酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3350 なごみの塔(竹富島)

島の集落中央付近に赤山公園という小さな公園がありますが、その小高くなっている真ん中あたりにコンクリート製の展望台があります。


由来はわかりませんが、なごみの塔という名前が付けられています。


良くパンフレットなどで赤瓦の家並の写真が載せられている事がありますが、その多くはこの塔から撮ったものです。


上に上がると360度視野が開けて良い眺めなのですが、登るまでが大変。


人が1人やっとの幅の階段は、傾斜もきつくて人間工学的ではない手すりにつかまって登るにしても、スリル満点です。


もちろん人がすれ違う幅はありませんので、順番よく譲り合うしかありません。


それで、なごみの塔なのかも。


一番上も、どう見ても2,3人が乗ったら満員です。


この公園には、昔の星座観測に使われたという星見石や叩くと音のする太鼓石などもあります。


● 赤山丘の設置に至るまで
文治二年(1185年)壇の浦の海戦にやぶれた平家の落武者・赤山王は遠くこの地に漂着し地の利を占めるここを要害とした


1953年にこの由緒ある地を一和会が買収し部落へ寄贈したので西部落会では巨費を投じここに塔を建てて『なごみの塔』と名づけ部落の集会に或はこどもの遊び場として年々施設が増設されつつ今日に至っている。


一九五八年十一月八日 竹富壮年会
(碑文より)


● なごみの塔
なごみの塔(なごみのとう)は、沖縄県八重山郡竹富町字竹富(竹富島)にある展望塔である。2006年(平成18年)3月27日に国の登録有形文化財に登録されている。


概要
竹富島の玻座間西集落のほぼ中心にある赤山公園の中の高さ約6mの丘の上に築かれた鉄筋コンクリート構造の塔で、塔自体の高さは4.5m。頂上の展望台までは8段の階段が設けられているが、幅約45cm、奥行き約16cmで、段差が約35cmと高く、斜度が約60度もある急なもので、ひとりずつしか昇り降りすることはできない[1]。また、展望台部分も狭く、成人2人分程度のスペースしかない。


隆起珊瑚礁でできた全体が平坦な島の中で、最も高い場所のひとつであり(厳密には、最高地点はンブフルとされる)、重要伝統的建造物群保存地区に選定された集落の赤瓦の家並みを一望する絶好の場所として観光名所となっている。[要出典]


沿革
1953年(昭和28年)に西集落の有志によって買い取った赤山周辺が公園化された際に、西集落の住民総出で建てられた[2]。銘文によると、1953年6月25日建立[3]。当初は、この台の上から、集落内に連絡事項を伝えるために用いられた。


なお、赤山は、平家の落人で、竹富島に流れ着いた赤山王の居城跡であるとの言い伝えがある[4]


脚注
1. 「階段怖い」でも改修できず 国有形文化財「なごみの塔」 琉球新報、2006年2月6日
2. 登録有形文化財に「なごみの塔」 八重山毎日新聞、2006年1月21日
3. 竹富島における石碑・記念碑等の調査報告 (PDF) 竹富島総合調査報告書、沖縄県立博物館・美術館、2012年3月30日
4. 西桟橋と「なごみの塔」 琉球新報、2006年5月29日


外部リンク

なごみの塔 文化遺産オンライン

なごみの塔 360度全球パノラマ写真 - 石垣島360パノラマ写真館

(wikiより)



 この島で一番の高い場所です










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。