酔いどれJohnny 『意外と身近にある歴史散歩』日々是好日 心灯 頬笑

酔いどれJohnnyで御座います

小生の拙ブログに御訪問頂き、誠に有難う御座います。


歴史ドラマが流行っている昨今、身近に有って気が付かなかったりする様な物を取り上げたりしています。


御注意 . 少ないですが生前に建てられた『 生前墓 』の記事も有ります。

その場合は『 生前墓 』の表示が付いていますので御注意下さいませ。


説明も、やたら長いものから あっさりしたものまで 関連リンクが多い記事も有りますが、御付き合いの程 宜しく御願い致します。


何か御話しの『 ネタ 』になれば幸いで御座います。


また『 高知市丹中山・歴史公園 』の記事については案内板を引用していますが、"この案内板の文章転用は、前田秀徳様より御許しを頂きました。"

※  「あの頃は若かった」、「おもしろ画像」、「歴史の時間」の画像については「ネット上の画像」を拾って掲載する場合もあります。

記事中の「オレンジ色の文字」は、クリックして頂くと「リンク記事等」にジャンプ致しますので そちらの記事も読んで頂くと、直一層深くなるかもしれません。


どんな話題が有ったのかについては、カテゴリー・タグの『 ブログ更新情報 』を御覧下さいませ。

127 八大龍王神 (湘南・茅ヶ崎海岸)

茅ヶ崎、サザンビーチ近く「八大龍王神」の石碑が数基有ります


その由来は…


昔々、茅ケ崎の遥か沖の海底に竜宮城がありました。


竜宮城には乙姫様と、赤竜、白竜など八匹の竜神が暮らし、この世を支配していました。


竜神の力は偉大であり、雨を降らせたり、風を巻き起こしたりするのは、簡単なことであります。


ある年、よその国が日本を攻めてきたので、スサノウノミコト(海王)は、竜神に頼みました。


竜神は海を荒らし、豪雨を降らせ、敵を蹴散らしました。


竜神が空へ昇れば、垂れ込めた雲も、一瞬のうちに吹き飛んでしまいます。


農民が、稲作の心配をしていれば、雨を降らせ村人を、喜ばせました。


漁民は、うば島(えぼし岩)に竜宮様を祭りました。浜辺には八大竜王神の祠を祭り、航海の安全を祈願しました。


南湖の網元では、地引に魚が多くかかると竜神様のお陰と、朝あみで、取れた魚を、八大竜王神にかけおい、「俺んちでアジがとれた」「俺んちでカマスがとれた」と声を張り上げ、八大竜王神までふれ歩きます。


八大竜王様に供えた魚はすぐ下げるのが習わしなので、近くの人が、速やかに、竜神様のおすそ分けを、あやかりました。


1月11日が竜神様の例大祭で、最近まで、南湖ではお神楽が奉納されていました。









 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ にほんブログ村

のバナーを「ポチッ」押して応援して頂くと管理人の励みになります。