酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3840 明治天皇上陸記念碑(函館市大町9番)

赤御影石の地球儀の上に、青銅の鳳凰が羽を広げた碑は、明治天皇が明治 9 ( 1876 ) 年、東北・北海道巡幸で来函の際、旧税関桟橋への上陸を記念したものである。


同 14年の乗船で、計 3回となることから、三蹤碑 ( さんしょうひ ) とも呼ばれている。


この碑は、函館出身の彫刻家・梁川剛一の作で、昭和 10 ( 1935 ) 年 9月 7日に除幕された。


同 16年に 7月 20日を「海の記念日」と定めたのは、明治天皇の明治 9年の巡幸の際、7月 18日に離函し、20日に横浜に帰省したことを記念したものである。


平成 8 ( 1996 ) 年から国民の祝日「海の日」となった。
(案内板より)


石碑
( 表 )
明治天皇御上陸記念碑


( 右側 )
昭和十年七月十六日建立


( 裏側 )
蝦夷開拓ハ 皇威隆替ノ関スル所


一日モ忽ニス可ラス汝直正深ク国家ノ重


ヲ荷ヒ身ヲ以テ之ニ任センコトヲ請フ其憂


国済民ノ至情朕嘉納ニ堪ヘス独恐ル


汝高年遂ニ殊方ニ赴クコトヲ然レトモ


朕之ヲ汝ニ委ス始テ北顧ノ憂ナカラン仍


テ督務ヲ命ス他日 皇威ヲ北彊ニ宣


ル汝方寸ノ間ニアルノミ汝直正懋哉


明治二年己巳六月四日
(石碑文より)