酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3502 七代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)

● 市村羽左衛門
市村 宇左衞門 / 羽左衞門(いちむら うざえもん、新字体:羽左衛門)は、歌舞伎役者名跡。名の部分は七代目までが宇左衛門、以後が羽左衛門。


屋号は七代目までは不詳、七代目から十六代目までは菊屋、十六代目以降は橘屋


十六代目以降の定紋根上り橘(ねあがり たちばな)、替紋は渦巻(うずまき)。


解説
当初「市村宇左衛門」は江戸三座の一つ市村座の座元(座を主宰し芝居小屋を経営する者)の名跡だったが、元禄年間から座元が役者に転じたり、逆に役者が座元を兼ねたりすることが多くなる。そして明治末年に市村座の経営権が田村成義の手に渡ると、「市村羽左衛門」は単に役者の名跡となった。


市村座の歴史は、寛永年間に村山又三郎が江戸に出て、葺屋町村山座の櫓を上げたのに始まる。しかし村山座の経営は不振で、年を追うごとに負債がかさんでいく。又三郎のあと座元を継いだ女婿の村田九郎右衛門は、自らが病弱だったこともあり、又三郎が数ヵ月後に病死するとすぐに村山座の興行権を売却してしまう。これを買い取ったのが上州の人で村山又三郎の門人だった市村宇左衛門である。このとき座名も村山座から市村座に替わった。


2001年(平成13年)に死去した先代の市村羽左衛門は十七代目だった。しかしこれまでに「市村宇左衛門/羽左衛門」を実際に襲名した者は12名を数えるのみである。残りの5名は、いずれも死後に代々の「市村宇左衛門」に数えられた「贈何代目」の市村宇左衛門である。


そもそも「市村宇左衛門」とは、村山座の興行権を買い取って市村座を始めた上州の人・市村宇左衛門の本名である。にもかかわらず、彼は市村宇左衛門の宗祖としてではなく、三代目として数えられている。これは彼に先立って村山座の座元だった村山又三郎と村田九右衛門の両名にそれぞれ初代宇左衛門と二代目宇左衛門が追贈されているからである。また今日四代目・六代目・七代目の宇左衛門として知られる人物は、いずれも諸般の事情から市村座の座元は継いだものの「宇左衛門」の名跡を襲名するには至らなかった者で、死後にやはり市村宇左衛門が追贈されて代々に加えられたものである。


● 贈七代目 市村宇左衛門
・五代目の女婿で六代目の義兄・三代目市村竹之丞、1681–98(座元 1687–98)。実父は市村座の芝居茶屋・菊屋善兵衛。


・三代目市村竹之丞(=贈七代目市村宇左衛門)
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/16.html
13 遠山金四朗景元墓(豊島区・巣鴨)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/19.html
16 長谷川平蔵・遠山金四郎屋敷跡(墨田区菊川3-16-2)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/37.html
34 江戸猿若町・市村座跡碑(台東区浅草6丁目)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/169.html
165 江戸猿若町・守田座跡の碑(台東区浅草6丁目)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/435.html
419 十五代目・市村羽左衛門墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/436.html
423 市村座・中村座の石灯篭(神奈川県藤沢市江の島2-3-21・江島神社 中津宮)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/1320.html
1221 六代目・尾上菊五郎墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3766.html
3496 初代・市村羽左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3767.html
3497 二代目・市村羽左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3768.html
3498 三代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3769.html
3499 四代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3770.html
3500 五代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3771.html
3501 六代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3773.html
3503 八代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3774.html
3504 九代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3775.html
3505 十代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3776.html
3506 十一代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3777.html
3507 十二代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3778.html
3508 十三代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3779.html
3509 十四代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3780.html
3510 十五代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3781.html
3511 十六代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3782.html
3512 十七代目・市村宇左衛門墓(江戸川区西瑞江2-38-7・大雲寺)

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5630.html

5110 七代目・市村羽左衛門供養塔(江東区亀戸6-35-23・自性院)