酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3404 輪違屋(京都府京都市下京区西新屋敷中之町114)

輪違屋(わちがいや)は、京都府京都市下京区花街島原の置屋兼お茶屋である。現在も営業を続けている。


創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる。置屋として創業当時の名は「養花楼」。お茶屋兼業は明治5年(1872年)より。現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった。


かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり、また、宴席の場として営まれている。表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)。


建物は昭和59年(1984年)に京都市の有形文化財に指定された。太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」、本物の紅葉を使って型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である。いずれももともとは当主の部屋であった。傘の間の傘には「高」(正確には髙島屋のマークの「高」の字体と同じ)の文字が入っているがこれは当主の姓が「高橋」だったということに由来する。


1階には近藤勇書の屏風が、2階には桂小五郎書の掛軸がある。


浅田次郎小説およびテレビドラマの『輪違屋糸里』で有名だが、糸里が輪違屋にいた との記録は輪違屋側にはない。 「維新の名花」といわれた「桜木太夫」を抱えていたのはここである(糸里が「桜木太夫」となる小説・ドラマでのエピソードはフィクション)。


 輪違屋の太夫が日本舞踊をする


文献
・石原哲男『京・嶋原太夫』京都書院、1991年
・高橋利樹『京の花街「輪違屋(わちがいや)」物語』(PHP新書)、PHP研究所、2007年8月、ISBN 4569693784
・京都府文化財保護基金/編『京都の明治文化財 第1編 改訂版 建築.庭園.史跡』京都府文化財保護基金、1974年
・京都市文化観光局文化部文化財保護課『京都市の文化財 建築物・文化財環境保全地区 京都市指定・登録文化財集』京都市文化観光局、1992年


外部リンク
・「文藝春秋、糸里が生きた「輪違屋」の魂」・・・浅田次郎と輪違屋十代目当主との対談(現在は文庫版『輪違屋糸里』に収録)
京都・島原三百余年 花柳界の旅路「輪違屋」の"日常"(2012年5月20日時点のアーカイブ)
京都市情報館 文化市民局(2013年1月16日時点のアーカイブ)
 ・京都市指定・登録文化財-建造物-下京区
  ・京都市指定・登録文化財-建造物
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3675.html
3413 島原大門(京都市下京区花屋町大門西入)










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。