酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3508 十三代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)

● 市村羽左衛門
市村 宇左衞門 / 羽左衞門(いちむら うざえもん、新字体:羽左衛門)は、歌舞伎役者名跡。名の部分は七代目までが宇左衛門、以後が羽左衛門。


屋号は七代目までは不詳、七代目から十六代目までは菊屋、十六代目以降は橘屋


十六代目以降の定紋根上り橘(ねあがり たちばな)、替紋は渦巻(うずまき)


解説
当初「市村宇左衛門」は江戸三座の一つ市村座の座元(座を主宰し芝居小屋を経営する者)の名跡だったが、元禄年間から座元が役者に転じたり、逆に役者が座元を兼ねたりすることが多くなる。そして明治末年に市村座の経営権が田村成義の手に渡ると、「市村羽左衛門」は単に役者の名跡となった。


市村座の歴史は、寛永年間に村山又三郎が江戸に出て、葺屋町村山座の櫓を上げたのに始まる。しかし村山座の経営は不振で、年を追うごとに負債がかさんでいく。又三郎のあと座元を継いだ女婿の村田九郎右衛門は、自らが病弱だったこともあり、又三郎が数ヵ月後に病死するとすぐに村山座の興行権を売却してしまう。これを買い取ったのが上州の人で村山又三郎の門人だった市村宇左衛門である。このとき座名も村山座から市村座に替わった。


2001年(平成13年)に死去した先代の市村羽左衛門は十七代目だった。しかしこれまでに「市村宇左衛門/羽左衛門」を実際に襲名した者は12名を数えるのみである。残りの5名は、いずれも死後に代々の「市村宇左衛門」に数えられた「贈何代目」の市村宇左衛門である。


そもそも「市村宇左衛門」とは、村山座の興行権を買い取って市村座を始めた上州の人・市村宇左衛門の本名である。にもかかわらず、彼は市村宇左衛門の宗祖としてではなく、三代目として数えられている。これは彼に先立って村山座の座元だった村山又三郎と村田九右衛門の両名にそれぞれ初代宇左衛門と二代目宇左衛門が追贈されているからである。また今日四代目・六代目・七代目の宇左衛門として知られる人物は、いずれも諸般の事情から市村座の座元は継いだものの「宇左衛門」の名跡を襲名するには至らなかった者で、死後にやはり市村宇左衛門が追贈されて代々に加えられたものである。


● 十三代目 市村羽左衛門
・十二代目の子、1844–1903(座元 1851–63)。母は三代目尾上菊五郎の次女。


・二代目市村九郎右衛門(=初代尾上九朗右衛門)→ 十三代目市村羽左衛門 → 八代目市村家橘 → 五代目尾上菊五郎


五代目 尾上菊五郎(ごだいめ おのえ きくごろう、1844年7月18日 (天保15年6月4日 (旧暦)- 1903年明治36年)2月18日)は明治時代に活躍した歌舞伎役者。本名は寺島 清(てらしま きよし)。


尾上菊五郎としての屋号音羽屋定紋重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪俳名梅幸


市村羽左衛門としての屋号は菊屋。定紋は根上り橘、替紋は渦巻。俳名に家橘


九代目市川團十郎初代市川左團次とともに、いわゆる「團菊左時代」の黄金時代を築いた。


来歴
寺島清は十二代目市村羽左衛門を父に、三代目尾上菊五郎の次女を母に、江戸の芝居町猿若町に生まれた。嘉永2年11月 (1849) 市村座で二代目市村九郎右衛門襲名して初舞台。同4年4月には数え7歳で大名跡・十三代目市村羽左衛門を襲名し、市村座の座元となった。


御曹司の羽左衛門がその大器の片鱗を見せたのは、安政4年1月 (1857) 市村座で初演された二代目河竹新七(黙阿弥)作『鼠小紋東君新形』(鼠小僧)で蜆売り三吉を勤めた際のことだった。三吉は端役ながら、その出来は主役の四代目市川小團次を唸らせるほどのものだった。羽左衛門が開幕前に毎朝深川まで出かけて売りの一挙一動をくまなく観察していたことを後で知った小團次は、以後羽左衛門に一目置くようになる。そして羽左衛門も小團次の写実的な演出に傾倒していったのである。


母方の祖父・三代目尾上菊五郎には二男二女がいたが、二男はすでに亡く、長女の婿養子となっていた四代目尾上菊五郎が万延元年 (1860) に子なくして死去すると、次女の長男である羽左衛門がゆくゆくは菊五郎を襲名することが誰の目にも明らかになっていった。「市村羽左衛門」は寛永年間から続く最も歴史のある名跡の一つであり、市村座の座元を兼ねる由緒ある大名跡である。通常ならばそれが留め名となるような名跡だが、その一方で「尾上菊五郎」もまた三代目菊五郎が一代で江戸歌舞伎を代表する大名跡にまでのしあげた大看板だった。市村座座元としての仕事などそっちのけで日々役作りに没頭するこの外孫に、音羽屋一門は三代目の芸の継承者としてふさわしいものを見出していたのである。さらに羽左衛門には3歳年下の弟がいたことも手伝った。市村座の方はこの弟に譲ればよかったのである。


