昭和27年)8月、抜き打ち解散を実施し、鳩山派を揺さぶった。また、広川弘禅の入れ知恵で吉田は反党的言動を理由に石橋湛山、河野一郎の両名を自由党から除名した。肝心の三木が除名されなかったのは、第1次吉田内閣成立時の三木の働きに吉田が恩義を感じており、三木の除名をしりぞけたためという。


総選挙の結果、自由党は第一党となり、第4次吉田内閣が成立する。鳩山派は党内野党ともいうべき「民主化同盟」(民同)を結成。池田勇人通商産業大臣の「中小企業の一つや二つ倒産し、自殺してもやむを得ぬ」との失言に対し野党から池田通産相不信任決議案が提出されると、鳩山民同は本会議を欠席し、不信任案を可決させ、池田は通産相を辞任した。


12月、鳩山民同は補正予算案通過を背景に吉田執行部に圧力をかける。1953年(昭和28年)、石橋、河野の自由党除名を取り消させると同時に、吉田側近の林譲治幹事長、益谷秀次総務会長を辞任させ、三木は益谷の後任の総務会長に就任する。三木は吉田体制の攪乱を謀り、吉田が後継者として緒方竹虎を念頭に置いていると吹き込み、広川を吉田側から離反させることに成功した。さらに、ことさら「広川幹事長・三木総務会長」との人事案を吉田陣営に提示し、「吉田が飲めば広川幹事長を通じて党を動かせる」「吉田が飲まなければ広川は吉田を恨み鳩山陣営に近づく」という王手飛車取りの策をみせた。結局広川幹事長は実現せず、水面下での広川の吉田からの離反は決定的となった。


2月28日、吉田首相は、西村栄一の質問に対してバカヤローと発言。三木は、右派社会党の浅沼稲次郎と秘密裏に会談し、内閣不信任決議案提出を考えていた浅沼を翻意させ内閣総理大臣の懲罰動機を提出させる。また戦前派代議士である大麻唯男、松村謙三らに三木武夫を加えこれらに根回しをして、さらに広川派30数名に本会議に欠席させ、懲罰動議を通過させた。


さらに、渋る野党を説得して内閣不信任決議案を提出させ、三木は内閣不信任決議案を取引材料に吉田と会談し、辞職を迫った。しかし吉田は会談を拒否し、鳩山民同22名は自由党を脱党。内閣不信任決議案に賛成投票する。3月14日、衆議院は賛成229票、反対218票で吉田内閣不信任決議案を可決した。さらに広川ら16名も脱党し、分派自由党を結成。


吉田は直ちに衆議院を解散した(バカヤロー解散)。選挙の結果は、自由党が23名減の199議席だが、依然第一党の地位を確保し、分派自由党は35議席にとどまった。選挙から半年後の11月に吉田・鳩山会談がもたれ、鳩山派の多くは自由党に復党。三木、河野、松田竹千代、松永東、中村梅吉、山村新治郎、池田正之輔、安藤覚の8人だけは復党を拒絶し、日本自由党を結成した。このメンバーのことを「七人の侍」をもじって8人の侍という。


1954年(昭和29年)1月、保全経済会事件が発覚。この事件はさらに造船疑獄へと発展し、自由党の佐藤栄作幹事長、池田勇人政務調査会長に疑惑が持たれる。この間、自由党、改進党、分派自由党が集まり、統一保守党結成に向け、各党代表者間で話し合いが持たれたが、決裂。三木はこの機を逃さず、改進党の大麻唯男、三木武夫、自由党の鳩山一郎、岸信介と結んで、反吉田の新党結成に乗り出す。11月に日本民主党が結成、鳩山一郎・総裁、岸信介・幹事長、三木は総務会長に就任した。


12月、吉田内閣はついに総辞職し、第1次鳩山一郎内閣が成立した。「鳩山首相、三木衆院議長」という三木の宿願の半分は達成された。だが、その後の総選挙の直後に行われた衆議院議長選挙では、日本民主党以外の党が一致して自由党の益谷秀次を統一候補として出したために、慣例では議長に就く筈の与党候補の三木は落選してしまい、宿願のもう半分は幻と消えた。


詳しい事は『三木武吉ウィキペディア』を御覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9C%A8%E6%AD%A6%E5%90%89

(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1727.html

1587 大麻唯男墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1869.html
1710 大野伴睦墓(大田区池上1-1-1・池上本門寺)


 三木武吉