酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

1233 大井憲太郎墓(豊島区南池袋4丁目・雑司が谷霊園)

大井 憲太郎(おおい けんたろう 天保14年8月10日1843年9月3日) - 大正11年(1922年10月15日)は、日本政治家弁護士、社会運動家。自由民権運動に携わり、衆議院議員を務めた。旧姓、高並。別名、馬場城二郎、馬城山人。


経歴

天保14年8月10日(1843年9月3日)に豊前国宇佐郡高並村(大分県宇佐市)に農民・高並彦郎とサノの三男として出生。幼名は彦六。幼少から漢学の手ほどきを受け、文久3年(1863年)に、長崎蘭学・英学を学び、大井卜新との知遇を得て大井姓を名乗り後に卜新の養子となる。更に江戸に出て仏学・化学を学ぶ。江戸幕府開成所舎密局に出仕する。戊辰戦争では幕軍砲兵隊に属し官軍と戦う。この頃、正教会の洗礼を受けており、大井は正教徒となっている[1]


明治維新後は、明治2年(1869年)より箕作麟祥に学ぶ。その後、大学南校に入学。明治7年(1874年)、民撰議院設立を巡り加藤弘之と論争する。明治8年(1875年)、元老院少書記となるが、翌年に免官される。官界を去ると愛国社創立に参画し、その後は弁護士(当時は代言人)として活動する傍らで自由民権運動急進派の指導者として活躍する。1877年に大井卜新の養子となり、大井姓を名乗る。


明治14年(1881年)6月、仏教団体の誣告によって死体が発掘された正教徒のために弁護活動を行い、大審院で勝訴を得て、11月2日に再葬が行われた事が『白河ハリストス正教会小史』に記されている[1]。明治15年(1882年)、自由党に参加。明治17年(1884年)、秩父困民党を指導。明治18年(1885年)、朝鮮の内政改革を企図し、大阪事件を起こし逮捕される。大井は裁判所から禁固9年の判決を受ける。


明治22年(1889年)、大赦により出獄を許される。中江兆民達と再び旧自由党勢力の糾合を目指し、明治23年(1890年立憲自由党を結成する。しかし、明治25年(1892年)11月に脱党し、東洋自由党を結成する。大井は普通選挙を主張すると共に、日本労働協会小作条例調査会を設立、社会運動の先駆けをなした。明治26年(1893年)、東洋自由党を解党し、翌年の第3回衆議院議員総選挙に大阪より立候補し当選する。明治31年(1898年)の自由・進歩両党合同による憲政党結成に尽力。憲政党総務を務める。


明治32年(1899年片山潜らと普通選挙期成同盟会(のちの普通選挙同盟)を結成、普選運動に終始取り組む姿勢に変わりはなかった。晩年は南満州鉄道株式会社とつながりを持ち、対外強硬論者として活動した。大正11年(1922年)10月15日死去。埋葬式ニコライ堂で行われた。


著書

『時事要論』、『自由略論』など。


脚注

1. ab 出典:長司祭牛丸康夫著『日本正教史』日本ハリストス正教会教団発行、1978年、75頁


参考文献

朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社 1994年 ISBN 978-4023400528  


外部リンク

大井憲太郎 - 顔写真入りのページ。

(wikiより)


関連情報

http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/117.html
114 神田ニコライ堂(千代田区駿河台4-1-3)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/416.html
402 中江兆民墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/2576.html
2341 片山潜墓(港区南青山2-32-2・青山霊園)


http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3104.html

2917 中江兆民翁之碑(江東区亀戸3-6-1・亀戸天神社)


 大井憲太郎










にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。