酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

1574 津田仙墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)

津田仙(つだ せん、天保8年7月6日1837年8月6日) - 明治41年(1908年4月24日)は、日本の農学者キリスト者学農社創立者。


青山学院大学筑波大学附属盲学校の創立に関わる。


また、日本で最初に通信販売を行った人物でもある。


同志社大学の創始者新島襄、人間の自由と平等を説いた東京帝国大学教授の中村正直とともに、“キリスト教界の三傑”とうたわれた。明六社会員。


娘に、後に津田塾大学創設者となる津田梅子、サンフランシスコで日本語新聞「日米新聞」を発行し日系人社会のリーダー的存在だった安孫子久太郎と結婚しアメリカに移住した安孫子余奈子がいる。


経歴
佐倉城内に生まれる。父は下総国佐倉藩堀田氏の家臣小島良親(善右衛門)3男に生まれる。幼名は千弥。嘉永4年(1851年)、元服して桜井家の養子となる。文久元年(1861年)に津田家の初子と結婚し婿養子となる。


15歳で佐倉藩藩校、成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で学び、藩主堀田正睦の洋学気風もあり、藩命でオランダ語英語の他、洋学や砲術を学ぶ。安政2年(1855年)に出仕し、江戸では蘭学塾へ入門し、森山栄之助の下で英語などを学ぶ。文久元年(1861年)外国奉行の通訳として採用された。慶応3年(1867年)、小野友五郎が幕府発注の軍艦引取り交渉のためアメリカへ派遣されるのに、福澤諭吉尺振八の3人が通訳として随行する。


明治維新が成ると官職を辞して、明治2年(1869年)には築地の洋風旅館、築地ホテル館に勤め、西洋野菜の栽培などを手がける。明治4年(1871年)には明治政府が設立した開拓使の嘱託となり、女子教育に関心のあった開拓次官の黒田清隆が、政府が派遣する岩倉使節団に女子留学生を随行させることを企画すると、娘の梅子を応募する。使節団が出発した翌月には開拓使を辞職。


民部省に勤めたのち、明治6年(1873年)には、ウイーン万国博覧会に副総裁として出席する佐野常民日本赤十字社の創設者)の書記官として随行。オランダ人農学者ダニエル・ホイブレイクの指導を受け、帰国後の明治7年(1874年)5月に口述記録をまとめて『農業三事』として出版した。仙がウィーン万博から持ち帰ったニセアカシア種子は、その後明治8年(1875年)に大手町に植えられ、これが東京初の街路樹となった。


明治8年(1875年)1月、米国メソジスト監督派教会で後に青山学院神学部教授も歴任したジュリアス・ソーパー宣教師によりメソジスト派信者として妻の初と共に洗礼を受ける。また,古川節蔵らと共に盲聾唖者の教育のため楽善会を組織する。明治9年(1876年)には東京麻布に、農産物の栽培・販売・輸入、農産についての書籍・雑誌の出版などを事業とする学農社を設立、その一環として農学校も併設した。キリスト教指導も行う。学農社雑誌局発行の「農業雑誌」で、明治9年(1876年)にアメリカ産トウモロコシの種の通信販売を始め、これが日本で最初の通信販売といわれている。同年には、栗原信近に招かれワイン醸造技術指導のため甲府を訪れている。


足尾鉱毒事件では田中正造を助け、農民救済運動に奔走した。明治30年(1897年)には事業を次男に譲り引退、鎌倉で過ごす。明治41年(1908年)、東海道本線の車内で脳出血のため71歳で死去。葬儀は青山学院の講堂で行われた。


死後、内村鑑三新渡戸稲造らは追悼文を発表し,仙の事業を讃え、仙を「大平民」と呼んだ。


墓所は青山墓地


学農社
1875(明治8)年9月1日、麻布東町23番地に学農社を開業した。 「農業雑誌」の発行、農学校の経営, 1877(明治10)年、麻布新堀町2番地西に移転。 1898(明治31)年、仙引退。次男の次郎社長引き継ぐ。 1916(大正5)年7月、宇喜多秀穂社長引き継ぐ。


詳しい事は『津田仙ウィキペディア』を御覧下さいませ。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E4%BB%99
(wikiより)


関連情報
http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/244.html
240 尺振八の共立学舎跡(墨田区両国四丁目八番周辺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/302.html
289 上野英三郎墓と忠犬ハチ公碑(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/372.html
358 森山多吉朗墓(豊島区巣鴨5-35-6・本妙寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2881.html
2600 中村正直墓(台東区谷中7-7・了院寺)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3826.html
3551 堀田正睦公追遠之碑・墓(千葉県佐倉市新町78-1・甚大寺)


 津田仙










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。