酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5665 谷川徹三墓(鎌倉市山ノ内1367・東慶寺)

谷川 徹三(たにかわ てつぞう、1895年(明治28年)5月26日 - 1989年(平成元年)9月27日)は、日本の哲学者。法政大学総長などを務めた。愛知県知多郡常滑町(のち常滑市保示町)生まれ。京都帝国大学哲学科卒業。日本芸術院会員。常滑市名誉市民。


ジンメル、カントの翻訳や、文芸、美術、宗教、思想などの幅広い評論活動を行った。詩人の谷川俊太郎は長男。作曲家の谷川賢作は孫。スタイリストの谷川夢佳は曾孫。林達夫、三木清とは同期の友人。


人物・生涯
1895年5月26日、愛知県知多郡常滑町に生まれた。旧制愛知県立第五中学校(のち愛知県立瑞陵高等学校)卒業。1913年、第一高等学校(のち東京大学教養学部)に入り、在学中は真宗大谷派僧侶の近角常観が主宰していた求道学舎に寄宿する。西田幾多郎に影響され、1918年に京都帝国大学哲学科へ入学して師事する。1922年に卒業し、同志社大学講師などを経て、1928年に法政大学文学部哲学科教授となる。その後、文学部長、能楽研究所長を経て、1963年に法政大学総長に選出され、1965年まで務めた。大学で同僚だった野上豊一郎、弥生子夫妻とは深い交流が続いた。


論壇には1929年『改造』に発表した論文で登場した。『思想』の編集に関わったのち、戦時中は思想懇談会に参加し、戦後は三年会、世界連邦運動に加わる。『婦人公論』主幹、帝室博物館(現・東京国立博物館)次長、『心』編集代理委員を務めた。大正教養主義の流れに立った知識人で、旧制高校出身の学歴貴族たちに大きな影響があった。その流れで、作家阿川弘之とは志賀直哉ら白樺派関係で、平岩外四とは同郷でもあり終生交流があった。


また宮沢賢治の研究家でもあり、自ら詩も書いた。賢治については「雨ニモマケズ」を高く評価し、同作に否定的な見解を表明した中村稔の評論に批判をおこなって、中村から反論を受けた(雨ニモマケズ#「雨ニモマケズ」論争を参照)。柳宗悦とも交流があり、終生民藝運動を支えた。晩年に終生の座右の書は『論語』『正法眼蔵』『ファウスト』と述べている。


戦後短期間、博物館次長に在任中に館長の安倍能成、和辻哲郎、田中耕太郎らと昭和天皇の話し相手をしたことをたびたび述べることで、象徴天皇制を擁護している。『世界』の創立メンバーの一人でもあり、昭和天皇崩御に際しての『世界』の特集号では、ただ一人天皇を称える文章を載せている。


1960年、法政大学文学博士。「茶の美学序説 芸術としての茶の構造」。1967年、叙勲二等授瑞宝章。1987年、文化功労者。


1989年9月27日未明、虚血性心不全により自宅で死去。94歳没。前日まで職務を行っていた。叙従三位、叙勲一等授瑞宝章。弔辞は阿川弘之が読んだ。墓所は鎌倉市山ノ内の東慶寺にある。


妻・多喜子は立憲政友会の議員だった長田桃蔵の娘[1]。京都帝大時代に音楽会で出会ったことがきっかけで交際に発展し、結婚するまでの2年間に多くの恋文が交わされた[1]。多喜子は徹三より5年早く世を去ったが、没して10年後の1994年、息子の俊太郎は、多喜子が残した恋文の一部を『母の恋文』(新潮社)として出版した[1]。


