酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

4352 有栖川宮邸跡(京都御所)

有栖川宮(ありすがわのみや)は、江戸時代初期から大正時代にかけて存在した宮家。伏見宮、桂宮、閑院宮とならぶ世襲親王家の一つ。第2代良仁親王は皇統を継ぎ、後西天皇となった。


概要
有栖川宮は歴代、書道・歌道の師範を勤めて皇室の信任篤く、徳川宗家や水戸徳川家をはじめ、彦根井伊家や長州毛利家、広島浅野家、久留米有馬家などとも婚姻関係を結び、公武ともに密接であった。また代々、次男以下の子弟を門跡寺院に法親王・入道親王として入寺させていた。


寛永2年(1625年)、後陽成天皇の第7皇子・好仁親王が創設。当初の宮号は高松宮(高松殿)で、親王の祖母・新上東門院の御所高松殿に由来する。


好仁親王は徳川秀忠の養女・亀姫(実父は秀忠の甥で娘婿にも当たる越前藩主松平忠直)を妃としたが、嗣子がなかったため甥にあたる後水尾天皇の皇子・良仁親王が養嗣子として第2代となり、花町宮(花町殿)を名乗った。


やがて良仁親王が後西天皇として践祚することになるが、これは先代後光明天皇の養子・識仁親王(後の霊元天皇)が幼少であったための中継ぎであり、後西天皇は自分の皇子・幸仁親王に高松宮を継がせて、宮号を有栖川宮(有栖川殿)に改めた。改号の理由および「有栖川宮」の宮号の由来は明らかではない。


その後、幸仁親王の子・正仁親王が嗣子なく薨じたため、霊元天皇の第17皇子・職仁親王が入って第5代を継承し、以後、6代・織仁親王、7代・韶仁親王、8代・幟仁親王、9代・熾仁親王、10代・威仁親王と、いずれも霊元天皇の血統が続くが、大正2年(1913年)に威仁親王が薨去したため、旧皇室典範の規定に基づき断絶が確定した。


その後は熾仁親王妃董子と威仁親王妃慰子の両未亡人が宮家を守っていたが、大正12年(1923年)2月7日に董子が、同年6月29日には慰子が相次いで薨去し、翌年の慰子の一年祭をもって有栖川宮は正式に断絶となった。


有栖川宮の祭祀および財産は、大正天皇の特旨によって光宮宣仁親王により引き継がれ、宣仁親王には有栖川宮の旧称である「高松宮」の宮号が与えられている。ただし、旧皇室典範によって皇族の養子縁組は禁じられていたため、宣仁親王が有栖川宮の当主を継承したわけではない。後に宣仁親王は、父系で6代・織仁親王の血を、母系で10代・威仁親王の血統をそれぞれ持つ徳川喜久子(徳川慶喜の内孫)を妃とした。


有栖川宮邸
本邸(京都時代)
有栖川宮の本邸宅の場所は、京都・東京時代を通じ、火災焼失等による仮住まいの期間を除いても複数回の移転があった。


初代好仁親王の時代からほぼ江戸時代を通し、京都御所の北東部分にあたる猿ヶ辻と呼ばれた場所に屋敷が存在した。この地は幟仁親王時代の慶応元年(1865年)に、御所の拡張用地として召し上げられた。翌慶応2年(1866年)までに、跡地は京都御所の敷地に編入されるか道路に転用されたため、建物等の遺構は現存しない。


代わりに下賜されたのが、現在の京都御苑内で「有栖川宮邸跡」の碑が建つ、御所建礼門前の凝華洞(御花畑)跡であった(この地は直前まで松平容保が宿舎として利用していた)。この場所に明治2年(1869年)に新御殿が落成したが、わずか3年後の明治5年(1872年)、すでに奠都によって東京に移っていた明治天皇からの呼び寄せにより幟仁親王も東京へ転住することになったため、宮邸の土地家屋は京都府を経て司法省に引き継がれ、裁判所として使用された。現在上京区烏丸通下立売角に建つ平安女学院大学の学舎の一つ「有栖館」は、この建物の一部を移築したものと伝えられている。


本邸(東京時代)
幟仁親王より先に東京へ転居していた熾仁親王は、旧高遠藩屋敷(神田小川町、現在の靖国通り「駿河台下」交差点付近)、旧島原藩屋敷(数寄屋橋御門内、現在の日比谷シャンテ付近)などを転々としたあと、明治4年(1871年)に芝浜崎町の旧紀州藩別邸(旧芝離宮恩賜庭園)を本邸とした。しかしここは明治8年(1873年)に宮内省に買い上げられたため、維新後は副島種臣が住んでいた霞が関の旧三田藩屋敷跡(現在の国会議事堂敷地南部から国会前庭南地区にかけての一帯)を購入して移転した。


この旧副島邸跡に、ジョサイア・コンドル設計の2階建て洋館が建築され、本邸として使用された。この洋館は明治14年(1881年)から17年(1884年)までの3年におよぶ工期と約47万円(当時)の費用をかけて建てられ、外国使節の接待施設としての機能も併せ持つ非常に豪華な建物であり、威仁親王に代替わりした後の明治29年(1896年)には、宮内省によって霞関離宮として買い上げられが、威仁親王の希望により明治36年(1903年)まで継続使用された。この邸宅にはコンドル設計の本館のほか、木造の日本館があって職員の事務棟などとして使用されていた。日本館はのちに関東大震災で庁舎が被災した帝室林野局が臨時に使用したが、のちに解体されて一部が静岡県掛川市の大日本報徳社に移築された。


明治36年12月、隠居した幟仁親王が薨去まで住んでいた、麹町区三年町5番地の隠邸跡(現在の永田町、内閣府庁舎)に新本邸が完成し、同月17日に移転[1]。有栖川宮の最後の本邸宅となった。


霞関離宮本館と三年町本邸(絶家後は高松宮邸を経て外務大臣官舎)の両建物は有栖川宮の絶家後も存在し、関東大震災にも耐えたが、ともに昭和20年(1945年)5月25日の東京大空襲で被弾炎上し、終戦後に撤去された。


詳しい事は、『有栖川宮ウィキペディア』を御覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E5%AE%AE
(wikiより)