そんな羽左衛門にとって、文久2年 (1862) は運命の年となる。この年の初めのある日のこと、河竹新七は両国橋で女物の着物を着た美青年を見かける。そこでふと思いつき、そのことを三代目歌川豊国に話すと、豊国はその光景を錦絵にし、さらに新七がそれをもとに書き上げた芝居が、この年3月に市村座で初演された『青砥稿花紅彩画』(白浪五人男)だった。新七が選んだ主役の名は「弁天小僧菊之助」。配役はもちろん、数え17歳になっていた羽左衛門である。弁天小僧は新七が羽左衛門の容姿や所作を意識して書いただけに、それは羽左衛門そのものだった。そしてその名にあえて「菊之助」を冠したことは、彼がいずれ「菊五郎」を襲名することを予告して有り余るものだった。果たして『白浪五人男』は大当たりとなり、弁天小僧菊之助は彼生涯の当たり役となった。


このときも羽左衛門は、弁天小僧が額に傷を負う場面で一工夫して、日本駄右衛門を勤める三代目關三十郎をいたく感心させている。傷を負う際、口紅をすばやく懐紙でふき取り、その懐紙で額を押さえ、自らが男だと名乗る時にその懐紙の紅を観客に見せる、そうすれば、懐紙には血がつき、唇からは口紅がとれて、一石二鳥というものだった。


弁天小僧で大評判をとった翌年、文久3年 (1863) に、羽左衛門はまず弟を十四代目市村羽左衛門として市村座座元を譲り、自らは八代目市村家橘を襲名する。そして5年後の慶應4年 (1868) 8月、家橘は市村座で五代目尾上菊五郎を襲名した。まだ20代前半とはいえ、満を持した菊五郎襲名だった。


以後菊五郎は時代物世話物所作事などで明治の劇壇の頂点を極めてゆく。1887年(明治20年)4月には井上馨邸で、團十郎、左團次とともに天覧劇を披露、歌舞伎役者の地位向上に努めた。


最後の舞台は1902年(明治35年)11月、歌舞伎座の『忠臣仮名書講釈』の喜内と、生涯の当り役だった『青砥稿花紅彩画』の弁天小僧だった。すでに身体の自由が利かず、喜内は寝たきりのまま、弁天小僧も『稲瀬川勢揃いの場』のみの出で、舞台に鉄の棒を立て、そこに体を支えての渡り科白という壮絶なものだった。辞世の句は「散る梅に 見上ぐる空の 月清し」。翌年2月に菊五郎が死去すると、そのあとを追うかのように團十郎と左團次も次々に死去、「團菊左」が逝ってここに明治歌舞伎の黄金時代が幕をおろした。


実子に六代目尾上菊五郎六代目坂東彦三郎、一女(うめ、菊五郎死後の1913年に四代目河原崎国太郎に嫁いだが、1919年に死別)、養子に六代目尾上梅幸二代目尾上菊之助がいる。  


詳しい事は『十三代目・市村宇左衛門ウィキペディア』を御覧下さい。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E4%B8%8A%E8%8F%8A%E4%BA%94%E9%83%8E_(5%E4%BB%A3%E7%9B%AE)
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/16.html
13 遠山金四朗景元墓(豊島区・巣鴨)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/19.html
16 長谷川平蔵・遠山金四郎屋敷跡(墨田区菊川3-16-2)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/37.html
34 江戸猿若町・市村座跡碑(台東区浅草6丁目)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/169.html
165 江戸猿若町・守田座跡の碑(台東区浅草6丁目)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/435.html
419 十五代目・市村羽左衛門墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/436.html
423 市村座・中村座の石灯篭(神奈川県藤沢市江の島2-3-21・江島神社 中津宮)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1320.html
1221 六代目・尾上菊五郎墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3766.html
3496 初代・市村羽左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3767.html
3497 二代目・市村羽左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3768.html
3498 三代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3769.html
3499 四代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3770.html
3500 五代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3771.html
3501 六代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3772.html
3502 七代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3773.html
3503 八代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3774.html
3504 九代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3775.html
3505 十代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3776.html
3506 十一代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3777.html
3507 十二代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3779.html
3509 十四代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3780.html
3510 十五代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3781.html
3511 十六代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3782.html
3512 十七代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


 十三代目・市村宇左衛門











にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。