酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

4745 松尾國三墓(台東区上野桜木1-16-15・寛永寺)

松尾 國三(まつお くにぞう、明治32年(1899年)6月8日 - 昭和59年(1984年)1月1日)は佐賀県伊万里市出身の、日本の歌舞伎役者・実業家・芸能プロモーター。旅役者から立身出世して興行界やレジャー産業で幅広く活躍、「昭和の興行師」、「芸能界の黒い太陽」の異名をもつ。


略歴
・1899年 - 誕生。
・1908年 - 旅芸人の一座に入る。
・1914年 - 興行師として旗揚げ。
・1920年 - 満州、朝鮮で歌舞伎公演。
・1926年 - 米国、カナダで歌舞伎公演。
・1931年 - 富士興行合資会社代表社員となる。
・1934年 - 新宿歌舞伎座(四谷四丁目。近隣の角筈にあった「新歌舞伎座」とは別の劇場)を経営。
・1948年 - 富士興業合資会社・雅叙園観光(現:東北雅叙園)株式会社社長就任。雅叙園観光ホテル開業。
・1953年 - 大博劇場株式会社社長・富士興業株式会社社長就任。
・1954年 - 千土地興行株式会社(後の日本ドリーム観光株式会社)代表取締役就任。
・1955年 - 中国で二代目市川猿之助一座の歌舞伎公演。
・1957年 - 財団法人松尾育英会設立。
・1958年 - 大阪新歌舞伎座開場。
・1960年 - 日米修好百年記念祭で米国公演。
・1961年 - 奈良ドリームランド開園。
・1962年 - 駐日メキシコ初代領事就任。
・1964年 - 横浜ドリームランド開園。
・1965年 - 日本観光政策審議会専門委員就任。
・1970年 - 日本演劇興行協会初代会長就任。
・1972年 - 千日デパート火災。
・1979年 - 財団法人松尾芸能振興財団設立。
・1984年 - 死去。


松尾の没後、松尾一族が日本ドリーム観光から手を引くことになった事情については日本ドリーム観光の項を参照。現在は松尾の娘・昌出子(ひでこ)と孫・國之(くにゆき)が株式会社富士プロジェクト(富士興業の後身)・松尾育英会・松尾芸能振興財団の3事業を継承。富士プロジェクトは現在、賃貸不動産業をメインにサッカースクールの経営を行うクーバー・コーチング・ジャパンを子会社で行っており、松尾芸能振興財団は松尾芸能賞の主催および松尾の原点である子供歌舞伎・松尾塾の運営、松尾育英会は共同生活による大学修学支援事業を行っている。


著書
・『けたはずれ人生』1976年


関連書籍
・現代風俗2001 物語の風俗 社団法人 現代風俗研究会編
・浜野保樹『偽りの民主主義』角川書店、2008年


関連項目
・日本ドリーム観光
 ・奈良ドリームランド
 ・横浜ドリームランド
 ・ホテルエンパイア


・新歌舞伎座 (東京)
・新歌舞伎座 (大阪)
・戎橋松竹
・OSK日本歌劇団
・雅叙園観光
・大谷竹次郎 - 松竹創業者。松尾が父親代わりとして慕っていた。(なお、大谷の双生児の兄である白井松次郎からは疎まれていた。)
・中内功 - ダイエー創業者。松尾の盟友といわれ、日本ドリーム観光の経営権争いで松尾家を支援した。日本ドリーム観光参照。
・日本プロレス協会-理事を務めた。


外部リンク
・財団法人 松尾芸能振興財団
・松尾塾子供歌舞伎
・財団法人 松尾育英会
(WIKIより)