酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"


記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5309 加藤貞興墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)

加藤貞興 ( かとう - さだおき )
天保 13年 ~ 明治 23年 9月 30日 ( 1842 - 1890 )


明治期の自由党員。慷慨の士。


自由党には、いつごろから参画したのか不明だが、自由民権運動に参加し、河野広中らと共に福島事件・高田事件・加波山事件・秩父事件などのいずれかに関わりをもっていたものと思われる。49歳没。


 自由党:明治 13年 ( 1880 ) に板垣退助・河野広中 ( 1849 - 1923 ) らが結成した日本最初の近代政党。


初代総理 ( 党首 ) は板垣退助、副総理に中島信行、常議員に馬場辰猪・末広重恭・後藤象二郎・竹内綱、幹事に林包明・山際七司・内藤魯一・大石正巳・林正明が就任。


明治 18年 ( 1885 ) に急進派の行動を抑えきることができず、解散した。


 慷慨:世間の悪しき風潮や社会の不正などを、怒り嘆くこと。


河野広中書の碑があり、「君慷慨の士夙加自由党尽瘁国事抵死不淪其志偉矣天保十三年生明治廿三年九月三十日卒樹此碑者自由党政友也 河野広中撰書」とある。


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/327.html

314 加波山事件墓(台東区・谷中霊園)