酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

6399 伊藤幹一墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)

伊藤幹一 ( いとう - かんいち )
弘化元年 11月 ~ 大正 11年 5月 28日 ( 1844 - 1922 )


学習院創立に功績・東京株式取引所常任理事。


父、幕臣伊藤幸之助 ( 長男 )。東京出身。


維新の動乱に際し脱走の徒に加わり官軍と戦うが敗れて静岡に帰る。


明治 4年 ( 1871 ) 東京府に出仕。


明治 5年 ( 1872 ) 学制の制定に従い、東京師範学校・学習院の設立に功績を挙げる。


明治 11年 ( 1878 ) 教育界を去り、東京株式取引所書記官、のち常任理事。


日本陶料・日韓瓦斯電機・東京瓦斯・東京湾汽船・石狩石炭・二十七銀行・日本昼夜貯蓄銀行・旭日生命保険各監査役。東京株式取引所相談役。


明治 22年 ( 1889 ) 鵠沼海岸別荘地開発に関与。


明治 29年 ( 1896 ) 東京市会議員 ( 小石川区 )。


 学習院:起源は、弘化 4年 ( 1847 ) とくに教育機関がなかった公家 ( くげ ) のための学習所として京都御所内に設立された「学習院」( 1867閉鎖 ) にまで遡る。


現在の学習院の直接的な起源は、華族有志が結成・創設した華族会館によって明治 10年 ( 1877 ) に東京・神田錦 ( かんだにしき ) 町に設立された華族学校であり、明治天皇の勅諭により「学習院」と名づけられた。


戒名 : 「本覚院殿一如徳高居士」。