著作
単著
・感傷と反省 (岩波書店、1925年)
・享受と批評 (鉄塔書院、1930年)
・生活・哲学・芸術 (岩波書店、1930年)
・思想遠近 (小山書店、1933年)
・内部と外部 (小山書店、1933年)
・文学の世界 (改造社、1934年)
 ・文学入門 (講談社学術文庫、1977年)
・展望 (三笠書房、1935年)
・文学の周囲 (岩波書店、1936年)
・日本人のこころ (岩波書店、1938年、講談社学術文庫、1977年)
・東洋と西洋 (岩波書店、1940年)
・私は思ふ (中央公論社、1940年)
・支那知識人の動向 (東亜研究所、1940年)
・哲学的文学 (三笠書房、1941年)
・心の世界 (創元社、1942年)
・東洋と西洋 続 (近藤書店、1942年)
・芸術小論集 (生活社、1943年)
・茶の美学 (生活社、1945年)
・雨ニモマケズ (生活社、1945年、講談社学術文庫、1979年)
・読書について (生活社、1946年)
・考えるということ (生活社、1946年)
・文化論 (金文堂出版部、1947年)
・知識人の立場 (文化書院、1947年)
・文芸小論集 (有恒社、1947年)
・生の哲学 (角川書店、1947年)
・谷川徹三選集 第1-3巻 (斎藤書店、1946年-1947年)
・芸術覚書 (有恒社、1949年)
・戦争と平和 (雲井書店、1949年)
・ヒューマニズム (細川書店、1949年)
・第四次元の芸術 宮沢賢治第三論 (弘文堂(アテネ文庫)、1950年)
・宮沢賢治 (要書房、1951年)
・芸術のみかた (磯部書房、1951年)
・読書ノート (三笠書房、1951年)
・平和の哲学 世界連邦政府運動のために (社会思想研究会出版部(現代教育文庫)、1953年)
 ・世界連邦の構想 (講談社学術文庫、1977年)
・東と西との間の日本 平和共存への道 (岩波新書、1958年)
・山と漂泊 (朋文堂、1958年)
・調和の感覚 (中央公論社、1958年)
・現代知性全集15 谷川徹三集 (日本書房、1958年)
 ・日本人の知性2 谷川徹三 (学術出版会、2010年)
・宮沢賢治の世界 (法政大学出版局、1963年)
・人・文化・宗教 (日本経済新聞社、1964年)
・哲学と文学への三つの案内 (日本経済新聞社(日経新書)、1964年)
・芸術の運命 (岩波書店、1964年)
・現代人生論全集4 谷川徹三集 (雪華社、1966年)
 ・私の人生論4 谷川徹三 (日本ブックエース、2010年)
・人間の生き方 (講談社現代新書、1971年)
・縄文的原型と弥生的原型 (岩波書店、1971年)
・人間であること 現代日本のエッセイ (毎日新聞社、1972年)
・自由人の立場 (平凡社、1975年)
・こころと形 (岩波書店、1975年)
・哲学案内 (講談社学術文庫、1977年)
・黄塵居清賞 私の眼とこころ (小学館、1986年)
・生涯一書生 (岩波書店、1988年)
・自伝抄 (中央公論社、1989年、中公文庫 1992年)
・芸術における東洋と西洋 (岩波書店、1990年)
・日本の相撲 (ベースボール・マガジン社、1995年)
・愛ある眼 父・谷川徹三が遺した美のかたち (谷川俊太郎編、淡交社、2001年)


主な編著
・読本現代日本文学 志賀直哉読本 (三笠書房、1936年)
・志賀直哉の作品 (三笠書房、1942年)
・回想の三木清 (東畑精一共編、文化書院、1948年)
・哲学とは何か (瀬川行有共著、法政大学出版局、1953年)
・東洋と西洋(毎日ライブラリー、毎日新聞社、1957年)
・宇宙と心の世界 (対談湯川秀樹 読売新聞社、1969年)
・日本人にとっての東洋と西洋 (福田定良共著、法政大学出版局、1981年)
・回想小林勇 (井上靖共編、筑摩書房、1983年)
・九十にして惑う 対談集 (竹井出版、1986年) 湯川秀樹・田中美知太郎らとの対談
・母の恋文 谷川徹三・多喜子の手紙 大正十年八月〜大正十二年七月 (谷川俊太郎編、新潮社 1994年、新潮文庫、1997年)


翻訳
・カントとゲエテ ジムメル (大村書店、1922年、新版が岩波文庫)
・ゲーテ全集 芸術論集 (大村書店、1927年)
・西洋哲学史 (シェヴェーグラー 松村一人共訳、岩波文庫(上下)、1949年)


脚注
1. a b c Who's Who - 同志社女子大学ウェブサイト


関連項目
・常滑市立図書館 - 谷川徹三から寄贈された資料による谷川徹三文庫が設置されている


外部リンク
・谷川徹三からラッセルへの手紙、その他
・宮沢賢治詩碑(書を書いている)
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1461.html

1347 志賀直哉墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


 谷川徹三