酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

4354 中沼了三先生講書所碑(中京区烏丸通夷川下る東側)

中沼了三 孝明天皇・明治天皇侍講


文化十三年五月六日~明治二十九年五月一日、儒学者
島根県隠岐郡西郷町中村に生まれる。


天保六年京都へ遊学、山崎闇斎学派、鈴木遺音の門に入る。


天保十四年、此の地に塾を開く、西郷従道、桐野利秋ら薩摩藩士、土佐の中岡慎太郎、肥後の松田重助ら志士たち多く此の塾に学ぶ、弘化三年六月九日、学習院講師拝命後、孝明天皇の侍講となる。


嘉永元年、学習院儒官、元治元年、孝明天皇の命により、大和十津川に文武館(現 奈良県立十津川高校)を創設。


慶応四年、鳥羽伏見の戦いに参謀として従軍、和歌山城受城使。


慶応四年、隠岐騒動(代官追放、隠岐国に自治政府樹立、松江藩兵隠岐で発砲、隠岐人十四名戦死)には隠岐正義党の思想的支柱となる。


明治二年一月、明治天皇の侍講となる、読書始第一号の人物である。
昌平学校(東京大学の前身)一等教授


明治二十九年八十一歳、京都で没す。鹿ヶ谷、安楽寺に墓がある。
(案内板より)


● 中沼了三
中沼了三(なかぬまりょうぞう、 1816年9月6日(文化13年8月15日)- 1896年6月7日(明治29年5月1日))は隠岐国周吉郡中村(現在の島根県隠岐の島町中村)出身の儒学者。名は之舜。了三は通称。字は魯仲。号は葵園(きえん)。贈正五位


経歴
文化13年8月15日(1816年9月6日)隠岐国(島根県隠岐の島)で医師の中沼養碩、母テツの三男として生まれる。天保6年(1835年)京都に上洛、山崎闇斎の流れを汲む崎門学派浅見綱斎の学統である鈴木遺音(恕平)の門下として儒学を学んだ。天保14年(1843年),、鈴木遺音の没後に葵園浅見安正の学統を承け、京都で開塾。学習院講師、孝明天皇の侍講となる。門人には西郷従道、桐野利秋、川村純義、千葉貞幹、松田重助らがあり、中沼塾は薩摩藩士が多く、竹村東野門下でもあった中岡慎太郎も西郷隆盛との接触を図り入門している。また天誅組総裁の一人藤本鉄石と親交があり、後に藤本の招魂碑を残している。


嘉永元年(1848年)から嘉永7年(1854年)学習院にて儒官を務めた。『平安人物志』には、嘉永5年(1852年)版から名前が記され、儒官に任命された5人の中で唯一人、学習院学問所閉講まで講師を務めた。安政4年(1857年)から、仁和寺宮嘉彰親王の侍講となり、戊辰戦争に際しては、軍事総裁となった嘉彰親王の参謀として活躍した。元治元年(1864年)孝明天皇の勅令により大和十津川に折立松雲寺を仮設舎とした文武館(現奈良県立十津川高等学校)を創設、文武館の初代教授に就任。


慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍の参謀、隠岐騒動(隠岐維新(幕府からの独立))では勤王思想の精神的支柱となった。また続けて起きた明治維新に関わる多くの人物の思想の中心であった。明治維新後も新政府参与とし明治2年(1869年)明治天皇の侍講(従六位下)、昌平学校の一等教授(正六位)を歴任するなど皇室からの信頼は厚く、高い名声を得ていた。また十津川郷士との関係も深く、十津川郷士の宮廷警護が快諾されるのに力を貸している。


しかし、維新後に政府の実権を天皇でなく自ら把握しようとした三条実美、徳大寺実則らと対立し、明治3年(1870年)12月に官を辞した。のちに自身で名誉職を設けた三条とは不仲であったとされる。明治4年(1871年)二卿事件への関与を疑われ位階返上、投獄、鹿児島藩預りとなる。赦免された後に帰京するが、明治9年(1876年)神風連の乱でも関与を疑われる。明治16年(1883年)滋賀大津にて湖南学舎を開く。明治29年(1896年)京都浄土寺村の自邸にて81歳で生涯を閉じた。墓所は安楽寺。


大正4年(1915年)若槻礼次郎らが中沼に正五位を与えるよう首相であった大隈重信に嘆願、正五位に叙位。


中沼の家系
代々医師の家系であり、平成の現在も、医師や東証一部企業の社長などの著名人が多くおり、勲章を与えられた人物が複数いる。彼らの出身大学は旧帝国大学、東京六大学、単科大学が多い。 (経営者、写真家、民俗学の大学教授、研究者など)。また、隠岐騒動(隠岐維新)に関わり、貴族院議員を務めた家系との間に生まれた子孫2名が南関東に在住である。


参考文献
・『中沼了三伝―隠岐の生んだ明治維新の先覚者 明治天皇侍講』中沼郁 中沼了三先生顕彰会  1976年
・『中沼了三を通してみた維新前後の教育と政治〈第5集〉』 海城高等学校 1979年
・『隠州渡海日記・中沼了三書翰〈第6集〉』 海城高等学校 1980年
・『もう一つの明治維新-中沼了三と隠岐騒動』中沼郁 斎藤公子 創風社 1991年
・『日本幻論』五木寛之 新潮社 1995年
・『山陰沖の幕末維新動乱』 大西俊輝 近代文芸社 1996年
・『隠岐共和国ふたたび―「隠岐学セミナー」での出会い』 牧尾実 論創社 2008年


外部リンク
吉野熊野学 十津川と隠岐 - 奈良県立十津川高等学校
(wikiより)