酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3349 こはぐら荘(竹富町小浜)

ドラマ『ちゅらさん』で使われた


えりぃが生まれ、幼少期を過ごした家「こはぐら荘」


撮影後しばらく空家でしたが、いまは居住者がいらっしゃいますので中には入れません。


● ちゅらさん


ちゅらさん』は、2001年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説』シリーズのテレビドラマ


シリーズ史上初の沖縄県小浜島)を主要な舞台とした作品で、全156回放送された。脚本岡田惠和が担当、連続テレビ小説第64作目(放送40周年記念作品)にあたる。


シリーズ化され、続編にあたるパート2、3、4も制作された。


概要
沖縄東京を舞台に、ヒロイン・古波蔵(上村)恵里国仲涼子)の人間的な成長物語を中心に上村文也(小橋賢児)との恋の行方、両親や兄弟、祖母など恵里を見守る家族との強い絆、個性的な一風館の住人達や、看護師として働く職場の人々の人間模様を描いた群像劇。


国仲はヒロインオーディションで2084人の応募者から選ばれ、2000年10月17日の記者会見で発表された。朝ドラのヒロインで初の沖縄県出身者となった[1]


2001年の地上波の初回放送時における平均視聴率は22.2%、最高視聴率は29.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であった[2]。また、視聴者からも高い評価を得ており[3]、『連続テレビ小説』としては『おしん』に続き2作目となる、全話を収録した完全版VHSDVDが発売された。日本国内における再放送については、2004年4月からBS2で全156話について実施されたのを皮切りに、LaLa TV2005年4月および2006年4月から)、チャンネル銀河(2009年10月から)およびNHKBSプレミアム2013年9月30日から)でも実施されている。


NHKがテレビ放送50周年を記念して2003年に行った「もう一度見たいあの番組リクエスト」の連続ドラマ部門で、本作が第1位に輝いた(ちなみに、大河ドラマ部門での第1位は『独眼竜政宗』だったが、村田雄浩は両作品に出演している)。また、朝日新聞2010年9月25日付のbeランキング「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果において、本作のヒロインである国仲は第3位であった[4]


続編については、2003年3月31日から4月28日3月31日は2本立て)まで総合テレビの「月曜ドラマシリーズ」として『ちゅらさん2』(全6話)が、2004年9月13日から10月11日まで『ちゅらさん3』(全5話)が放送された。


これは、NHKのドラマの続編(2作目)としては『私の青空』(2000年放送の『私の青空2002』)以来2作目、続々編(3作目)の制作は史上初であった。さらに2007年1月には「土曜ドラマ」として『ちゅらさん4』(全2話)が放送され、朝ドラの続編制作の記録をさらに更新した。


副音声の解説は1作目の『ちゅらさん』のみであり、続編『ちゅらさん2』以降はステレオ放送のみ実施されている。


派生作品として、河あきら作画によるコミック版が双葉社から発売された。


「ちゅらさん」という言葉の意味
タイトルである「ちゅらさん」は美しいさま、立派なさまを褒め称えるときに使用する沖縄方言形容詞終止形である。


詳しい事は『ちゅらさんウィキペディア』を御覧下さい。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%85%E3%82%89%E3%81%95%E3%82%93
(wikiより)











にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。