酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

4658 柳川春三菩提寺(台東区西浅草1-2-16・願龍寺)

柳河春三は、天保三年(1832)二月二十五日名古屋に生まれ、神童の誉れ高く天才ぶりを発揮、さまざまな逸話を残している。


二十五歳で江戸にでた彼は、医を業とし、蘭学はもとより英・仏・和・漢など十一ヶ国語に精通し、著訳書も医学・薬学・理学を初め、書画・詩歌・戯作に至るまで多方面にわたり、四十余の別号を巧みに使った。


幕末維新における希世の知識人で、非凡の才能を駆使して外国文明の導入と普及とに努め、多大の業績を挙げた。


安政四年(1857)日本初の体系的西洋初等数学書「洋算用法」を著す。


彼自身の独創も加えた異色の書で現行の算数の始祖である。


また、慶應三年(1867)これも日本初の雑誌「西洋雑誌」を刊行、国語教科書の先駆「うひまなび」を編集、翌年「中外新聞」を創刊し、日本最初の新聞発行人として知られている。


法号は光摂院殿釈護念居士。


明治三年(1870)二月二十日、三十九歳で没。
当願龍寺に葬られる。


名古屋在住 中村祐猿識す
(案内板より)