酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5274 藤沢親雄墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)

藤沢 親雄(ふじさわ ちかお、1893年9月18日 - 1962年7月23日)は、日本の国家主義者。


経歴
藤沢利喜太郎の子として東京に生まれる。1917年東京帝国大学法学部卒、農商務省入省。19年ジュネーヴの国際連盟会議に出席、連盟事務局員。文部省在外研究員としてベルリン大学に学び、23年哲学博士。帰国後東大講師、25年九州帝国大学法文学部教授。
31年辞職、北京大学に勤務。34年国民精神文化研究所嘱託。35年大東文化協会理事、大東文化学院教授。38年日独同志会思想部長としてドイツに行く。42年大政翼賛会東亜局長。43年国民精神文化研究所辞任。陸軍省の委嘱により北京燕京大学に赴任。戦後公職追放。55年日本大学教授。58年日本文化連合会結成。61年国士舘大学教授。


著書
・外交史講義-近世帝国主義概論 第1冊 九州帝大法文学部 1928
・共産主義排撃の根拠 国際主義と「日本」の新しき解釈 タイムス出版社 1929
・日本の思想的独立へ 先進社 1932
・皇道政治学概論 大東文化協会 1933
・西欧近代思想と日本国体 日本文化協会、1934 
・近代政治思想と皇道 青年教育普及会 1935
・自由主義の批判 国民精神文化研究所、1935
・政治指導原理としての皇道 国民精神文化研究所 1935 (国民精神文化研究
・国際思想と国家観念に就いて 日本外交協会 1935
・皇道に依る自由主義批判 海軍省教育局 1935 (思想研究資料)
・帝国憲法に就て 日本文化協会出版部 1936
・世界の動きと日本 国民精神文化研究所、1937
・日本民族の政治哲学 巌松堂 1937
・日本国家学 大串兎代夫共著 高陽書院、1937 
・防共協定の強化と國民精神總動員 防共協定記念會 1937.11
・新民主義の哲理的基礎 日本外交協会 1938
・大陸経綸の指導原理 第一出版社 1938 
・日本人間学 第一出版社 1938 
・日本学の理念 作品社 1939 (作品文庫)
・日本政治学の基礎理念 国民精神文化研究所 1939
・日本を中心とする国際思想の動向 金光教典籍出版部 1939 (時局叢書)
・全体主義と皇道 東洋図書 1940
・伊太利の立場と日本 伊太利大使館情報部 1941
・皇道世界経綸の理念 甲子社書房 1941
・我が国体と世界新秩序 日本放送出版協会 1941 (ラジオ新書
・戦時下のナチス独逸 アルス 1941 (ナチス叢書)
・日本的思惟の諸問題 人文書院 1941
・日満関係に於ける皇道の顕現 皇道世界政治研究所 1942 
・世紀の預言 偕成社 1942.3
・日満華一体化論 東亜新秩序研究会 1943
・国家と青年 潮文閣 1943 (青年文化全集)
・神国日本の使命 巌松堂 1943
・日本国家学原理 三省堂出版 1944
・東洋政治哲学と新しき世界平和原理 新生社 1957
・日本民族共同体の自覚的再建 神道指令と現行憲法との関連性について 日本文化連合会事務局 1959
・神道アッピールの旅 北南米知識層の反響 神社本庁 1959序
・創造的日本学 藤沢親雄遺稿 附諸家追悼・随想録 小見山登編 日本文化連合会 1964
復刊
・日本的思惟の諸問題 大空社 1997.1 (叢書日本人論)


翻訳
・ファッシズムの理念と日伊の政治的提携 Mirko Ardemagni ストラミジヨーリ 1940.7


参考
 ・国民精神文化研究所における危機の学問的要請と応答の試み 藤澤親雄・大串兎代夫・作田荘一・河村只雄
今井隆太「ソシオサイエンス」2001-03
 ・『愛国心について』
(wikiより)


関連情報


5273 藤沢利喜太郎墓(台東区谷中1丁目・谷中霊園)