酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

酔鯨亭(南はりまや町1-17-25)

過去記事になります。



高知上陸 1日目の夕食は、『酔鯨亭』さん 


 この御店は『予約必須』らしいので東京出発 1週間前に事前予約しておりました。


酔鯨亭ホームページ
http://www.suigeitei.co.jp/


が・・・、予約していたのに、席が無い・・・


30分ほど待たされ、ようやく席へと案内していただきました。
良い感じの御店です 


 地元の人 8、観光客 2の割合でした。


前日に、よさこい祭りが終わったせいか 店内も、ちょっとテンション高めな御客様がいました。( はじめは喧嘩してるのかと思いました )


40代後半と思しき男女 5人組 ( 女性 3人、男性 2人 ) が物凄い勢いで飲んでいたと思ったら突然、放屁しだします。( このグループ )


ちょっとなー思い、チラ見すると グループのオッサンが小生を見て『微笑んでました(寒)』 


その後、しじみ汁 2杯を溢してました(驚)


小一時間ほどで、このグループ酔いつぶれていました。( まだ 7時 30分頃 )いやー豪快です。


で、御料理ですが 


そうそう御酒は「ダバダ火振り(栗焼酎)」


 お通し ( 大根、じゃこ、かつおぶしの酢の物 )


 鯨の竜田揚げ


 手長エビの唐揚


 かつおの塩タタキ


 のれそれ (アナゴの稚魚 )


 はちきん地鶏ギョーザ


 ツナ (ラー油をかけて餃子に乗せて食べるそうです。)


土佐料理は、初めてでしたが満喫できました。


さて宿に戻って、飲みましょう (笑)