酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5572 箕作佳吉墓(台東区・谷中霊園)

箕作 佳吉(みつくり かきち、安政4年12月1日(1858年1月15日)- 明治42年(1909年)9月16日)は明治時代の日本の動物学者。理学博士。


略歴
津山藩医・箕作秋坪の三男。菊池大麓は兄、箕作元八は弟。江戸津山藩邸で生まれ、1870年(明治3年)慶應義塾に入学、1872年(明治5年)大学南校に学んだのち1873年(明治6年)に渡米。ハートフォード中学からレンセラー工科大学で土木工学を学び、のちイェール大学、ジョンズ・ホプキンス大学に転じ動物学を学ぶ。その後英国・ケンブリッジ大学に留学。


帰国後東京帝国大学理科大学で日本人として最初の動物学の教授となり、1888年(明治21年)理学博士、その後東京帝国大学理科大学長を務めた。ほか、1883年(明治16年)5月から母校・慶應義塾にて後藤牧太、中村貞吉、印東玄得らと共に理学講習会を教授した。動物分類学、動物発生学を専攻。カキ養殖や真珠養殖に助言するなど水産事業にも貢献した。


1907年(明治40年)頃より腎臓炎・脳溢血を患って静養していたが、次第に悪化して精神障害も発症した後、1909年(明治42年)に死去した[1]。


業績
・「真珠王」こと御木本幸吉に対して真珠の養殖が学理的に可能であると助言した。
・日本動物学会を結成した。
・三崎臨海実験所を設立した。


献名された生物
箕作佳吉は日本の動物学の草創期の指導者であったため、佳吉に献名された和名や学名を持つ生物がいくつか知られる。


学名に献名された生物
 Coeloplana mitsukurii Abbott (クラゲムシの一種)
 Mitsukurina owstoni(ミツクリザメ属)


和名に献名された生物
 ミツクリエビ
 ミツクリザメ
 ミツクリエナガチョウチンアンコウ


一族
・箕作秋坪の三男で、母つねは箕作阮甫の三女。数学者・菊池大麓の弟にあたり、歴史家・箕作元八の兄でもある。異母妹・直子は人類学者・坪井正五郎に嫁いだ。法学者・箕作麟祥と統計学者・呉文聰は従兄、医学者・呉秀三は従弟。


・安夫人(五島孝継の娘)との間に5男2女をもうけたが[2]、うち長男・阮一、三男・順三、長女・秋子、四男・矩雄の3男1女は夭折し[2]、成人したのは次男・良次(元日本郵船勤務)、五男・新六(理学博士、元東北大学教授、妻は穂積八束の三女)、次女・花子(吉阪俊蔵夫人)の3人だけである[2]。


・建築家・吉阪隆正は俊蔵・花子夫妻の長男であり、従って佳吉の孫にあたる。


栄典
・1883年(明治16年)2月16日 - 正七位
・1886年(明治19年)7月8日 - 従六位
・1892年(明治25年)2月29日 - 正五位
・1894年(明治27年)12月26日 - 勲六等瑞宝章[3]
・1896年(明治29年)7月10日 - 従五位
・1897年(明治30年)10月30日 - 正五位[4]
・1899年(明治32年)6月24日 - 勲五等双光旭日章
・1900年(明治33年)12月20日 - 勲四等瑞宝章[5]
・1901年(明治34年)3月20日 - 従四位
・1902年(明治35年)12月27日 - 勲三等瑞宝章
・1906年(明治39年)4月1日 - 勲二等瑞宝章
・1906年(明治39年)5月11日 - 正四位
・1909年(明治42年)9月17日 - 従三位、旭日重光章[6]


著作
・「博物学」(大隈重信撰、副島八十六編修 『開国五十年史 上巻』 開国五十年史発行所、1907年12月)
 ・大隈重信撰、副島八十六編修 『開国五十年史 上巻』 原書房〈明治百年史叢書〉、1970年11月


著書
・『通俗 動物新論』 敬業社、1895年5月
・『普通教育 動物学教科書』 開成館〈新世紀教科叢書〉、1900年11月
 ・『普通教育 動物学教科書』 開成館、1902年2月修正再版
・『普通教育 動物学教科書註釈』 開成館、1901年2月
脚注[編集]
1. 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)290-291頁
2. a b c 『動物学者 箕作佳吉とその時代』、355頁。
3. 『官報』第3451号「叙任及辞令」1894年12月27日。
4. 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
5. 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
6. 『官報』第7872号、1909年9月18日、315頁。


参考文献
・「休職東京帝国大学理科大学教授正四位勲二等理学博士箕作佳吉ヘ旭日重光章加授ノ件」(国立公文書館所蔵 「叙勲裁可書・明治四十二年・叙勲巻二」) - アジア歴史資料センター Ref.A10112672800


・玉木存著『動物学者 箕作佳吉とその時代』三一書房、1998年(平成10年)10月15日第1版第1刷発行、ISBN 4-380-98314-5


関連文献
・『動物学雑誌』第22巻第256号(箕作博士記念号)、東京動物学会、1910年2月
・「箕作佳吉 : 新しい動物学と実験場の導入」(上野益三著 『日本動物学史』 八坂書房、1987年1月、ISBN 9784896945690)
 ・上野益三著 『博物学者列伝』 八坂書房、1991年12月、ISBN 4896946146
・磯野直秀 「箕作佳吉と本邦動物学(1)」(『慶應義塾大学日吉紀要』自然科学No.4、1988年3月、NAID 40004620057)
・磯野直秀著 『三崎臨海実験所を去来した人たち : 日本における動物学の誕生』 学会出版センター、1988年8月、ISBN 4762215570
・磯野直秀 「箕作佳吉 : 日本動物学の父」(木原均ほか監修 『近代日本生物学者小伝』 平河出版社、1988年12月、ISBN 4892031402)
・溝口元 「動物学者箕作佳吉、谷津直秀の滞米在学記録について」(『生物学史研究』No.64、日本科学史学会生物学史分科会、1999年10月、NAID 40002071530)


関連項目
・明六社
・箕作家


外部リンク
・谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー 箕作佳吉 箕作新六
・箕作阮甫とその子孫
・箕作家関係の系図
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/556.html
541 菊池大麓墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/569.html
554 箕作秋坪墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/770.html
708 石川千代松墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2048.html
1873 御木本幸吉墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6422.html

5573 箕作新六墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6423.html
5574 箕作奎吾墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6424.html

5575 箕作元八墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6425.html
5576 箕作秋吉墓(台東区・谷中霊園)


 箕作佳吉