酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3721 西徳二郎墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)

西 徳二郎(にし とくじろう、1847年9月4日(弘化4年7月25日) - 1912年3月13日)は、日本の外交官、枢密顧問官、薩摩藩出身の男爵。


若年のころはロシアの帝都サンクトペテルブルクに遊学し、その後はロシア・中国(清)両勢力圏に挟まれる中央アジアを調査した経歴を持つ。19世紀末に外務大臣を務め、日本とロシアの韓国問題を調停したことで知られる。子に、乗馬の選手として1932年のロサンゼルスオリンピックで活躍し、のち太平洋戦争末期の硫黄島の戦いで戦没した「バロン西」こと西竹一陸軍大佐がいる。


経歴
・1847年 父・西藤左衛門、母・加納ヒロの次男として生まれる。幼名を常二郎。


・1870年(明治3年) ロシア ペテルブルク大学に留学。


・1873年-1880年 中央アジアを調査のために踏破する。ブハラ、サマルカンド、西トルキスタン、タシケント、ウイグル、新疆を調査した。


・1874年 フランス公使館書記官、帰国後は太政官大書記官。


・1886年6月 駐ロシア公使を拝命(兼スウェーデン、ノルウェー公使)。


・1896年8月 駐ロシア公使離任。


・1897年3月 枢密顧問官任命。


・1897年(明治30年)11月6日-1898年(明治31年)1月12日 第2次松方正義内閣の外務大臣就任。


・1898年(明治31年)1月12日-1898年(明治31年)6月30日 第3次伊藤博文内閣の外務大臣就任。


・1898年(明治31年)4月25日 第3次日露協定(西・ローゼン協定)。


・1899年10月 清国駐在公使を拝命。1900年の義和団の乱(北清事変)では北京に籠城。


・1899年(明治32年)12月27日、勲一等旭日大綬章受章。


・1901年1月、駐清公使離任。


・1901年11月、枢密顧問官。


栄典
・1892年(明治25年)11月15日 - 勲二等瑞宝章[1]
・1895年(明治28年)8月20日 - 男爵、勲一等瑞宝章[2]
・1899年(明治32年)12月27日 - 勲一等旭日大綬章[3]


栄誉
外国勲章佩用允許
・1896年(明治29年)10月23日 - スウェーデン王国 北極星第一等勲章[4]


脚注
1. 『官報』第2818号「叙任及辞令」1892年11月17日。
2. 『官報』第3644号「叙任及辞令」明治28年8月21日
3. 『官報』第4949号「叙任及辞令」明治32年12月28日
4. 『官報』第4005号「叙任及辞令」明治29年11月2日


参考文献
・西徳二郎 『中亜細亜紀事』 <異域叢書>青史社、1987年(この著作は1886年に記した)。
・『シルクロード紀行1 中亜細亜紀事』 金子民雄訳
 <海外渡航記叢書3>雄松堂出版、1990年。
・『日本外交史人物叢書第2巻 男爵西徳二郎伝』 坂本辰之助 
 ゆまに書房、2002年、吉村道男監修、初版1933年。
・金子民雄 『中央アジアに入った日本人』 中公文庫、1992年。


外部リンク
・西徳二郎関係文書 | 国立国会図書館 憲政資料室
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/339.html
326 西 竹一墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


 西徳二郎