酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

5056 北村季晴墓(台東区谷中4-2-5・瑞輪寺)

北村 季晴(きたむら すえはる、1872年5月22日(明治5年4月16日) - 1931年(昭和6年)6月17日)は、明治・大正期日本の作曲家、作詞家、演出家。東京府銀座出身。


経歴
明治5年4月16日(西暦1872年5月22日)[1]、東京府銀座(東京市京橋区を経て現在の東京都中央区)に漢学者で14代将軍・徳川家茂の侍講を務めた北村季林・鉞夫妻の一子として生まれた。江戸時代前期の国文学者・北村季吟は7代前の先祖で、季晴は季吟から見て仍孫(じょうそん)に当たる[2]。


父と親交のあったジェームス・カーティス・ヘボンが開校した明治学院に入学し、同級生となった島崎藤村と親交を結ぶが季晴に音楽の才能を見出したヘボンの薦めもあり学院を中退。東京音楽学校師範部へ進み、田中正平に師事する[1]。卒業後は父の季林が経営していた私塾の向南学校を手伝っていたが、同校は1895年(明治28年)に季林の急逝を受けて閉校した。東京音楽学校の後輩に誘われて青森県師範学校の音楽教諭となった後に長野県師範学校(信州大学教育学部の前身)の教諭を務めていた依田弁之助の誘いを受けて同校へ赴任し、1900年(明治33年)に浅井洌が作詞した地理唱歌「信濃の国」に曲を付ける。季晴が付けた曲は2年前に依田が作曲したものに代わって好評を博し、1968年(昭和43年)の正式な県歌としての制定を経て現在に至るまで長野県全域で愛唱され続けている。


1901年(明治34年)に長野県師範学校を退任し、三越呉服店音楽部主任となった。季晴の作詞・作曲・演出で1905年(明治38年)に歌舞伎座で弥生狂言の中幕として演じられた『露営の夢』は、日本人の手になるものとしては最初の本格的な歌劇とされている[2]。1909年(明治42年)に独立して北村音楽協会を立ち上げるが[1]、同時期に母校の東京音楽学校から邦楽調査掛員に任命され邦楽の採譜を精力的に行った[2]。1912年(明治45年)、歌舞伎座で自ら作詞・作曲・演出を手掛けた歌劇『ドンブラコ』を妻の初子と演じる。この『ドンブラコ』は、1914年(大正3年)に発足した宝塚少女歌劇の第1回演目となった[2]。1927年(昭和2年)、北村児童歌劇協会を設立。


1931年(昭和6年)6月17日没。享年60歳(満59歳没)。墓所は東京都台東区谷中の瑞輪寺境内。


作品
特に注記がない場合は本人が作詞も行っている。


唱歌
・離れ小島
・梅散る里
・故郷の夢
・信濃の国(作詞:浅井洌)
・汽車の旅(作詞:吉丸一昌)
・周東の地(作詞:瀬尾武次郎)
・鈴虫の鈴(作詞:野口雨情)
・ワシントン(作詞者不詳)
・魔風恋風の歌(作詞者不詳)
・福井県立小浜水産高等学校校歌(作詞:沼波武夫)


歌劇
・須磨の曲
・露営の夢
・ドンブラコ


参考文献
・市川健夫、小林英一『県歌 信濃の国』(信毎選書、2014年) ISBN 978-4-7840-7230-9


出典
1. a b c 北村季晴(コトバンク・デジタル版 日本人名大辞典+Plus)
2. a b c d 市川・小林(2014), pp25-28
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/230.html
226 島崎藤村居住の地跡(文京区本郷6-14付近)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1860.html
1702 七代目・松本幸四郎墓(大田区池上1-1-1・池上本門寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5453.html

4959 北村季吟墓(台東区池之端2-4-22・正慶寺)


 北村季晴