酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6645 春木義彰墓(台東区・谷中霊園)

春木 義彰(はるき よしあき、弘化3年1月1日(1846年1月27日) - 明治37年(1904年)12月17日[1])は、日本の司法官僚。検事総長、貴族院勅選議員。


経歴
大和国平群郡法隆寺村(現在の斑鳩町)出身。伴林光平の弟子で、師が天誅組の変に加わって処刑されると、その遺志を継ぎ、1865年(慶応元年)に京都に入って志士と交わった。1867年(慶応3年)、鷲尾隆聚が倒幕の密勅を奉じて高野山で挙兵すると、大坂で軍費調達にあたった。翌年、鳥羽・伏見の戦いが起きると、高野山に駆けつけ、錦旗奉行・兵糧奉行に任じられた。その後、奥羽追討総督となった鷲尾に従い、白河口軍務応接係・書記として各地を転戦した。1869年(明治2年)、兵部省の命を受け、脱走が相次いでいた十津川郷士の鎮撫にあたった。


五条県や奈良県の地方官を経て、1873年(明治6年)からは司法官に転じた。累進して、1892年(明治25年)に検事総長に就任した[2]。1898年(明治31年)に東京控訴院長に転じ、1903年(明治36年)に休職を命じられた。


翌年、貴族院議員に勅選された[3]が、程なくして死去した。


栄典
・1886年(明治19年)7月8日 - 従五位[4]
・1889年(明治22年)11月29日 - 大日本帝国憲法発布記念章[5]
・1895年(明治28年)3月12日 - 木杯一個[6]
・1901年(明治34年)6月27日 - 勲二等瑞宝章[7]
・1904年(明治37年)
 ・9月15日 - 正三位[8]
 ・12月17日 - 従二位[9]・旭日重光章[10]


脚注
1. 『官報』第6443号、明治37年12月20日
2. 『官報』第2747号、明治25年8月23日
3. 『官報』第6345号、明治37年8月23日
4. 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
5. 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
6. 『官報』第3555号「彙報 - 褒賞」1895年5月9日。
7. 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
8. 『官報』第6366号「叙任及辞令」1904年9月16日。
9. 『官報』第6443号「叙任及辞令」1904年12月20日。
10. 『帝国議会会議録』「第21回帝国議会・貴族院・議員の異動」。


参考文献
・『大和人物志』 奈良県庁、1909年。
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3272.html
3048 横田国臣墓(台東区・谷中霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/4066.html
3750 松岡康毅墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/6389.html

6646 春木一郎墓(台東区・谷中霊園)


 春木義彰