酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

4752 三浦環墓(台東区上野桜木1-16-15・寛永寺)

三浦 環(みうら たまき、1884年(明治17年)2月22日 - 1946年(昭和21年)5月26日)は、日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。十八番であった、プッチーニの『蝶々夫人』の「蝶々さん」と重ね合わされて、国際的に有名だった。元の名は柴田環(しばた たまき)、次いで藤井環(ふじい たまき)といった。


生涯
生い立ち
1884年(明治17年)2月22日、東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区内の京橋地域)に生まれる[1][2][注 1]。静岡県城東郡下朝比奈村(現・御前崎市)出身で公証人の柴田孟甫(本名・熊太郎)を父に、同県城東郡小沢村(現・菊川市)出身の永田登波を母にそれぞれ持ち[2][4]、3歳の頃から日本舞踊を、6歳の頃から長唄と箏を各々習い始める[5]。


その後、虎ノ門の東京女学館に入学[1][5]。そこで東京音楽学校(現・東京音楽大学音楽学部)出身の音楽教師・杉浦チカから音楽家になることを強くすすめられ、1900年(明治33年)に東京音楽学校に入学。ピアノを瀧廉太郎に、声楽を幸田延にそれぞれ師事、更にはヴァイオリンもアウグスト・ユンケルについて学ぶようになる[5][注 2]。


日本人初のオペラ
1903年(明治36年)7月23日、奏楽堂に於いて催された日本人の手による初めてのオペラ公演に出演し、成功を収める[6][5][注 3]。1904年(明治37年)に卒業後、奨学金を得て研究科に入ると同時に「授業補助」の辞令を受けて声楽を教えるようになる[7]。その後、助教授となる。この間に山田耕筰らを指導した[8]。1911年に帝国劇場に所属して、1912年3月レコード初吹き込みを行い、プリマドンナとして活躍を続ける。


欧米各国での活躍
1913年に柴田家の養子で医師の三浦政太郎と結婚した後、夫とともに1914年にドイツに留学する。しかし第一次世界大戦の戦火を逃れてイギリスに移動。


1915年のイギリス・デビューの成功を受けて1916年に渡米し、ボストンで初めて蝶々さんを演じる。好意的な批評によって、その後『蝶々夫人』やマスカーニの『あやめ』をニューヨークやサンフランシスコ、シカゴで演ずることができた(三浦環はメトロポリタン歌劇場に迎えられた最初の日本人歌手である[6])。その後ヨーロッパに戻りロンドンでビーチャム歌劇団と共演した。1918年にアメリカ合衆国に戻り、『蝶々夫人』とメサジェの『お菊さん』を上演するが、後者は「蝶々さん」の焼き直しに過ぎないとして不評であった。1920年にモンテカルロ、バルセロナ、フィレンツェ、ローマ、ミラノ、ナポリの歌劇場に客演する。1922年に帰国すると長崎に留まり、『蝶々夫人』とゆかりの土地を訪ね歩き、演奏会を開いた。またレコードも大ヒットし、同年11月時点で東京市だけで8万枚を売り上げた[9]。


1924年に再び渡米し、サン・カルロ・オペラ団に出演する。1925年にシカゴに行き、アルド・フランケッティから献呈された『浪子さん』を初演する。その後はイタリアで歌手活動を続け、1935年にはシチリア島のパレルモで『蝶々夫人』出演2000回の記録を達成した[2]。


永住帰国
パレルモで『蝶々夫人』自身出演2000回目を達成した環は、これを機に永住帰国を決断、1935年11月に帰国[2][10]。


翌1936年の6月26・27両日、東京の歌舞伎座に於いて開かれた原語(イタリア語)による『蝶々夫人』公演に自身2001回目の出演を果たした[11][注 4]。以後、日本国内に於いてオペラへの出演やリサイタル開催、レコーディングなどを重ねていった[10]。ことに『蝶々夫人』に関しては、自身による日本語訳歌詞にて上演したりもした[13][注 5]。


しかし、太平洋戦争(第二次世界大戦)の激化から1944年3月に山梨県の山中湖(当時「中野村」→現在の山中湖村)に疎開[10]。その疎開先では、同じく疎開した母親の登波を看病する傍ら、ピアノも疎開先に持ち込み、地元民と気さくに交流したり、同じく疎開してきた多くの文化人らとの語らいを楽しんだりしていた[15]。また、子供好きの性分から、近所の子供達に歌を教えたりしていたともいわれている[16]。


終戦そして人生の終焉
太平洋戦争の終戦から4ヶ月弱経った1945年12月1・7両日、日比谷公会堂に於いてシューベルト作曲『冬の旅』全24曲のリサイタルを計4回開いた。この一連の公演では自身が疎開中に翻訳した日本語歌詞が用いられている[10]。


1946年に入ると目に見えて衰弱し始め、3月には大東学園病院に入院、膀胱癌のため一人では歩けない身体となっていた[10][17][5]。


それでも同年3月21日に日比谷公会堂でシューベルトの歌曲集『美しき水車小屋の娘』全20曲のリサイタルを開いたほか[10][17][5][注 6]、翌4月にはNHKからの依頼を受けて計3回の録音を行った《4月5・9・16各日》[注 7]。


NHKに於ける3回目の録音から9日経過した1946年4月25日、大東学園病院から東京帝国大学(現・東京大学)付属病院に転院[18]。手術の可能性を探りたいという医師側の意向からレントゲン検査を受けていた[17][5]。しかし、翌5月22日には危篤状態に陥り、その4日後の5月26日午前5時20分に息を引き取った。なお、死の2日前(5月24日)には、昏睡状態の中、ドビュッシーの『バルコン(露台)』〔歌曲集『シャルル・ボードレールの5つの詩』から第1曲〕を口ずさんでいたという[18][17][5]。


環の死去を受けて、死後2日経過した1946年5月28日に最初の入院先だった病院の母体である大東学園の講堂に於いて告別式が営まれた他、翌6月7日には日比谷公会堂に於いて音楽葬が盛大に営まれ、かつて世界三大『蝶々夫人』歌手の一人として知られたジェラルディン・ファラーや、環との共演者の一人であるテノール歌手のジョヴァンニ・マルティネッリ等から追悼メッセージが寄せられた[17][5]。


亡骸は、生前残した「富士山の見える湖畔で母とともに眠りたい」という遺言に基づき[15]、前年(1945年)に亡くなった母・登波と共に、山中湖東岸に程近い平野部に所在する寿徳寺に葬られている。その裏手に建立された墓碑には「うたひめはつよき愛国心持たざれば 真の芸術家とはなり得まじ」と実筆の詩が刻まれている[19][20]。


詳しい事は、『三浦 環ウィキペディア』を御覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%92%B0
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/638.html
604 石井漠「山を登る」記念碑(浅草寺・新奥山)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1289.html
1190 ラファエル・フォン・ケーベル墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3374.html
3138 三浦 環の像(長崎県長崎市南山手町8-1)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3375.html
3139 ジャコモ・プッチーニ肖像(長崎県長崎市南山手町8-1)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5235.html
4751 小林伸江墓(台東区上野桜木1-16-15・寛永寺)


 三浦 環