酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6651 松岡時敏墓(台東区・谷中霊園)

松岡 時敏(まつおか ときとし、1815年2月4日(文化11年12月26日)- 1877年(明治10年)11月6日[1][2])は、幕末から明治期の土佐藩士、法制学者、文部官僚。元老院議官。初名・敏[3]。字・欲訥[4]。号・毅軒、毅堂[4]。通称・七助[4]。


経歴
土佐国高岡郡日下村(現日高村)で、土佐藩郷士・松岡甚吾の長男として生まれる[1][3]。その後、高知城下北奉公人町に転居[1]。江戸に遊学し安積艮斎の指導を受ける[1][4]。安政に入り吉田東洋に用いられ山内容堂の侍読となり、藩の法典『海南政典』と土佐藩史の編纂に従事し、『藩志内篇』を執筆した[1][4]。


明治維新後、新政府に出仕し明治元年11月2日(1868年12月15日)御雇・学校取調御用掛に就任[5]。以後、昌平学校掛、同校頭取心得、学校権判事、学校判事、大学大丞、大史・制度取調専務、文部権大丞兼文部中教授、文部大丞などを歴任し[5]、学校制度の整備を担当[4]。明治5年4月30日(1872年6月5日)左院に転じ中議官に就任。その後、二等議官となり、制度御用掛、職制章程等取調、国憲編纂掛、地方官会議御用掛を務めた[5]。


1875年4月14日、左院が廃止され、同月25日に代って設置された元老院の議官に就任[5]。1877年11月に病のため在任中に死去した[5]。


著作
・松岡敏 「南海史略」(平尾道雄ほか編集委員 『皆山集 2 宗教(2) 歴史(1)篇』 高知県立図書館、1975年)
 ・高知県立図書館編 『土佐国群書類従 4 伝記部』 高知県立図書館〈土佐国史料集成〉、2001年12月
・松岡時敏著 『学古賸議』 梅巌堂、1875年11月(2冊)
・森春濤纂 『新文詩別集 上野博覧会雑詠』 茉莉巷凹処、1877年12月


脚注
1. a b c d e 『三百藩家臣人名事典 6』 546頁。
2. 『明治維新人名辞典』 913頁では「11月5日」。
3. a b 『明治過去帳』新訂初版、111頁。
4. a b c d e f 『明治維新人名辞典』 913-914頁。
5. a b c d e 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』381-384頁。


参考文献
・大植四郎編 『明治過去帳』 東京美術、1971年新訂初版(1935年原著私家版)。
・日本歴史学会編 『明治維新人名辞典』 吉川弘文館、1981年。ISBN 4642031146
・家臣人名事典編纂委員会編 『三百藩家臣人名事典 6』 新人物往来社、1989年。
・我部政男、広瀬順晧編 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』 柏書房、1995年。ISBN 4760111662
・『高知県人名事典 新版』編集委員会編 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社、1999年。ISBN 4875032854
・伊藤隆、季武嘉也編 『近現代日本人物史料情報辞典 3』 吉川弘文館、2007年。ISBN 978464201447


関連文献
・細川潤次郎 「故議官松岡君墓誌」(前掲 『新文詩別集 上野博覧会雑詠』)
 ・亀山聿三編 『近代先哲碑文集 第卅五』 夢硯堂、1973年10月
・「松岡毅軒」(寺石正路著 『南学史』 冨山房、1934年5月)


外部リンク[ソースを編集]
・東京大学史料編纂所 所蔵史料目録データベース - 「松岡時敏関係文書」の目録が閲覧できる。
・憲政資料目録 - 国立国会図書館。「松岡時敏文書」(憲政史編纂会収集文書所収左院・元老院国憲案中)の目録が閲覧できる。
・渡辺刀水旧蔵諸家書簡文庫目録 - 東京都立中央図書館。松岡書簡・松岡宛書簡が多数含まれる。
・谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー 松岡時敏
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/374.html
360 山内容堂墓(品川区東大井4-8)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/733.html
688 吉田東洋墓(高知市塩屋崎町2周辺)