酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

3345 服部武雄墓(京都市東山区泉涌寺山内町29・戒光寺)

服部 武雄(はっとり たけお、天保3年(1832年) - 慶応3年11月18日(1867年12月13日))は、新選組隊士・御陵衛士。通称は三郎兵衛


来歴
1832年播磨赤穂藩の服部覚平として生まれる。「殉難録稿」他には奸臣を斬って出奔した旨が記されているが、可能性は皆無といえる。
新選組に加盟し、元治元年10月の編成では尾形俊太郎の五番組に属す。慶応元年の春、諸士調役兼監察・撃剣師範。慶応元年11月、近藤勇長州出張に随行する。慶応2年9月、三条制札事件では、目付役として活躍する。慶応3年3月、伊東甲子太郎らと離脱して御陵衛士を結成する。同年11月18日、油小路事件で落命。享年36。


備考
・大柄で剛力、二刀流の達人でもあり、組中1、2を争う剣術柔術槍術の相当の使い手として名を馳せる。


・油小路事件では、暗殺された伊東の屍骸を引き取りの際、全員の武装を主張したが受け入れられなかった。鈴木三樹三郎加納鷲雄富山弥兵衛篠原泰之進らが逃走したが、只一人武装していた服部は、塀を背にして多勢の新選組を相手に最期まで孤軍奮闘している。


・「就中服部氏の死状は最も物美事(もののみごと)である。‥‥手に両刀を握ったままで敵に向かって大の字なりになって斃れて居られた。‥‥其頭額前後左右より肩並びに左右腕腹共に満身二十余創流血淋漓死して後の顔色尚お活けるが如し」(事件後の現場を目撃した桑名藩士・小山正武の証言)


登場作品
・映画
 ・新選組血風録 近藤勇(1963年 演:遠山金次郎


・テレビドラマ
 ・燃えよ剣(1970年 演:芦田鉄雄
 ・新選組始末記(1977年 演:上田耕一
 ・燃えよ剣(1990年 演:桑名良輔
 ・新選組血風録(1998年 演:谷口高史
 ・壬生義士伝(2002年 演:阿藤快
 ・新選組!(2004年 演:梶浦昭生


・Vシネマ
 ・実録 新選組(2006年 演:山口粧太
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/176.html
172 新撰組隊士墓(京都四条大宮町37番地・光縁寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/259.html
255 御陵衛士屯所跡(東山区高台寺通・月真院)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3601.html

3344 伊東甲子太郎墓(京都市東山区泉涌寺山内町29・戒光寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3609.html
3352 毛内監物墓(京都市東山区泉涌寺山内町29・戒光寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3610.html
3353 高村久蔵・合同墓(京都市東山区泉涌寺山内町29・戒光寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3611.html
3354 藤堂平助墓(京都市東山区泉涌寺山内町29・戒光寺)










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。